意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「想像」の意味とは?「妄想」や「創造」の違い、対義語や読み方、英語や類語を紹介!

人は様々なことを考えながら生活しています。

内容は様々もその考えを総称して「想像」と表現されます。

「想像」という言葉を正しく意味を理解していない人もいますが使う機会は非常に多いため、適切な理解が必要となります。

想像

Meaning-Book
「想像」の意味とは?「妄想」や「創造」の違い、対義語や読み方、英語や類語を紹介!>


目次

  • 「想像」の意味とは?
  • 「想像」の読み方、漢字の意味
  • 「想像」の英語(解釈)
  • 「想像」の対義語
  • 「想像」の言葉の使い方
  • 「想像」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「想像」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「想像」の類語や類義表現
  • 「想像」と「妄想」の違い
  • 「想像」と「創造」の違い


「想像」の意味とは?

「創造」という言葉の意味として、心の中・頭の中で考える事を意味しています。

考えるにあたり、「想像」する対象は何かきっかけ・ヒントなどはありますが現実に目にしたり触れることはできず、あくまで空想の中での考えとなります。

また時には知っていること・すでに触れたり知覚したことから考えを発展させていくことも意味しています。

そのため「創造」はその対象の起源は存在しますが、現実には起こらないと解釈されます。



「想像」の読み方、漢字の意味

「想像」という言葉は「そうぞう」と読みます。

それぞれ「想」「像」と別々に分けられ、独立した意味も持ちます。

「想」「おもう」とも読みと意味を持っており、考える事を意味しています。

また「像」には物事における形・姿といった意味を持ちます。

そのため想いを具体的に形にするという言葉として「創造」と構成されています。

「想像」の英語(解釈)

想像 meaning in english

「想像」という言葉は様々な表現で英訳されますが、最も一般的・直訳では“imagination”と表現されます。

「想像」の解釈からの表現では現実にないということから仮定を意味して“supposition”や推し量るという意味で“a guess”“conjecture”と表現されます。

他にも空想を意味して“fancy”などその意味合いによって使う単語も変わります。

そのためそれぞれを正しく理解し、文章に合わせて使い分けが求められます。



「想像」の対義語

「想像」という言葉はその対義語も多く存在しています。

現実にない空想を意味することからも、対義語は「現実」「実際」「事実」といった言葉が適応します。

また実際に触れたり知覚できないという意味からは「体験」「経験」といった言葉も対義語になります。

「想像」は様々な意味合いがあるため、それぞれに応じて対義語も存在しています。

「想像」の言葉の使い方

「想像」という言葉は対象となるものに対して心・頭の中で考えていることを伝える際に用いられます。

しかしあくまで現実ではないため根拠はないことからも何に対して「想像」しているか具体的に伝える必要があります。

また「想像」には空想上の出来事以外にも相手の心情に対しても用いられます。

そのため人に対して使う際は「察する・同情する」といった使い方に変わるため、配慮や注意が求められます。

「想像」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

「想像」という言葉は日常的に用いられる言葉ですが、熟語や慣用句など「想像」単体でなくても用いられる事も多いです。

より使い方のバリエーションを増やす上でもどのような言葉が存在するか、例とその意味・解釈を紹介していきます。

  • 「想像を絶する」
  • 「想像妊娠」
  • 「想像力を高める」

「想像を絶する」

この言葉の意味として「想像」することが出来ないという意味合いとなります。

「絶する」にはかけ離れている・越えられないといった意味を持っており、「想像」が合わさることで「想像できないほどかけ離れている・想像の範疇を超えている」といったニュアンスになります。

「想像妊娠」

「想像」はその程度が過度に強いと体にも変化を及ぼします。

「想像妊娠」は強い「想像」をすることで妊娠症状を起こすことになります。

しかし実際には妊娠していないことからも「想像」と言葉が合わさります。

「想像力を高める」

「想像」はその程度に違いがあり、それはその人が持つ能力によっても左右されます。

そして「想像」は可能性を広げることも出来るため、発展させていくということで「想像力を高める」と表現されます。

「想像」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「想像」には使う場面・使い方によってその意味合いも変化します。

日常的に使われる言葉のためどのような使い方になるか、例文とその解釈を紹介します。

  • 「想像」を使った例文1
  • 「想像」を使った例文2

「想像」を使った例文1

「友人に『仕事をクビになってこれからのことを想像すると不安しかないよ』と語った」

この場合、話し手は仕事を失っており、これからどのように生活していくかを考えると不安と話しています。

仕事を失ったことは事実もこれからのことはまだ起こっていないため、「想像」となります。

「想像」を使った例文2

「僕はSF小説が好きでね。現実的なストーリーよりもSFのように想像上のストーリーならいろんなことが出来るから良いよ」

この場合、小説のジャンルでもSFが好きと伝えています。

その理由としても現実味のない内容・ストーリーから内容の自由度が高いことが魅力と伝えています。

「想像」の類語や類義表現

「想像」という言葉はその意味合いから様々な場面で用いられていますが、そのため類語・類義表現も多く存在しています。

どのようなことがあるか例を紹介します。

  • 「推測」
  • 「夢想」

「推測」

「推測」という言葉には物事を推し量って考える事お意味しています。

その際、その根拠となる事象や情報・データなどがあり、それに基づいて考える事を意味しています。

「夢想」

「夢想」という言葉は現実からかけ離れたことやその場面・内容を思い描くことを意味しています。

時には現実にはかなわないような憧れも意味しているため、「夢」という言葉が用いられています。

「想像」と「妄想」の違い

「妄想」という言葉は様々な場面で用いられており、時に「妄想」という言葉と混同して用いられることもあります。

「妄想」とは「想像」同様に空想上のことですが、その中でも根拠のないことから始まる考えを意味しています。

「想像」と「創造」の違い

「想像」「創造」は同じ読み方をしますがその意味は大きく異なります。

その意味として新しく創り上げていくことを意味しています。

そして別の意味として「宇宙を創る」といった意味も持ちます。

後者については空想上の話となるため、同義の意味合いとして扱われています。

icon まとめ

「想像」という言葉は様々な場面で用いられており、その意味合いも複数あります。

そして日常的に用いられる言葉ですが、類語も多く使い方にも注意が必要です。

そのため正しくその意味や使い方を理解したうえで用いることが必要です。