意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手慰み」とは?意味!使い方や例文!類語

「手慰み」という言葉の読み方や意味を紹介します。

さらに「手慰み」の使い方や、「手慰み」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

手慰み

Meaning-Book
「手慰み」とは?意味!使い方や例文!類語>


目次

  • 「手慰み」とは?
  • 「手慰み」の類語や、似た意味の言葉
  • 「手慰み」を使った例文や解釈


「手慰み」とは?

みなさんは「手慰み」という言葉を知っているでしょうか。

つい「手慰みに、○○をしてしまう」という癖を持っている人もいるでしょう。

一方で「手慰み」という言葉を今回初めて知ったという人も少なくないかもしれません。

そこで「手慰み」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「手慰み」の読み方
  • 「手慰み」の意味
  • 「手慰み」の意味2

「手慰み」の読み方

「手慰み」という言葉は、どのように読むでしょうか。

「手慰み」「てなぐさみ」と読みます。

「手」「て」「慰み」「なぐさみ」と読みます。

これを機会に、「手慰み」「てなぐさみ」と読むことを覚えておきましょう。

「手慰み」の意味

「手慰み」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「手慰み」には、「手先で物をもてあそぶこと」という意味があります。

「慰み」という言葉には、「心を楽しませること」という意味や、「楽しみ、気晴らし」などの意味があります。

例えば絵を描いて心を楽しませている人は、「手慰みに絵を描く」と言います。

「手慰み」「慰み」の行為を、手を使ってすることを言います。

例えば、編み物をして心を楽しませている人は、「手慰みに編み物をする」などと表現できます。

「手慰み」の意味2

「手慰み」には、ばくち。と言う意味もあります。



「手慰み」の類語や、似た意味の言葉

「手慰み」の類語や、似た意味を持つ言葉を紹介して行きます。

「手慰み」と仲間と呼べる言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「道楽」
  • 「暇つぶし」

「道楽」

「道楽」という言葉があります。

「道楽」には、「生活の中心になる仕事などとは別に、熱中できる趣味などを楽しむこと」という意味があります。

例えば、仕事以外のメインの楽しみが「食べ歩き」という場合は、「食道楽」などと呼ばれます。

「暇つぶし」

「暇つぶし」という言葉を使った経験がある人も多いでしょう。

「暇つぶし」には、「暇な時間を使って遊ぶこと」「時間をつぶすこと」などの意味があります。

「暇つぶしにトランプゲームをしよう」という場合は、空いた暇な時間でトランプをして楽しもうという意味になります。

「暇つぶし」で始めた何かが、本格的な趣味になることもあり、さらにそれが本業に育って行くこともあります。

「手慰み」を使った例文や解釈

「手慰み」という言葉を使った例文や解釈を紹介して行きます。

「手慰み」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「手慰み」を使った例文1
  • 「手慰み」を使った例文2

「手慰み」を使った例文1

「『手慰み』で描いた絵が、高額で売れた」

この例文は、軽い気持ちで描いた絵が、高値で売れた様子を文章にしたものです。

この例文のように少しの時間の楽しみとして描いた絵が、世界的な評価を得るような時があるかもしれません。

かつての世界な画家の絵の中には、日曜画家だった時代の「手慰み」的な絵が含まれるとされるため、現在でもそのようなことがあるかもしれません。

「手慰み」を使った例文2

「単なる『手慰み』としてではなく、本格的に写真を撮りたい」

この例文のように、初めは「手慰み」として始めていたことが、いつしか趣味と呼べるようなものになり、最後はプロを目指すほどになるケースもあります。

写真家として世界的な名声を誇る人も、初めは「手慰み」だったかもしれません。

何かを始める時は、それほど構えずに、「手慰み」程度で始めてみると良いかもしれません。



icon まとめ

「手慰み」という言葉について見てきました。

今回初めて「手慰み」という言葉を知ったという人も、自分がしていることのいくつかが「手慰み」かもしれないと感じたかもしれません。

手を楽しませるようなつもりの何かが、将来的に花開くかもしれません。