意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「誼を通じる」とは?意味!例文や使い方!

「誼を通じる」という言葉の読み方や意味を紹介します。

また「誼を通じる」を分解して、解釈して行きます。

さらに「誼を通じる」を使った例文を紹介して行きます。

誼を通じる

Meaning-Book
「誼を通じる」とは?意味!例文や使い方!>


目次

  • 「誼を通じる」とは?
  • 「誼を通じる」を分解して解釈
  • 「誼を通じる」を使った例文や短文など


「誼を通じる」とは?

みなさんは「誼を通じる」という言葉を知っているでしょうか。

今回初めて目にするという人が多いかもしれません。

そこで「誼を通じる」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「誼を通じる」の読み方
  • 「誼を通じる」の意味

「誼を通じる」の読み方

「誼を通じる」の読み方を紹介します。

「誼を通じる」「よしみをつうじる」と読みます。

「誼」「よしみ」「通じる」「つうじる」と読みます。

特に「誼」という言葉は読みにくい言葉のため、これを機会に「誼を通じる」「よしみをつうじる」と読むことを覚えておきましょう。

「誼を通じる」の意味

「誼を通じる」にはどのような意味があるでしょうか。

「誼を通じる」には「新しい関係を結ぼうと働きかける」という意味があります。

例えば、Aという人と新しい関係を結びたいと思った時に、「Aさんと誼を通じたいと思う」と言います。

例えば大学に進学した時は、友達が一人もいないかもしれません。

そのような場面で周囲にいる学生と、親しい関係を築くことを「誼を通じる」と言います。

「学友と誼を通じる」などと言います。



「誼を通じる」を分解して解釈

次に「誼を通じる」という言葉を分解して解釈して行きます。

「誼を通じる」「誼」「通じる」に分けられます。

それぞれの意味を理解し、「誼を通じる」の意味を深く理解しましょう。

  • 「誼」
  • 「通じる」

「誼」

「誼」には、どのような意味があるでしょうか。

「誼」には、「親しい間柄」という意味があります。

また「親しい交わり」という意味もあります。

さらに「親しい間柄から生まれる情や好意」という意味があります。

友達に感じる親しみの感情を「誼」と呼ぶこともあります。

「昔の誼」という言い回しは良く使われますが、「昔から知っている人に対する情」という意味があります。

「通じる」

「通じる」という言葉には、様々な意味があります。

例えば「ある道筋を経由し、一方から他方に達する」という意味が、『通じる』にはあります。

例えば「トンネルが通じる」は、この意味で使われています。

また「気持ちや言葉が、相手に伝わり、さらに理解される」という意味があります。

例えば英語を話した時に、相手に意味が伝わった時、「英語が通じる」と言います。

「誼を通じる」を使った例文や短文など

続いて「誼を通じる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「誼を通じる」の使い方のコツを、例文を通じて覚えましょう。

  • 「誼を通じる」を使った例文1
  • 「誼を通じる」を使った例文2

「誼を通じる」を使った例文1

「取引先の有力者と『誼を通じたい』と願う」

仕事を有利に進めるためには、人間関係を築くことが大切です。

取引先の会社の有力な社員と、関係を築ければ、今後の仕事は有利に進められるでしょう。

そのような場面を切り取ったのが、この例文になります。

「誼を通じる」を使った例文2

「悪い人と『誼を通じて』いたことが発覚し、謹慎処分になる」 この例文のように、社会的に悪人とされている人と交際を持つと、制裁を受けることがあります。

実際に芸能人が暴力団と通じていると、謹慎処分になったり、引退を迫られることもあります。

このように、悪い人と関係を結んでいることも「誼を通じる」という言葉で表現できます。



icon まとめ

「誼を通じる」という言葉について見てきました。

「誼」という言葉は難しい言葉ですが、「親しい間柄」という意味だと知ると、使い勝手が良いと感じられるでしょう。

新しい人間関係を築きたい時などに、「誼を通じる」という言葉を使ってみましょう。