意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「即席」の意味とは?「即席」と「即興」の違い・読み方・英語・類語【使い方や例文】

「即席」という言葉の意味や使い方を紹介します。

また「即席」を使った言葉や例文を紹介します。

さらに「即席」の英語や類語、「時短」との違いを紹介して行きます。

即席

Meaning-Book
「即席」の意味とは?「即席」と「即興」の違い・読み方・英語・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「即席」の意味とは?
  • 「即席」の読み方
  • 「即席」の英語
  • 「即席」と「即興」の違い
  • 「即席」の言葉の使い方
  • 「即席」を使った言葉・慣用句や熟語・関連
  • 「即席」を使った例文や短文など
  • 「即席」の類語や類義表現
  • 「即席」と「時短」の違い


「即席」の意味とは?

「即席」という言葉を知っているでしょうか。

おそらくカップ麺などを通じて知っている人が多いでしょう。

一方で「即席」という言葉をまるで知らない人もいるでしょう。

「即席」には、「前もって準備や用意をせずに、その場で何かをする事」という意味があります。

例えばパーディに参加していたら、「何か出し物をして」と言われて、その場で考えたモノマネをする事があるかもしれません。

そのような出し物は「即席の出し物」と言えます。

このように準備や用意をせず、その場で何かをする事を「即席」と言います。



「即席」の読み方

「即席」「そくせき」と読みます。

「即席」「即」「そく」と読み、「席」「せき」と読みます。

これを機会に「即席」「そくせき」と読むと覚えておきましょう。

「即席」の英語

即席 meaning in english

「即席」という言葉を英語にしたいと思った時、どのように表現すればいいでしょうか。

「即席」は英語で、“instant”(インスタント)になります。

“instant”には「即席」「インスタント」という意味があります。

「インスタント」という言葉自体、「インスタントカメラ」「インスタントラーメン」など、広く使われているため、みなさんよく知っていると思います。

このように「即席」は英語にする事ができますので、英語で表現したい時に使ってみましょう。



「即席」と「即興」の違い

「即席」と並ぶ言葉として「即興」があります。

「即席」「即興」という二つの言葉には違いがあるでしょうか。

「即興」には、「その場の興に乗って、音楽や詩歌を作る事」という意味があります。

例えば、お花見の席でその場の楽しい空気や景色を参考にして、俳句や和歌、ギター曲やアカペラ曲などを作る事を「即興」と言います。

「即興」「即席の歌づくり」と言い換える事ができるかもしれません。

「即席」は歌に限らず様々な物を作ったりしたりするため、「即興」と使い分ける事ができます。

「即席」の言葉の使い方

「即席」という言葉の使い方を知りましょう。

「即席」という言葉を使うための条件として「前もって準備や用意をしない」という条件があります。

例えば、「即席」で話をする時、前もって話を用意してはいけません。

またその場で一から作るにしても、あまり時間を掛けてはいけません。

「即席のダンス」を作ってと言われた時、前もって振付を作っていてもダメですし、2時間も3時間も掛けた場合は「即席」とは言えません。

何も用意の無い中、10分程度で創作ダンスを披露した時、「即席」という言葉にふさわしくなります。

「即席」を使った言葉・慣用句や熟語・関連

「即席」を使った言葉や慣用句を紹介します。

「即席」という言葉を使った、頻度の高い言葉や慣用句を知ると、使い勝手がいいでしょう。

  • 「即席ラーメン」
  • 「即席で作る」
  • 「即席チーム」

「即席ラーメン」

「即席」といえば「即席ラーメン」というくらい、良く使う言葉です。

「インスタントラーメン」の方が、通りがいいかもしれません。

「即席ラーメン」は食材などを買ったり、特別な調理をしなくても、お湯を沸かすだけで数分間でラーメンを作る事ができます。

前もって準備がいらない点、すぐに作れる点が「即席ラーメン」と呼ばれる所以です。

「即席で作る」

「即席で作る」という言い回しも良く使います。

お笑い芸人が、漫才やコントのお題を客席からもらい、すぐに演じ始める事がありますが、あのような行為を、漫才やコントを「即席で作る」と言います。

また冷蔵庫にあるだけの食材で、短時間で作る料理も「即席で作る」料理と言えるでしょう。

「即席チーム」

学校の昼休みなどに、サッカーや野球をする事があるでしょう。

このような時に、急きょチーム分けをすると思います。

このようにその場限りの、急ごしらえのチームを「即席チーム」と呼びます。

「即席」を使った例文や短文など

「即席」という言葉を使った例文を見て行きましょう。

「即席」という言葉の使い方のコツを覚える事ができるかもしれません。

  • 「即席」を使った例文1
  • 「即席」を使った例文2

「即席」を使った例文1

「『即席』の料理だが、とても美味しかった」

この例文のように、料理上手の人ほど、どのような食材でも美味しい料理を作る事ができます。

冷蔵庫の残り物を使って、その場で時間を掛けずに美味しい料理を作れるため、食費の節約になりますし、食べる人を幸せな気持ちにさせます。

「即席」を使った例文2

「パーティで『即席』のカップルになる」

この例文のようにホームパーティなどで、男女がその場限りのカップルのようにふるまう事があります。

他に話す相手がいない、友達に紹介されたからなど理由はいくつかあります。

パーティが終わった後で本物のカップルになるかどうかは、ケースバイケースです。

「即席」の類語や類義表現

「即席」の類語や類義表現を紹介します。

「即席」とよく似た言葉を知ると、語彙が豊富になり文章表現が豊かになりそうです。

  • 「即座」
  • 「インスタント」

「即座」

「即座」には「すぐのその場」という意味があります。

「即座に機転を利かせる」「即座に回答する」など、初めて知る問題や質問に、短時間で答える時などに使います。

「インスタント」

「インスタント」「インスタントラーメン」などに使われるカタカナ語です。

「即席」とほとんど同じ意味のため、言い換えに使えます。

「即席」よりも「インスタント」の方が柔らかい表現になるかもしれません。

「即席」と「時短」の違い

最後に「即席」「時短」の違いを見て行きましょう。

「時短」「時間短縮」の意味で、労働時間短縮する事などを「時短」と言います。

よく「時短レシピ」と呼ばれる、時間短縮を目的とした簡単料理の料理が紹介されます。

「時短」「即席」も短い時間で何かをしますが、「即席」はその前にしっかりと準備をする事ケースが少なくありません。

例えば「時短レシピ」のために、週末に食材を煮たり痛めたりして、ストックを作るケースもあります。

一方で「即席」は事前の用意をしないという特徴があります。

この点が「即席」「時短」の大きな違いになるでしょう。

icon まとめ

「即席」という言葉について見てきました。

みなさんも「即席ラーメン」を食べる機会は多いのではないでしょうか。

「即席ラーメン」のように、何も用意をせずに短時間で何かを作る事を「即席」と言います。