意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「忍耐」とは?意味と類語!例文と使い方!「忍耐」と「辛抱」の違い

「忍耐」という言葉の意味や読み方、使い方を紹介します。

また「忍耐」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

さらに「忍耐」の類語や英語、「忍耐」「辛抱」の違いなどを紹介して行きます。

忍耐

Meaning-Book
「忍耐」とは?意味と類語!例文と使い方!「忍耐」と「辛抱」の違い>


目次

  • 「忍耐」の意味とは?
  • 「忍耐」の読み方
  • 「忍耐」の言葉の使い方
  • 「忍耐」を使った言葉など解釈
  • 「忍耐」を使った例文や短文など
  • 「忍耐」の類語や言い換え
  • 「忍耐」の英語や例文など
  • 「忍耐」と「辛抱」の違い


「忍耐」の意味とは?

「忍耐」という言葉を知っているでしょうか。

スポーツに本気で取り組んだ経験がある人や、仕事で一所懸命がんばっている人ほど、「忍耐」という言葉に詳しいかもしれません。

もちろん、「忍耐」という言葉の意味を知らない人もいるでしょう。

「忍耐」には、「辛さや苦しみを我慢すること」という意味があります。

例えば部活動の練習は辛く苦しいことがあるでしょう。

また仕事を通じて辛さや苦しみを感じることがあるでしょう。

このような状況を耐えることを「忍耐」と言います。

一流のアスリートや、仕事で成功をおさめた人の多くが、「忍耐」という言葉を大切にしています。



「忍耐」の読み方

「忍耐」という言葉の読み方を紹介します。

「忍耐」「にんたい」と読みます。

他に読み方が思い浮かばない言葉のため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「忍耐」「にんたい」と読むことを、再び覚えておきましょう。

「忍耐」の言葉の使い方

「忍耐」という言葉の使い方を紹介します。

「忍耐」には「辛さや苦しみを我慢すること」という意味があるため、そのような状況にいる人を見た時に使ってみましょう。

例えば寒い冬の季節に寒中水泳をする人は、水の冷たさや外気の冷たさに耐えて、我慢しています。

このような様子を見た時、「忍耐しながら寒中水泳をしている」などと「忍耐」という言葉を使ってみましょう。

また、寒中水泳のように、必ず辛さや苦しみを我慢する必要がある、作業やイベントがあります。

例えば仕事の納期前は、長時間働いたり、眠い中活動するなどの辛さや苦しみが予想されます。

このような時に、「忍耐が必要だ」ということを伝えておくと、従業員の心の準備ができるかもしれません。



「忍耐」を使った言葉など解釈

次に「忍耐」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きましょう。

「忍耐」を使った言葉や熟語を紹介して行きます。

  • 「忍耐強い」【にんたいづよい】
  • 「忍耐力」【にんたいりょく】

「忍耐強い」【にんたいづよい】

「忍耐強い」という言葉は、様々な場面で使います。

「辛さや苦しみを我慢する能力が高い」ことを「忍耐強い」と言います。

苛酷な職場で頑張り続ける人や、人一倍練習が厳しい運動部で3年間活動を続けられる人などを、「忍耐強い」と言います。

「忍耐力」【にんたいりょく】

「忍耐力」という言葉も良く使われています。

「忍耐力」には、「忍耐する能力」という意味があります。

また「辛さや苦しみに耐える力」という意味もあります。

例えば職人としての最初の数年間は、辛さや苦しみに耐える力が試されるかもしれません。

このような時に「忍耐力を試される」という言い回しをします。

また「忍耐力がある」「忍耐力がない」など、我慢強さがあるなしについて、「忍耐力」という言葉を使って表現します。

「忍耐」を使った例文や短文など

続いて「忍耐」を使った例文や短文を紹介します。

「忍耐」を文章に組み入れるコツを覚えて行きましょう。

  • 「忍耐」を使った例文1
  • 「忍耐」を使った例文2

「忍耐」を使った例文1

「A君は『忍耐』を必要とする仕事をしている」

この例文に登場するAくんのように、我慢強さ、苦しみに耐える力が必要とされる職場で働いている人がいます。

例えば特殊なシフトで、患者さんのために働く看護師などは、「忍耐」を必要とする職場でしょう。

また長距離を走って勝負する、プロのマラソンランナーも「忍耐」が必要な仕事と言えるかもしれません。

「忍耐」を使った例文2

「先輩に『忍耐』の大切さを教えられた」

この例文のように、仕事やスポーツの場面、または結婚生活などでは、「忍耐」が必要不可欠な場面に遭遇します。

このような時が訪れることを知る先輩が、後輩に対して「忍耐」の大切さを教えることは多いでしょう。

「忍耐」の類語や言い換え

「忍耐」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介して行きます。

「忍耐」によく似た言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「勘忍」【かんにん】
  • 「歯を食いしばる」【はをくいしばる】

「勘忍」【かんにん】

「勘忍」には「怒りをこらえて忍ぶこと」という意味があります。

「忍ぶ」には、「ひそかに我慢すること」という意味があります。

そのため「勘忍」という言葉には、怒りの感情をひそかにおさえて我慢するという意味があります。

「堪忍袋」という言葉には、怒りを我慢できる容量という意味があり、その容量を超えるほど怒ることを「堪忍袋の緒が切れる」と言います。

「歯を食いしばる」【はをくいしばる】

「歯を食いしばる」という言葉があります。

「歯を食いしばる」には、「苦しさに耐える」という意味や、「こらえ忍ぶ」という意味があります。

「歯を食いしばって頑張る」という言い回しには、苦しさに耐えて頑張るという意味があります。

実際に苦しさに耐える時は、奥歯に力が入りがちです。

このような身体的な状態を「歯を食いしばる」という言葉で表現しています。

「忍耐」の英語や例文など

忍耐 meaning in english

「忍耐」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「忍耐」は英語で、“perseverance”(パースビアランス)という言葉になります。

“perseverance”には「忍耐」「忍耐力」という意味があります。

また“patience”(ペイシャンス)や“endurance”(エンデュランス)という言葉にも「忍耐」という意味が含まれています。

「忍耐」という言葉を英語にしたい時は、これらの言葉に言い換えてみてはいかがでしょうか。

「忍耐」と「辛抱」の違い

「忍耐」「辛抱」という、似た意味を持つ二つの言葉があります。

類語に数えられる二つの言葉にはどのような違いがあるでしょうか。

「辛抱」には、「我慢すること」「辛いことを我慢して努めること」という意味があります。

一方で「忍耐」には、「辛さや苦しみを我慢すること」という意味があります。

意味を並べて比較しても、二つの言葉はほとんど同じであることがわかります。

言葉の使い方として「辛抱」「辛抱する」という言い方があるように、口語として使いやすい傾向があります。

一方「忍耐する」という言い方がない「忍耐」は、どちらかと言えば、固めの文章に用いやすい言葉と言えるでしょう。

このように「忍耐」「辛抱」は、ほとんど同じ意味がありますが、口語的な表現かどうかという違いがあります。

icon まとめ

「忍耐」という言葉について見てきました。

どのような仕事や社会活動でも、「忍耐」が必要な場面があります。

このような時に「忍耐力」を発揮できるよう、日頃から準備をしておきましょう。