意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「時代の寵児」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

いつの時代でも多くの人々の注目を浴びる人間がいるものです。

スーパースターと言ってもいいかもしれないのですが、「時代の寵児」という言葉でもてはやされることもあります。

この「時代の寵児」という言葉をニュースやインターネット記事で見たり聞いたことのある人は結構多いのでのはないでしょうか? しかし、この言葉を日常生活の場面や、職場でも実際に使っている人はほとんどいないと思います。

ここでは、この「時代の寵児」という言葉の意味や使い方を説明していくことにします。

時代の寵児

Meaning-Book
「時代の寵児」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「時代の寵児」の意味とは?
  • 「時代の寵児」の読み方
  • 「時代の寵児」の英語(解釈)
  • 「神の寵児」の意味は?
  • 「時代の寵児」の言葉の使い方
  • 「時代の寵児」を使った例文や短文(解釈)
  • 「時代の寵児」の類語や類義表現


「時代の寵児」の意味とは?

「時代の寵児」「寵児」とは、「特別に可愛がられる子供」「世にもてはやされる人」という意味があり、いわゆる「人気者」のことを指しています。

このことから「時代の寵児」とは、「その時代の風潮に合った才能を発揮して成功することで人々にもてはやされる人」という意味になります。



「時代の寵児」の読み方

「時代の寵児」とは「じだいのちょうじ」という読み方になりますが、「寵児」という言葉自体があまり見かけないので、ここでしっかりとチェックしておきたい言葉です。

「時代の寵児」の英語(解釈)

時代の寵児 meaning in english

「時代の寵児」を英語で表現すると、“hero of the times”という英訳になります。



「神の寵児」の意味は?

「寵児」を使った言葉に「神の寵児」という表現もありますが、普段の会話ではめったに使われることがない言葉でしょう。

意味としては、「神の寵愛(ちょうあい)を受けた人」という意味があり、「神レベルの能力や才能を持っている人」という解釈になります。

今風に言うなら、「神的な人」となるかもしれません。

「時代の寵児」の言葉の使い方

「時代の寵児」という言葉は、その時代の人気者や有名人に対して使われることになり、男性だけでなく、女性を指して使うことができるできる言葉でもあります。

その意味からもわかるように、その時代にあった才能をいかんなく発揮して、大きな成功を収めた人に対して使うことに限定されます。

また「寵児」には、「周りからもてはやされるほどに人気の高い人」ということも条件になってきます。

しかし、「時代の寵児」は、決してマイナス的なイメージで世間を騒がせるような人物ではなく、あくまでプラスのイメージをまとっている人物が、当てはめることが「時代の寵児」の正しい使い方となります。

今まで大きな犯罪を犯してきた人物に対して「あいつは時代の寵児だった」といったような使い方は、間違った活用法となるので注意が必要です。

「時代の寵児」を使った例文や短文(解釈)

では、ここで「時代の寵児」を使った例文を見ていくことにしましょう。

  • 「時代の寵児」の例文1
  • 「時代の寵児」の例文2
  • 「時代の寵児」の例文3

「時代の寵児」の例文1

「大谷投手は投げる・打つができる10年に1度の逸材でまさに時代の寵児だ」

スポーツ界では、これまで多くの選手が「時代の寵児」として活躍して、大きな人気を集めてきました。

スポーツの世界で、野球やサッカー、フィギュアスケート、柔道、テニスなど様々な専門のスポーツにおける功績を残してきたことは当然ですが、それだけにとどまらず、社会全体に与えた影響などを含めて大きな成功を残していった人が、世間からの人気者として注目を浴びている点が、「時代の寵児」として 挙げられるではないかと思います。

「時代の寵児」の例文2

「マイクロソフト社の創設者のビル・ゲイツ氏は、IT業界の時代の寵児と呼ばれてきました」

今では当たり前に使われているインターネットやパソコンでも、2、30年前は今のようなことを誰が予想していたでしょうか? 成長著しいIT業界で、活躍して大きな功績を残してきたビル・ゲイツは、まさに「時代の寵児」と呼ばれていましたが、アップル社のスティーブ・ジョブズ氏も、その1人です。

このように大きな発展を遂げてきたIT業界の先駆者達こと、まさにその時代にあった能力で高い功績を残している人達であり「時代の寵児」という言葉が最も相応しいのだと言えるのではないでしょうか?

「時代の寵児」の例文3

数々のヒット曲を生み出して、JPOPの流れを作り出した小室哲哉さんは、時代の寵児と言えるでしょう」

時代ごとに多くの人々の流行や文化に大きな影響を与えてきた人達も、「時代の寵児」という言葉を当てはめることができます。

小室哲哉さんも、その1人で今から考えると、彼がいたからこそ、今の音楽業界の流れがあるのだと、彼の功績の大きなには感動され覚えてしまいます。

音楽業界では、このような流れを作ってきた人は、昔の時代でもいたはずです。

モーツアルトなど、偉人レベルにあった人も、その当時は「時代の寵児」であったはずです。

「時代の寵児」の類語や類義表現

では、ここで「時代の寵児」と似たような意味で使えそうな言葉を挙げてみます。

次のような言葉が「時代の寵児」の類語を言えるかもしれません。

  • 「脚光を浴びる」
  • 「センセーションを巻き起こす」

「脚光を浴びる」

「脚光を浴びる」という言葉も「時代の寵児」に近いニュアンスのある表現ですが、「時代の寵児」よりも、日常的に使われている言葉の1つかもしれません。

意味としては、「舞台に立つ」、あるいは「脚本が上演される」という内容になりますが、この意味が転じて、「広く世間から注目される」「社会の注目の的となる」ということで使われるようになりました。

「彼は、新たな作品を発表したことで、いきなり脚光を浴びることになったのです」というような使われ方がされています。

「センセーションを巻き起こす」

「センセーションを巻き起こす」も類義語として挙げられますが、「人々の感情に強く訴え、耳目をそばだたせること」という意味になります。

「大評判になる」「話題を振りまく」というニュアンスで使わています。

icon まとめ

「時代の寵児」と呼ばれた人々は、その時代に大きな流れを作り出してきた人でもあります。

先に挙げたビル・ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏がいなければ、IT分野もまだまだここまでの進化は遂げていなかったかもしれません。

そうなると、今、ITに支えられているビジネス業界も大きな変革ができないままに旧態依然とした業務にとどまっていたのではないでしょうか? そう思うと、「時代の寵児」の人達の功績は非常に大きく、様々な分野で歴史的な進化に貢献してきた人達でもあるのです。