意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「哀れみ」の意味とは?「憐れみ」との違い、英語や対義語、類語を紹介!

人は感情を持っており、自身だけでなく他者に対しても感情を抱きます。

その感情にも様々な種類があり、その一つが「哀れみ」とされています。

しかし「哀れみ」はマイナスイメージを持つ感情のため、誤って使うとトラブルを起こしかねません。

それを避ける上でも正しい意味や使い方を理解しておく必要があります。

哀れみ

Meaning-Book
「哀れみ」の意味とは?「憐れみ」との違い、英語や対義語、類語を紹介!>


目次

  • 「哀れみ」の意味とは?
  • 「哀れみ」の読み方
  • 「哀れみ」の英語(解釈)
  • 「哀れみ」の対義語
  • 「哀れみ」の言葉の使い方
  • 「哀れみ」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)
  • 「哀れみ」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「哀れみ」の類語や類義表現
  • 「哀れみ」と「憐れみ」の違い


「哀れみ」の意味とは?

「哀れみ」という言葉は感情の中でも悲しみを表す言葉とされています。

またただ悲しいという意味ではなく、胸が詰まる・同情するといった感情を含んでいます。

また自身ではなく周囲に対して抱く感情とされています。

そのため実際には「気の毒に思う」「不憫に思う」「心を痛める」といった気持を表しています。



「哀れみ」の読み方

「哀れみ」という言葉は「あわれみ」と読み、訓読みでの読み方となります。

また漢字単体では音読みで「あい」と読み、「哀愁」「喜怒哀楽」とそれに繋がる漢字・言葉と併用して読まれています。

「哀れみ」の英語(解釈)

哀れみ meaning in english

「哀れみ」という言葉について、感情表現の豊かな英語では様々な表現で英訳されています。

最も直訳では“pity”とされています。

“pity”には自身より劣っている・弱い・立場が低いといった対象に対しての「哀れみ」の表現とされています。

また“mercy”という言葉では慈悲の感情を表す単語とされています。

他にも形式的な表現では“compassion”など様々な表現にて「哀れみ」と表されます。



「哀れみ」の対義語

「哀れみ」という言葉は感情を表現しており、様々な表現が存在します。

しかしその対義語は明確に存在せずその意味合いからの解釈とされています。

そのため自分より下にある・劣る対象に対して見下す・思いやりを持たないということから「蔑む」となります。

また同情しないということから「無関心」「無感情」といった言葉も対義語となります。

対義語の共通点としてその意味合いからの言葉となるため、どのように解釈するか・それにどう反対するかをしっかりと知っておく必要があります。

「哀れみ」の言葉の使い方

「哀れみ」という言葉は日常的に使われる言葉の一つですが、その対象の周囲で用いられる事が多いです。

使う場面として何かの事象に対して「哀れみ」の感情を抱いており、それを伝える場合です。

しかし「哀れみ」は同情・悲観的な感情を含むため相手に知られると「同情されている」「可哀そうに思われている」と認識されかねません。

そのためあくまでその対象の周囲で用いられます。

また曖昧に使ってしまうと何に対して「哀れみ」を感じているか分からなくなります。

そのため何を対象にするか明確にしたうえで用いることが必要です。

「哀れみ」を使った言葉・慣用句や熟語・関連(意味・解釈)

「哀れみ」という言葉はその言葉自体の意味に加えて、それに続く言葉も多く、慣用句や熟語もたくさん存在しています。

使い方の幅を広げる上でもどのようなものがあるか、例を紹介していきます。

  • 「哀れみの目」
  • 「哀れみを乞う」
  • 「哀れみの例」は間違い?「生類憐れみの令」

「哀れみの目」

「哀れみの目」という言葉は「哀れみ」の感情を抱いた状態の「目」を意味しています。

ここでの「目」は視線やまなざしといった意味とされています。

そのため「哀れみ」の感情を持って対象を見ることとされています。

「哀れみを乞う」

「哀れみを乞う」という言葉は周囲に対して同情や情けを持ってもらい、助けを求めるといった意味とされています。

「乞う」には他者に対して助け・協力を求める・願うといった意味となります。

それに「哀れみ」が続くことで助ける・協力してほしいことが前提で「哀れみ」の感情を抱くことを求める意味です。

「哀れみの例」は間違い?「生類憐れみの令」

「生類憐みの令」とは歴史の中で第5代将軍徳川綱吉が制定した生き物を憐れみ保護を目的にした法令です。

しかし時には「哀れみの例」と表記されることがありますが、これは読みが同じだけで漢字の誤りです。

「哀れみ」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「哀れみ」という言葉は日常の中でも多く用いられる言葉ですが、安易に使ったり多用する・周囲への配慮なしに使ってしまうと様々なトラブル・問題を引き起こしてしまいかねません。

それを避ける上でもどのような使い方が適切か、例文とその解釈を紹介します。

  • 「哀れみ」を使った例文1
  • 「哀れみ」を使った例文2

「哀れみ」を使った例文1

「同僚に『今回の件で彼はリストラされ、離婚してしまったよ。借金もあるし哀れみしか感じないよ』と話した」

ここでは彼とされる同僚に対して「哀れみ」の感情を抱いていることを伝えるために用いられています。

「哀れみ」の理由としてはリストラ・離婚・借金と可哀そうな状況が続いており、そのことを話しています。

「哀れみ」を使った例文2

「最近は悪いニュースばかり聞くよ。ニュースで悲しい出来事を見るたびに哀れみの目で見てしまう」

ここではテレビを見る際、その内容に対して「哀れみ」の感情を持ってみてしまうとしています。

テレビをつける度、悲しいニュースを目にしておりその内容に対して「哀れみ」を感じながら見てしまう状況を表しています。

「哀れみ」の類語や類義表現

「哀れみ」という言葉は様々な場面で用いられますが、直接「哀れみ」という言葉を使わずに類似した表現で表されることもあります。

実際にどのような言葉があるか、類語や類義表現を紹介します。

  • 「思いやり」
  • 「不憫」

「思いやり」

「思いやり」という言葉は相手に対して感情移入する・気持ちを込めるといった解釈となります。

その背景には時に「哀れみ」の感情を持っていることもあるため、類語とされています。

「不憫」

「不憫」という言葉はかわいそう・気の毒といった感情を持つことを意味しています。

それらの感情は「哀れみ」と同義・類似しているため、類語として扱われています。

「哀れみ」と「憐れみ」の違い

「哀れみ」という言葉は同じ読みで「憐れみ」と混同して使っている人もいます。

「憐れみ」という言葉の意味として、他者の抱えている悲しみや苦しみ・苦労などに対して深い同情を抱くことを意味しています。

「哀れみ」も同様の意味を持ちますが、「憐れみ」にはそれに加えて「声をかける」「手伝う」など実際に行動することも含まれています。

icon まとめ

「哀れみ」という言葉は対象に対して同情・悲しみといった感情を抱いている際に用いられます。

しかしマイナスイメージを含めた感情のため、使う場面や配慮など注意点も多いです。

また類語も多いことからも適切な使い分けが求められます。