意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「達成」の意味とは?使い方、対義語や類語、英語や例文を紹介!

達成は、物事が終わる時に使われる言葉です。

そして、この結果で終わる為にそれらを行っているとも言えるでしょう。

Meaning-Book
「達成」の意味とは?使い方、対義語や類語、英語や例文を紹介!>


目次

  • 「達成」の意味とは?
  • 「達成」の読み方
  • 「達成」の英語(解釈)・例文など
  • 「達成」の対義語
  • 「達成」の言葉の使い方
  • 「達成」を使った言葉と意味を解釈
  • 「達成」を使ったビジネスでの例文や短文・言い換えなど(意味を解釈)
  • 「達成」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え


「達成」の意味とは?

達成は、物事がうまく成し遂げられたという時に使います。

予定や計画、希望通りにそれができたという意味です。

「達成できてよかった」などという形で使われることが多く、ほとんどの物事は、この結果を求めて行われているものです。

その結果にならなかった時には、「達成できなかった」といった使い方になり、少なくとも希望通りの結果にはならかったことを表します。

最後までその物事が終わり、その結果、希望通りにならなかったという場合以外に、まだ最後まで進んでいない為に「達成できていない」という使い方もできます。



「達成」の読み方

「達成」は、「たっせい」と読んでください。

何かに「達」した、「成」功したという言葉が組み合わさってできていることから、おのずと意味が分かる言葉だと言えるでしょう。

読み方として難しいところはどこにもないので、そのまま普通に読めば問題ありません。

「達成」の英語(解釈)・例文など

達成を英語で表記すると、“achieve”となります。

「達成した」としたい時には、過去形にして“achieved”となります。

詳しい使い方は、以下で例文と共に見ていきます。

  • “The goal has finally been achieved.”
  • “I regret not being able to achieve.”

“The goal has finally been achieved.”

「ついに目標を達成することができた」と訳せる例文です。

このフレーズは、上の形のまま使われることも多く、「ようやく手掛けていた物事がいい結果で終わった」といった時に用いられます。

“I regret not being able to achieve.”

こちらは、「達成できなかったことを後悔している」となります。

この“regret not being able to”は熟語表現で、“to”の後に続くことができなかったので後悔しているという意味になります。



「達成」の対義語

達成の反対の意味は、達成できていないこととなり、「未達」(みたつ)という言葉を使います。

この言葉は、その物事が最後まで終わった結果、目標などに届かなかったという場合と、物事自体がそこまで進んでいない(故に達成できていない)という両方に対して使うことができます。

尚、この「未達」は、「未達成」を略した言葉なので、その「未達成」でも構いませんが、それでは「達成」「未」が付いただけになってしまうので、遭えて「未達」の方にしています(略した形がある場合には、言葉として優先するのが一般的です)。

「達成」の言葉の使い方

達成は、それが行われた時にこそ使ってください。

似たような意味の言葉がいくつかありますが、その中でも使いやすい言葉だと言えるでしょう。

詳しくは後述しますが、意味は似ていても、普段使いには仰々しい類語が多い中、この「達成」は比較的気軽に用いることができるのが特徴です。

「達成」を使った言葉と意味を解釈

達成を使った、よく見られる言葉や表現です。

難しい意味のある言葉ではないので、どれも解釈は簡単です。

  • 「達成感」
  • 「達成する」
  • 「目標達成」

「達成感」

「達成した」後の感覚のことを表します。

「充実感」「満足感」と言い換えられることも多く、「ついにやった」という感覚だと考えると分かりやすいでしょう。

うまく物事を「達成」によって終わらせることができた時には、これが一番のご褒美かも知れません。

「達成する」

「達成」の為の意気込みとして使われる場合と、そろそろ「達成」に届くという時にも、それをこのように表現することがあります。

「そろそろ目標を達成する」という使い方がそれで、その後、目標に届けば「達成した(できた)」となります。

「目標達成」

目標としていたところまで「達成」できたという時に使う言葉です。

どのような物事も、これを求めて行われると考えていいでしょう。

販売系のビジネスでは、これができないと大変なことになる場合が少なくないかも知れません。

「達成」を使ったビジネスでの例文や短文・言い換えなど(意味を解釈)

達成を使った例文や短文です。

こちらも解釈が難しいものは特にないでしょう。

  • 「達成」を使った例文1
  • 「達成」を使った例文2

「達成」を使った例文1

「さすがにこの目標を達成するのは難しかったようだ」

目標となる指針を出した上の立場に当たる人が、達成できなかった人や部署などに対して使っている例になります。

このような場合、「達成できなかった」という意味になる、先に挙げた対義語の「未達」がちょうど合う表現です。

「達成」を使った例文2

「ついに達成できて、感無量だ」

このような時に使うのが、上で紹介した「達成感」という言葉です。

達成したことにより、何かしらの報酬のようなものがあるかも知れませんが、仕事において、この「達成感」が得られることもとても嬉しいのは間違いないでしょう。

「達成」の類語や言い換え(シソーラス)言い換え

達成と似た意味の言葉や、言い換えに使用できる表現です。

どれも意味はほとんど一緒ですが、前述した「仰々しさ」があるものが多いです。

  • 「完了」(かんりょう)
  • 「完遂」(かんすい)
  • 「成就」(じょうじゅ)

「完了」(かんりょう)

これは、物事が計画や「予定通りに終わった」という意味で使う言葉です。

よって、「達成によって終わった」ことだと考えてください。

その場合にこちらで言い換えることができます。

つまり、「目標が達成できたので終わった」は、この言葉を使って「目標通りに完了した」と言っても意味は一緒です。

「終わった」というニュアンスが多分にある言葉なので、例えば、「目標の達成後もできるだけ販売数を伸ばす」といったようなシチュエーション(その物事自体が終わっていない場合)には向いていません。

「完遂」(かんすい)

「達成した」は、「完遂した」とそのまま言い換えられます。

ですが、あまり一般に使う表現ではなく、仰々しさが目立ってしまうので、わざとそのように使いたい時以外には用いるべきではないと言えるでしょう。

「成就」(じょうじゅ)

こちらも、「達成」とよく似た意味の言葉です。

また、「願いが叶った」という時によく使われる表現で、その場合には「達成」よりこちらの方が向いています。

「達成」の置き換え表現としては、やはり仰々しい感が否めないので、「願い」に対する時にだけ使った方がいいと言えるでしょう。

icon まとめ

達成は、それこそが予定や目標だという物事がほとんどなので、「最終目的」だと考えていいでしょう。

そのように考えると、意味がとても分かりやすい言葉です。