意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「鋭気に満ちる」の意味や語源、「鋭気に満ちる」の例文を紹介

「鋭気に満ちる」という言葉の意味や語源を紹介します。

また「鋭気に満ちる」「英気」の違いを紹介して行きます。

さらに「鋭気に満ちる」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「鋭気に満ちる」の意味や語源、「鋭気に満ちる」の例文を紹介>


目次

  • 「鋭気に満ちる」とは?
  • 「鋭気に満ちる」の言葉の使い方
  • 「鋭気に満ちる」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「鋭気に満ちる」を使った例文や短文など
  • 「鋭気に満ちる」ための方法


「鋭気に満ちる」とは?

みなさんは「鋭気に満ちる」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

今回初めて耳にしたという人も多いかもしれません。

そこで「鋭気に満ちる」という言葉の意味を紹介します。

「鋭気に満ちると、人生でどのような特があるのでしょうか。

  • 「鋭気に満ちる」の意味
  • 「鋭気に満ちる」の使い方

「鋭気に満ちる」の意味

「鋭気に満ちる」という言葉の意味を紹介します。

「鋭気に満ちる」にはどのような意味があるでしょうか。

「鋭気」とは、「目標に対する強い意気込み」という意味があります。

また「鋭い気性」という意味もあります。

そのため、「鋭気に満ちる」には、目標に対する強い意気込みが満ちている状態、又は鋭い気性がたっぷりある状態と言えます。

目標を掲げて、そこに向かって頑張っている人は「鋭気に満ちる」と言ってもおかしくない存在と言えるでしょう。

「鋭気に満ちる」の使い方

「鋭気に満ちる」には、「目標に対する強い意気込み」また『鋭い気性』という意味があります。

そのため、このようなタイプの人や、このような状態になっている人を見た時に、「営為に満ちる」という言葉を使ってみましょう。

例えば、試合前のボクサーが、自分の鋭い気性をさらに研ぎ澄ませているような時、「鋭気に満ちる」という言葉を使って見てはいかがでしょうか。

また就活試験に備える学生が、異常なテンションになり、絶対に内定を取ってやるという雰囲気は、「鋭気に満ちる」と言っても過言ではないでしょう。



「鋭気に満ちる」の言葉の使い方

次に「鋭気に満ちる」という言葉の使い方について紹介します。

「鋭気」「鋭気」には、どのような違いがあるでしょうか。

「鋭気」「英気」は雰囲気が良く似ている言葉と言えます。

二つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

「英気を養う」という場合は、美味しい食べ物を食べて、栄養補給し、休養を取り、しっかり元気なる」という意味があります。

一方鋭意には「研ぎ澄まされてた意志」というイメージがあり、「英気」とはかなり雰囲気が違う言葉です。

このように二つの言葉には、かなりの違いがあるため、意味に遭う言葉を使い分けるのが正解かもしれません。

「英気」という言葉を使う時は、栄養補充を中心にいて、「鋭気」という言葉を使う時は、意志に集中するようにしましょう。

「鋭気に満ちる」の類語や類似表現や似た言葉

「鋭気に満ちる」という言葉の類語や、似た意味の言葉を紹介します。

「鋭気に満ちる」と似た言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「情熱」
  • 「熱血」
  • 「真剣」

「情熱」

「情熱」という言葉には、物事に対して気持ちが燃え立つことという意味があります。

例えば、スポーツに対して情熱をも燃やす、仕事に対して情熱を高めるなどの使い方をします。

「情熱」は高い目標を持っている人が、モチベーションを維持するために必要不可欠なものです。

「熱血」

「熱血」という言葉もあります。

「熱血」には、「血が沸き立つような激しい情熱」という意味があります。

「熱血先生」「熱血を注ぐ」などの意味があります。

「鋭気に満ちる」人たちも、「熱血」を持っているのかもしれません。

「真剣」

「真剣」という言葉も、「鋭気に満ちる」と似たような言葉です。

「真剣」には、「本気で物事に取り組む様子」という意味があります。

基本的に剣道の訓練は、竹刀や木刀で行うのが普通で、真剣を使って訓練するのは、命がけになる、かなりの最終的な目的と言えるようなものです。

生き死にを掛けて戦うような場面に対して、「真剣」または「真剣勝負」などの言葉が浮かんできます。



「鋭気に満ちる」を使った例文や短文など

次に「鋭気に満ちる」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

「鋭気に満ちる」の言葉の使い方のコツを、例文を通じて覚えておきましょう。

  • 「鋭気に満ちる」を使った例文1
  • 「鋭気に満ちる」を使った例文2

「鋭気に満ちる」を使った例文1

「資格取得に対して、『鋭気に満ちる』学生たち」

この例文に登場する、資格取得者のように、気合に満ちていて、主格取得を絶対に果たそうとする学生たちがいます。

素晴らしいとしか言えないような、気合の入った生徒達です。

どのような生徒も、ほんきになったら「鋭気に満ちる」のではないでしょうか。

もしあなたが、鋭気に満ちたら、これまで以上の実力を発揮できるかもしれません。

「鋭気に満ちる」を使った例文2

「『鋭気に満ちている』のが、外から見ても分かる」

誰かを見ている時に「あの人は、気合が入ってるな」とか「勝ちそうだな」と思うのは、みな同じです。

第三者的に見て、調子が良さそうで、気合が入っている人は、ほとんどの場合大切な試合に勝つものです。

勝負の場に、「鋭気に満ちている」状態でこられるかどうかが重要かもしれません。

「鋭気に満ちる」ための方法

「鋭気に満ちる」ためは、どのような方法柄あるでしょうか。

「鋭気」「研ぎ澄まされた意志」だということを知っておきましょう。

意志を研ぎ澄ませるためには、何かに夢中になることが必要です。

趣味は何でもよく、例えば将棋や囲碁などな、「鋭意に満ちる」ためピッタリの趣味かもしれません。

また、「座禅」「鋭気に満ちる」には有効な方法かもしれせん。

現在、座禅やヨガのアスリートが、巷に溢れています。

このようなアスリートの力を借りて、ヨガの呼吸法や座禅などのノウハウを知ると、「鋭意に満ちる」心境になるかもしれません。

icon まとめ

「鋭気に満ちる」という言葉を見てきました。

そのような心境になった経験がある人もいればいない人もいたかもしれません。

まだ「鋭気に満ちる」という状態になった事がない人は、ぜひこの状態に注目してみてください。