意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「殊更」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!

「殊更」という言葉の意味や読み方、使い方を紹介します。

また「殊更」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

さらに「殊更」の類語や英語、「尚更」という言葉との違いを紹介して行きます。

Meaning-Book
「殊更」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!>


目次

  • 「殊更」の意味とは?
  • 「殊更」の読み方
  • 「殊更」の使い方
  • 「殊更」を使った言葉と意味を解釈
  • 「殊更」を使った例文や短文など
  • 「殊更」の類語や言い換え
  • 「殊更」の英語など
  • 「殊更」と「尚更」の違いは?使い分け


「殊更」の意味とは?

「殊更」という言葉を知っているでしょうか。

「殊更」は仕事場面でも、日常生活なシーンでも使い勝手がいい言葉のため、すでにいつものように使っている人もいるでしょう。

一方で、今回初めて「殊更」という言葉を知った人もいるかもしれません。

「殊更」という言葉には「特別改まって」という意味があります。

「特別」という言葉には、「普通と違うこと」という意味があります。

また「改まって」には「丁寧に、きちんと」などの意味があります。

そのため、「殊更」には、普段通りではなく、丁寧に、という意味や、いつもと違いきちんと、という意味があります。



「殊更」の読み方

「殊更」という言葉の読み方を紹介します。

「殊更」「ことさら」と読みます。

少し読み方が難しい、見慣れない漢字が使われているため、初見で正しく読むのは難しいかもしれません。

「しゅこう」などと読み間違えず、「殊更」「ことさら」と読むようにしましょう。

「殊更」の使い方

「殊更」という言葉を、どのように使えばいいでしょうか。

「殊更」には、「特別改まって」という意味があります。

いつも通りではなく、丁寧に何かを言う時やする時、普段とは違ったきちんとした感じがする時などに「殊更」という言葉を使ってみましょう。

例えば、同僚が仕事を手伝ってくれた時、いつも以上に嬉しいと感じることがあります。

疲れていて誰かに手伝って欲しいと思った、またはプライベートで悲しい出来事があった時などです。

このような時のいつも以上に嬉しい気持ちを「殊更に嬉しい」などと表現できます。

いつもと違い、特別に感じる時などに「殊更」という言葉を使ってみましょう。



「殊更」を使った言葉と意味を解釈

次に「殊更」を使った言葉を紹介し、意味を解釈していきます。

「殊更」を実際にどのように使えばいいかが、理解しやすくなるでしょう。

  • 「殊更に嬉しい」【ことさらにうれしい】
  • 「殊更に無視」【ことさらにむし】

「殊更に嬉しい」【ことさらにうれしい】

「殊更に嬉しい」は、「いつも以上に、特別に嬉しい」「普段よりも特に嬉しい」という場面で使います。

例えばあなたが教師なら、成績のいい生徒が百点を取った時よりも、勉強ができない生徒が百点を取った時の方が、内心嬉しいと感じるでしょう。

このような時の気持ちを「殊更に嬉しい」と言います。

「殊更に無視」【ことさらにむし】

「殊更に無視」という言い回しもあります。

「殊更に無視をする」には、何かや、誰かの意思表示などを、あえて無視することという意味があります。

例えば、赤信号になっているのに本当は気づいているのに、早く信号を渡りたくて歩き出してしまう時、「信号を『殊更に無視』する」と言います。

「殊更」を使った例文や短文など

「殊更」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「殊更」を文章に組み入れるコツを、例文を通じて知りましょう。

  • 「殊更」を使った例文1
  • 「殊更」を使った例文2

「殊更」を使った例文1

「もう結婚して10年以上経つため、ふたりきりで『殊更』話すこともない」

この例文のように、付き合いたてのカップルならまだしも、連れ添って長い夫婦は、ふたりきりで特別に話をする必要はないでしょう。

日常生活の中で、それとなく会話をすれば十分のはずです。

「殊更」を使った例文2

「資格取得のための試験を受けたが、『殊更』難しい問題はなかった」 この例文は、資格試験を取得した人の試験に対する感想を文章にしたものです。

しっかり勉強をしている人、試験対策をしている人は、特別難しい、「殊更」難しいと思うことなく、合格できるかもしれません。

「殊更」の類語や言い換え

「殊更」という言葉の類語や、言い換えられるような似た意味の言葉を紹介します。

「殊更」とよく似た意味を持つ言葉を見て行きましょう。

  • 「特別」【とくべつ】
  • 「スペシャル」【すぺしゃる】
  • 「格別」【かくべつ】

「特別」【とくべつ】

「特別」という言葉は、日常的に良く使う言葉でしょう。

「特別」には「普通と違うこと」という意味や「別に扱うこと」という意味があります。

「特別な日」という場合は、いつもとは違う日という意味になります。

また「特別扱い」という言葉には、「普通とは違うように扱うこと」という意味があります。

「スペシャル」【すぺしゃる】

「スペシャル」というカタカナ語があります。

「スペシャル」には、「特別」という意味があります。

例えば結婚記念日や彼女や彼氏の誕生日は、いつもの一日ではなく「特別な日」になるため、「スペシャルデー」などと言います。

またテレビの通常放送とは違い、特別な趣向を凝らした放送に対して「スペシャル版」などという言い方をします。

「格別」【かくべつ】

「格別」という言葉には、「他と比べて特に違うこと」という意味があります。

例えば、同じエリアにスーパーが五軒あり、その中の一軒が取り立てて値段が安い場合、その店を「格別値段が安いスーパー」と呼べます。

「殊更」の英語など

「殊更」という言葉を英語に直したい時、どのような言葉を選べばいいでしょうか。

「殊更」を英語にすると“especially”(エスペシャリー)または“specially”(スペシャリー)という言葉になります。

これらの言葉には「特別」「殊更」という意味があります。

英文に「殊更」という表現を使いたい時などに、“especially”または“specially”といった英語を使って見てはいかがでしょうか。

「殊更」と「尚更」の違いは?使い分け

「殊更」「尚更」という言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

「尚更」「なおさら」と読みます。

「尚更」には「物事が前より一層進むこと」という意味があります。

例えば治安の悪いエリアがあり、そのエリアの治安がさらに悪化する時、「尚更、治安が悪化する」と言います。

そのため「尚更」「ますます」という言葉と言い換えられます。

「殊更」には、「特別改まって」という意味があります。

言い換えるなら「特別」という言葉になります。

このように「殊更」「尚更」は、雰囲気が似ていますが、意味は大きく違います。

icon まとめ

「殊更」という言葉について見てきました。

難しい漢字が使われていますが、意味はそれほど難しくないはずです。

「特別」「スペシャル」と同時に、「殊更」という言葉も覚えておきましょう。