意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「竦然」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!

「竦然」という言葉の意味や読み方、使い方を紹介します。

また「悄然」を使った言葉や例文、短文などを紹介して行きます。

さらに「悄然」の類語や英語を紹介して行きます。

竦然

Meaning-Book
「竦然」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!>


目次

  • 「竦然」の意味とは?
  • 「竦然」の読み方
  • 「竦然」を使った言葉と意味を解釈
  • 「竦然」を使った例文や短文など
  • 「竦然」の類語や言い換え
  • 「竦然」の英語など


「竦然」の意味とは?

みなさんは「竦然」という言葉を知っているでしょうか。

読み方すら分からない人、今回初めて「竦然」という言葉を知った人も、多いのではないでしょうか。

そこで「竦然」という言葉の意味を紹介します。

「竦然」には、「恐ろしい目に遭って、ぞっとする様子」という意味があります。

みなさんは、何か怖いと思うことがあるでしょうか。

例えば幽霊を見ることを恐ろしいと思っている人は、もし幽霊と会ったらぞっとするでしょう。

その時の心境を「竦然」と言います。

このように「悄然」には、「恐ろしい目に遭って、ぞっとする様子」という意味があります。



「竦然」の読み方

「竦然」という言葉の読み方が、分からないという人が多いでしょう。

そこで「竦然」の読み方をしょうかいします。

「竦然」「しょうぜん」と読みます。

ほとんど見ることがない漢字のため、今回初めて見たという人が多そうです。

また「竦然」「悚然」という漢字を使うこともあります。

これを機会に「竦然」「しょうぜん」と読むことを、覚えておきましょう。

「竦然」の言葉の使い方「竦然」という言葉の使い方を紹介します。

「竦然」には、恐ろしい目に遭ってぞっとする様子という意味があるため、そのような場面に遭遇した時に、「竦然」という言葉を使ってみましょう。

最近「恐ろしい」と感じたことを思い出してみましょう。

例えば、夜中に金縛りに遭ったという経験がある人がいるかもしれません。

この場合は「金縛りに遭って、恐ろしくてぞっとした」という文章を「金縛りに遭い、『竦然』とした」と言い換えられます。

このように、これまで経験した恐ろしい体験、または現在進行形で味わった恐ろしい体験を「竦然」という言葉を使って表現してみましょう。

「竦然」を使った言葉と意味を解釈

続いて「竦然」を使った言葉と、その意味を解釈して行きます。

「竦然」という言葉を実際に使う時に、役に立つ言い回しを紹介します。

  • 「竦然とする」
  • 「竦然たる」

「竦然とする」

「竦然とする」という言い方を良く使います。

「恐ろしい体験をして、ぞっとした」という文章を「竦然とする」という言葉に言い換えられます。

どのような恐ろしい体験でも、「竦然」という言葉であらわせるため、覚えておくと便利な言い回しではないでしょうか。

「竦然たる」

「竦然たる」という言い回しも使われる機会が多いしょう。

「恐ろしくてぞっとした状態になる」という意味があります。

怖くて、ぞっとしている人を、「怖すぎて『竦然たる』人がいる」と表現できます。

ただし「竦然たる」は、少し固い表現のため、友達と話をする時に使うと堅苦しい印象になります。

口語としてではなく、文章で使う時に、「竦然たる」という言葉を使ってみましょう。

「竦然」を使った例文や短文など

「竦然」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「竦然」を使った文章の作り方のコツを覚えましょう。

  • 「竦然」を使った例文1
  • 「竦然」を使った例文2

「竦然」を使った例文1

「宇宙人と出会い、『竦然』として、その場に座り込んだ」

もし宇宙人に出会ったら、この例文のように「竦然」としてしまうかもしれません。

未知のものとの出会いは、どのような時でも怖いもののためです。

思えば、小学校や中学校の新学期に、後で振り返ればとても仲が良くなる友達との出会いも、怖かったりドキドキしたのではないでしょうか。

宇宙人が登場する映画では、最終的には親友のようになれるチャーミングな宇宙人との出会いでも、恐れおののく様子が描かれます。

もしあなたが、地球人に優しい宇宙人と出会ったとしても、この例文のような体験をすることになるでしょう。

「竦然」を使った例文2

「夜道を一人で歩いていると、猫の鳴き声を聞いただけで、『竦然』としてしまう」

この例文のような体験をした人は、多いかもしれません。

特に若い女性は、夜道を一人で歩くという行為に対して、ぞっとするかもしれません。

シーンと静まり返る夜道を歩いている時は、誰かが襲ってこないか、常に緊張し五感を研ぎ澄ましているものです。

そのため、たとえ可愛い子猫が鳴いたとしても、「竦然」とする人は多いのではないでしょうか。

「竦然」の類語や言い換え

「竦然」の類語や言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「竦然」と言い換えられる似た意味の言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「慄然」
  • 「愕然」

「慄然」

「慄然」「りつぜん」と読みます。

「慄然」には、「非常に驚く様子」「恐れおののく様子」という意味があります。

例えばお化け屋敷に言った人が、金切り声をあげている様子は「慄然」と言っていいでしょう。

「竦然」と同じような意味を持つ、セットで覚えておきたい言葉のひとつです。

「愕然」

「愕然」「慄然」と同じように、「とても驚いた様子」「恐れおののく様子」という意味があります。

「愕然」「がくぜん」と読み、「怖い目に遭って『愕然』とする」「驚愕の出来事を体験して、思わず『愕然」とする」などという使い方をします。

「竦然」の英語など

竦然 meaning in english

「竦然」という言葉を英語にすると、どのような言葉になるか紹介します。

「竦然」は英語で“terrified”(テリフィード)になります。

“terrified”には、「恐れた」「怖がった」などの意味があり、転じて「竦然」になります。

“horrified”(ホリード)という英語にも、「怖がらせる」「ぞっとさせる」という意味があり、転じて「竦然」を意味します。

このように「竦然」という言葉は、“terrified”“horrified”などの英語できます。

怖い体験をした時、英語で誰かにことを伝えたいと思ったら、これらの英語表現を使ってみましょう。

icon まとめ

「竦然」という言葉について、見てきました。

「竦然」は見慣れない言葉ですが、意味を知ると、使える言葉だと感じるのではないでしょうか。

次に怖い体験をした時は、「竦然」という言葉を使って、誰かに伝えてみましょう。

怖い体験は人と共有することで、その怖さが薄らぐかもしれません。