意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「尾ける」とは?意味や類語!例文や使い方!

「尾ける」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「尾ける」という言葉の類語や、「尾ける」を使った例文や短文を紹介します。

Meaning-Book
「尾ける」とは?意味や類語!例文や使い方!>


目次

  • 「尾ける」とは?
  • 「尾ける」の類語や言い換え
  • 「尾ける」を使った例文や短文など
  • 「尾ける」を使うときの注意点


「尾ける」とは?

「尾ける」という言葉を知っているでしょうか。

今回初めて知ったという人も多いかもしれません。

そこで「尾ける」の意味や読み方を紹介します。

  • 「尾ける」の読み方
  • 「尾ける」の意味

「尾ける」の読み方

「尾ける」「つける」と読みます。

普通に考えると「びける」と読めてしまう言葉ですが、「つける」と読みます。

これを機会に「尾ける」「つける」と読むことを覚えておきましょう。

「尾ける」の意味

「尾ける」「尾行する」という言葉を短くした言葉です。

「尾行」には、「人の後を、気付かれないように追っていくこと」という意味があります。

そのため「尾ける」の意味も「人の後を、気付かれないよう追っていくこと」になります。

警察や探偵が、容疑者の後などをこっそり追いかけることがありますが、あれはまさに「尾ける」という言葉そのものの行動になります。



「尾ける」の類語や言い換え

「尾ける」という言葉には、どのような類語や言い換えられる言葉があるでしょうか。

「尾ける」とよく似た言葉を紹介して行きます。

  • 「追跡」
  • 「付ける」
  • 「追走」

「追跡」

「尾ける」と似た意味の言葉に、「追跡」があります。

「追跡」には、「跡を追いかける」という意味があります。

例えば犯行を犯して逃げている犯人を、警察が追いかける時、「追跡」と言います。

逃げる途中に立ち寄った店、会った人などから情報を聞き出し、「跡を追いかける」ことを「追跡」と言います。

「付ける」

「付ける」には「人の後を離れず、しかも気づかれないように追うこと」という意味があります。

つまり「尾ける」とまるで同じ意味の言葉になります。

本来「つける」という時は、こちらの「付ける」という漢字を使うのが正しいと言えます。

「追走」

「追走」には「後を追って走ること」という意味があります。

追いかけるだけでなく、ダッシュをしたり、走ったりする時、「追跡」「追走」に変化します。

「尾ける」を使った例文や短文など

「尾ける」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「尾ける」の使い方のコツを、例文を通じて知りましょう。

  • 「尾ける」を使った例文1
  • 「尾ける」を使った例文2

「尾ける」を使った例文1

「彼の帰り道を『尾けて』、家を突き止める」

この例文は、初めて男性のことを好きになった中学生か高校生くらいの女子が、クラスメートの帰り道に尾行して、家を突きとめようとしている風景を文章にしたものです。

ストーカーという言葉が広く知れ渡り、好きな人の後を「尾ける」行為は、犯罪的に見られるようになりましたが、学生時代にはよく見られるような行為です。

「尾ける」を使った例文2

「犯人と思われる人物を『尾ける』」

この例文は、警察が犯人を尾行する時の様子を文章にしたものです。

警察は尾行の訓練を受けているため、犯人らしき人物に気付かれないよう、後を追えます。

一人で「尾ける」だけでなく、チームで「尾ける」ため、よほどのことがないと尾行がばれることはないでしょう。



「尾ける」を使うときの注意点

「尾ける」という言葉を使う時、「尾ける」は正式な言葉ではないことを知っておきましょう。

「尾ける」「付ける」と書くのが正式です。

「尾行」「付ける」は同じ意味があるため、合わせて「尾ける」と書くようになったのでしょう。

そこで「尾ける」でも通じるけれど、正式ではないと知っておきましょう。

icon まとめ

「尾ける」という言葉について見てきました。

普段は使わない言葉ですが、探偵ものの小説や、刑事もののドラマなどを見ていると、比較的頻繁に登場するセリフではないでしょうか。

どのように読み、どのような意味があるのかを知っておきましょう。