意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「挑戦」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!「挑戦」と「チャレンジ」の違い

「挑戦」という言葉の意味や読み方、使い方を紹介します。

また「挑戦」を使った言葉や例文を紹介して行きます。

さらに「挑戦」の類語や英語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「挑戦」とは?意味と使い方!類語や英語を紹介!「挑戦」と「チャレンジ」の違い>


目次

  • 「挑戦」の意味とは?
  • 「挑戦」の読み方
  • 「挑戦」の使い方
  • 「挑戦」を使った言葉と意味を解釈
  • 「挑戦」を使った例文や短文など
  • 「挑戦」の類語や言い換え
  • 「挑戦」の英語
  • 「挑戦」と「チャレンジ」の違い


「挑戦」の意味とは?

みなさんは「挑戦」という言葉を知っているでしょうか。

ほとんどの人が「挑戦」という言葉を知り、実際に何かに対して「挑戦」しているのではないでしょうか。

一方で「挑戦」という言葉を知らず、同時に「挑戦」した事がない人もいるでしょう。

「挑戦」には、「戦いに挑む事」という意味があります。

「戦い」には、戦争などの本気の戦いや、スポーツの試合、さらには恋愛の場面での恋人争奪戦など、様々な意味が含まれます。

いずれにせよ、たくさんの人と競争するなどの戦いに挑む事を「挑戦」と言います。



「挑戦」の読み方

「挑戦」という言葉の読み方を紹介します。

「挑戦」「ちょうせん」と読みます。

「戦いに挑む」と書いて「挑戦」という言葉になっている事を知っておくと良いでしょう。

これを機会に「挑戦」「挑戦」と読む事を覚えておきましょう。

「挑戦」の使い方

「挑戦」という言葉の使い方を紹介します。

「挑戦」には、戦いに挑む事という意味があるため、様々な戦いに挑む時、またはそのような人を見た時に使ってみましょう。

例えばビジネスシーンでは、営業成績のトップを目指して、他の営業部員に戦いに挑む事を「営業成績トップに挑戦する」と言います。

また恋愛の場面では、クラスの一番人気の女性と付き合うために、数多くのライバルと争う事を決意した時に、「彼女へ告白するため、挑戦権を得て戦う」などと言います。

スポーツの場面では、「新記録に挑戦する」「チャンピオンに挑戦する」など、様々な場面で「挑戦」という言葉を使う事ができます。



「挑戦」を使った言葉と意味を解釈

「挑戦」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「挑戦」という言葉を使いやすくするような、頻繁に使う言い回しを紹介します。

  • 「挑戦することに意味がある」の意味
  • 「挑戦者」の意味

「挑戦することに意味がある」の意味

「挑戦する事に意味がある」という言葉があります。

「挑戦」には戦いに挑むという意味があり、戦いに挑むためには勇気が必要です。

また敗れた時は、反省材料がみつかり、さらなる飛躍への材料を手にする事ができます。

このように「挑戦すること」は勇気が必要な尊い好意で、さらにその先に飛躍するためのステップになります。

このように、「挑戦する事に意味がある」のは本当の事と言えます。

「挑戦者」の意味

「挑戦者」という言葉があり「挑戦する人」という意味があります。

分かりやすい例として、世界タイトルマッチに挑むチャレンジャーサイドのボクサーがいます。

自分よりも強いかもしれない相手挑む事、世間一般的に弱いと思われている人が戦いに挑む事時、その人は「挑戦者」と呼ばれます。

そしてどのジャンルにおいても、現在のチャンピオンは、誰もが「挑戦者」だったという事実もあります。

「挑戦」を使った例文や短文など

「挑戦」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「挑戦」と文章にする時のコツを、例文を通じて知りましょう。

  • 「挑戦」を使った例文1
  • 「挑戦」を使った例文2

「挑戦」を使った例文1

「世界新記録に『挑戦』する」

この例文はスポーツやゲームなど、様々なジャンルで世界新記録に「挑戦」するという意味があります。

ギネスブックに掲載される記録に挑む行為も含まれているでしょう。

世界一の記録は、どのようなジャンルでも高い山になります。

世界最高峰の山に登山する人は「挑戦者」と呼べれるように、世界新記録に挑む行為も「挑戦」と言えるでしょう。

「挑戦」を使った例文2

「二度目の告白に『挑戦』する」

この例文に登場する人は、すでに一度好きな人に告白して振られた経験があります。

それでもあきらめきれず、二度目の告白に挑もうとしています。

もし振られたら、立ち直れないほど傷つかもしれないリスクのある行動のため、二度目の告白は「挑戦」と呼ぶにふさわしい行為かもしれません。

「挑戦」の類語や言い換え

「挑戦」の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を紹介します。

「挑戦」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「立ち向かう」【たちむかう】
  • 「相手取る」【あいてどる】

「立ち向かう」【たちむかう】

「立ち向かう」という言葉には、「正面から向かっていく」という意味があります。

正々堂々とした「挑戦」のひとつと言えるでしょう。

「相手取る」【あいてどる】

「相手取る」には、「争いの相手とする」という意味があります。

例えば、「Aさんを相手取る」という場合は、Aさんという人と争う事を意味します。

「相手取って訴訟を起こす」などという使い方をします。

「挑戦」の英語

「挑戦」という言葉を英語にしたい時、どのような言葉を選べばいいでしょうか。

「挑戦」を英語にすると、“challenge”(チャレンジ)になります。

“challenge”には「挑戦」「チャレンジ」という意味があります。

また“defiance”(ディファイアンス)という言葉にも「反抗」「挑戦」という意味があります。

特に「チャレンジ」「挑戦」を意味するカタカナ語として広く知られています。

このように「挑戦」を英語に直す時、“challenge”“defiance”などの英語にする事ができます。

「挑戦」と「チャレンジ」の違い

最後に「挑戦」「チャレンジ」の違いを見て行きましょう。

「チャレンジ」「挑戦」を意味するカタカナ語なので、二つの言葉は同じ意味を持ちます。

そのため、二つの言葉の厳密な意味の違いはありません。

ただしカタカナ語が持つ言葉の軽さがある分、「挑戦」よりも「チャレンジ」の方がライトな印象を与える事ができます。

例えば「司法試験に挑戦する」というより「司法試験にチャレンジする」という方が、軽やかな印象になるでしょう。

このように「挑戦」「チャレンジ」は、ちょっとしたニュアンスの違いを与えたい時に使い分けてみましょう。

icon まとめ

「挑戦」という言葉について見てきました。

みなさんはこれまで数々の「挑戦」をし、勝ったり負けたりしてきたのではないでしょうか。

負けても次に「挑戦」して勝てば、負けは帳消しになります。

何度でも立ち上がり「挑戦」を続ければ、いつかは欲しい物が手に入るかもしれません。

「挑戦」という言葉の意味を知ったのを機に、「挑戦」の大切さを見直してみましょう。