意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「清廉」の意味とは?対義語、類語や英語、使い方や例文を紹介!

日本語には一つの意味でも様々な形で表現される言葉があります。

中にはなかなか使う機会の少ない言葉もあり、その一つに「清廉」が挙げられます。

大枠の意味の認知度は高いですが、正しく意味や使い方を理解している人は少ない言葉とされています。

清廉

Meaning-Book
「清廉」の意味とは?対義語、類語や英語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「清廉」の意味とは?
  • 「清廉」の読み方と漢字の構成
  • 「清廉」の英語(解釈)
  • 「清廉」の対義語と注意点
  • 「清廉」の言葉の使い方
  • 「清廉」を使った言葉と意味を解釈
  • 「清廉」を使った例文や短文・意味を解釈
  • 「清廉」の類語や類義の表現


「清廉」の意味とは?

「清廉」という言葉の意味として、非常に清らかなことを表しています。

ここでの「清らか」とは人の心の状態を意味しており、私利私欲がない様を表しています。

そのため邪念や悪意・雑念などがなく、澄んでいる・きれい・美しいといった形容詞としてのニュアンスも合わせています。

そして「清廉」は心を表す意味のみではなく、その人の行動に対しても意味が適応します。

そのためその人の特徴を表す意味合いを含みます。



「清廉」の読み方と漢字の構成

「清廉」という言葉は「せいれん」と読み、二つの漢字それぞれに意味を持っています。

「清」には清らか・穢れがない・きれいといった意味を込められています。

そして「廉」には様々な意味が含まれますが、その一つに正しさ・潔さ・無欲といった意味を持ちます。

意味自体は異なりますが、それぞれ類似したニュアンスを含むとされています。

そのため二つの言葉が合わさることでそれぞれの意味を強調する構成となっています。

「清廉」の英語(解釈)

清廉 meaning in english

「清廉」という言葉は「私欲がなく清らか」と強い意味を持ちますが、その意味をそのまま表す単語はないため表現の多い英語では様々な言葉で表されます。

一番類似した意味では“honesty”とされ、正直を意味します。

また“upright”のようにまっすぐ・誠実と言った意味も適応します。

他にも意味合いから“integrity”“true”“pure”など多くの言葉が存在します。

共通していることとして、各単語のみでは「清廉」を会わらすことはできず、それぞれ何に対してどれほどかを表すことで適切な表現とされます。



「清廉」の対義語と注意点

「清廉」とは清らかで欲がないとされています。

そのため対義語として誠実さの面では「邪心」「悪意」といったマイナスイメージの意味を持つ言葉とされています。

また無欲という部分に対しては「欲深い」「強欲」といった言葉を持ちます。

しかし「清廉」という言葉は強い意味合いを含むため、反対語もそれぞれ単語自体に強調した言葉となります。

他者に使う際には配慮や気遣いなども求められるため、注意が必要です。

「清廉」の言葉の使い方

「清廉」という言葉は相手の清らかさや私欲にとらわれない様子などを表す形容詞としての意味合いを含んだ使い方となります。

そのため相手への印象を伝える使い方となります。

また「清廉」にはプラスイメージを含むため、相手に対して良い印象を持っていることを伝える使い方となります。

しかし日常的に使う機会は少ない言葉とされています。

簡単にたくさん使ったリハせず、特別な場面やタイミング・特別強く印象を受けた場合に使う方が良いとされます。

「清廉」を使った言葉と意味を解釈

「清廉」という言葉は何に「清廉」かを表す言葉が必要となります。

そのためどのような言葉が適応するか、その例と意味を紹介します。

  • 「清廉な人」
  • 「清廉な空気」
  • 「清廉な生き方」
  • 「清廉潔白」

「清廉な人」

この場合、対象となる人は「清廉」が適応するような特徴・印象を持っており、そのことを伝えるために用いられています。

「清廉な空気」

ここでの対象は物ではなく、空気とされています。

空気にも森林浴のような自然の中で澄んだ空気・神殿や遺跡など特殊な空間など広い意味で適応します。

「清廉な生き方」

この場合、生き方に「清廉」という言葉が当てはめられています。

「清廉」のように清く正しい生き方・欲にとらわれない生き方など、その意味に適応する生き方を表しています。

「清廉潔白」

「清廉潔白」「清廉」「潔白」の二つの言葉が合わさって作られています。

「潔白」にはやましいこと・邪心などがなく正しいことを意味しています。

そのため「清廉」と合わさることで「心が清く私欲に捉われず、後ろめたいことが何もない」という意味となり、それぞれの意味を強調する言葉とされています。

「清廉」を使った例文や短文・意味を解釈

「清廉」という言葉は日常で使う機会は少ないため、誤った使い方をするケースも多いです。

そのため適切な使い方とその解釈を紹介します。

  • 「清廉」の例文1
  • 「清廉」の例文2
  • 「清廉」の例文3

「清廉」の例文1

「もう何年もあの人と関わっているけど、悪いことを言ったり、企んだりもしないし本当に清廉だと思う」

この場合、「あの人」とされる人の特徴を「清廉」という言葉で表しています。

何年間も関わる中で一貫して悪い行いや思想を感じず、「清廉」という言葉が適応する人だと伝えています。

「清廉」の例文2

「仕事上の付き合いで『〇〇さんはお仕事で関わらせていただく中で清廉な方だと感じております』と伝えた」

この場合、仕事関係の相手に対して褒める意味で用いられています。

しかしある種の社交辞令の意味合いも含まれています。

「清廉」の例文3

「私は小さいころから清廉な人になりたいと思ってきたが、大人になっていくうちにそれはできないと分かった」

この場合、幼いころになりたいと憧れた人物像に清廉な人を当てはめていました。

しかし成長する中で清廉さを失う・身に着けることはできず、清廉が当てはまる人にはなれないと自覚したことを意味しています。

「清廉」の類語や類義の表現

「清廉」という言葉はなかなか使う機会は少ないのですが、類語・類義表現を用いる機会はたくさんあります。

どのような言葉があるか紹介します。

  • 「廉潔」
  • 「誠実」

「廉潔」

この言葉の意味として、「清廉」同様に心が清く私欲がないことを意味しています。

それに加えて行動に対しても正しい意味を含むとされており、類語として扱われています。

「誠実」

この言葉の意味として、まじめで一本気がある・真心があるといった意味合いとなります。

その前提としては私利私欲を交えないこととされており、「清廉」のように強い意味を含んではいませんが、そのニュアンスから類語として扱われています。

icon まとめ

「清廉」という言葉は強い意味合いを含んでおり、人に使う際にはプラスイメージを含めて用いられます。

しかし日常的に使う頻度は少ない言葉であり、正しい意味や使い方を知らない人も多いです。

しかし特殊な場面や仕事上などで用いる機会もあるため、正しい意味とその使い方・場面ごとの解釈を理解しておく必要があります。