意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「偏見」とは?意味と類語!例文と使い方!「偏見」と「先入観」の違い

「偏見」という言葉の読み方や意味を紹介します。

また「偏見」の対義語や類語や、言い換えられる言葉を紹介します。

さらに「偏見」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

偏見

Meaning-Book
「偏見」とは?意味と類語!例文と使い方!「偏見」と「先入観」の違い>


目次

  • 「偏見」の意味とは?
  • 「偏見」と「先入観」の違い
  • 「偏見」の対義語
  • 「偏見」を使った言葉など解釈
  • 「偏見」を使った例文や短文など
  • 「偏見」の類語や言い換え
  • 「偏見」の英語


「偏見」の意味とは?

「偏見」という言葉を知っているでしょうか。

「偏見」を持っている人、「偏見」を持った誰かのことを知っている人もいるでしょう。

一方で「偏見」という言葉を今回初めて知った人もいるかもしれません。

そこで「偏見」の読み方や意味を紹介します。

  • 読み方
  • 意味

読み方

「偏見」「へんけん」と読みます。

「へんみ」などと読み間違えないように注意しましょう。

これを機会に「偏見」「へんけん」と読めるようにしましょう。

意味

「偏見」には「偏った意見」という意味があります。

一般的に見て、少し偏っていると感じるような意見を持っている人は「偏見がある人」と言われます。

また「偏見」には、「独りよがりの見解」という意味もあります。

客観的な目線を持たない、主観だけの見解を述べる時、「偏見がある」と言われます。

また「偏見」という言葉を使う時、何かのことを批判的に見ている傾向があります。

好意的な勘違いをする時は「偏見」という言葉を使わない傾向があります。

このように「偏見」には「偏った意見」「独りよがりの見解」などの意味があり、批判的な意見を持った時に使います。



「偏見」と「先入観」の違い

「偏見」という言葉と「先入観」という言葉には、どのような意味の違いがあるでしょうか。

「先入観」には、「あらかじめ入り込んだ、固定した考え」という意味があります。

例えば、「若者は落ち着きがない」という固定した考えを持っている人は、若者に対する「先入観」を持っている人です。

実際には落ち着きのある若者もいますし、落ち着きがない高齢者もいるのに、このような「先入観」が邪魔して、落ち着きがある若者が目に入らなくなってしまいます。

ただし「先入観」「偏見」と違い、間違った好意的な見方も含まれます。

「顔が綺麗な人は、心まで綺麗だ」という「先入観」は、好意的ですが、間違った考えかもしれません。

一方「偏見」には、「先入観」のように、好意的な見方が含まれていないという違いがあります。

「偏見」の対義語

「偏見」と反対の意味を持つ、対義語を紹介します。

「偏見」の対義語は「客観」になるでしょう。

「客観」には、「主観を離れて、独自に存在する様子」や、「特定の立場にとらわれずに、何かを見たり判断したりすること」という意味があります。

「偏見」が自分本位な見方をするのに対して、「客観」は、第三者的な立場を取り、フラットな見方をするイメージがあります。

このような点から、「偏見」の対義語は、「客観」という言葉になりそうです。



「偏見」を使った言葉など解釈

続いて「偏見」を使った言葉を紹介し、その解釈を紹介します。

「偏見」という言葉を文章に入れやすくなる、便利な言葉を紹介します。

  • 「偏見に満ちる」【へんけんにみちる】
  • 「偏見を抱く」【へんけんをいだく】

「偏見に満ちる」【へんけんにみちる】

「偏見に満ちる」という言い回しを使います。

偏った、批判的な意見を持つ人の話には、「偏見に満ちる言動」が含まれています。

どの意見を切り取っても、「偏見」を感じる時、「偏見に満ちる」と言います。

「偏見を抱く」【へんけんをいだく】

「偏見を抱く」という言葉があります。

例えば、Aという国があり、Aを現実とはかけ離れた、悪い描き方をする映画を見ることがあります。

すると本来のAという国そのものではない、映画の製作者の悪意によって作られたAという国を記憶してしまいます。

このような時、「偏見を抱く」ことになります。

それまでなかった「偏見」が、何かをきっかけに心の中に生まれる時、「偏見を抱く」という言葉を使います。

「偏見」を使った例文や短文など

「偏見」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「偏見」を使った文章を見て、「偏見」の使い方を覚えましょう。

  • 「偏見」を使った例文1
  • 「偏見」を使った例文2

「偏見」を使った例文1

「『偏見』に満ちる人と会話をすると疲れる」

例えば若者に対する間違った先入観を持っている人と話をすると、「それは違う」「それも違う」と否定しなくてはいけないので疲れます。

実際に口に出さなくても、頭の中で否定するため、会話をするだけで大変です。

このような「偏見に満ちた」人とは、距離を置くようにしましょう。

「偏見」を使った例文2

「海外旅行に行く時は、『偏見』を捨てることが大切だ」

ある国に対して「偏見」を持っている人は、その国に行ってみるのがいちばんでしょう。

実際にその国を見て、人々と触れ合ううちに、「偏見」を捨てられるかもしれません。

「偏見」の類語や言い換え

「偏見」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「偏見」とよく似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「私見」【しけん】
  • 「浅見」【せんけん】

「私見」【しけん】

「私見」には、「個人的な意見」という意味があります。

また客観的な意見だと自信がある時でも、謙遜の意味で「私見ですが」と前置きしながら自分の意見を述べることがあります。

「浅見」【せんけん】

「浅見」には「浅はかな考えや意見」という意味があります。

それほど事情を知らないで、適当な考えを持ったり、その考えをもとに意見を言う時、「浅見」と言われます。

「偏見」の英語

偏見 meaning in english

最後に「偏見」の英語や例文を見て行きましょう。

「偏見」を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「偏見」は英語で、“prejudice”(プレジャディス)と言います。

“prejudice”には「偏見」という意味があります。

また“bias”(バイアス)という英語でも「偏見」という意味を表現できます。

「バイアス」という言葉はカタカナ語としても知られていて、「意見にバイアスがかかる」などと表現します。

このように「偏見」“prejudice”“bias”などの英語にできます。

「偏見」を英文に書き起こしたい時などに、これらの英語表現を使ってみましょう。

icon まとめ

「偏見」という言葉について見てきました。

みなさんも「偏見」を持たれて苦労したことや、「偏見」を持ったことで、誰かを傷つけてしまったことなどがあるかもしれません。

これを機会に「偏見」を捨てるようにして、客観的な目で物事を見るようにしてみましょう。