意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「珍しい」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

「珍しい」という言葉の意味や類語を紹介します。

また「珍しい」を使った言葉や、「珍しい」を使った例文を紹介して行きます。

さらに「珍しい」の英語なども紹介します。

Meaning-Book
「珍しい」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「珍しい」の意味とは?
  • 「珍しい」の意味
  • 「珍しい」の英語
  • 「珍しい」の中国語
  • 「珍しい」の語源
  • 「珍しい」を使った言葉と意味を解釈
  • 「珍しい」を使った例文
  • 「珍しい」の類語や類義語


「珍しい」の意味とは?

「珍しい」という言葉を知っているでしょうか。

ほとんどの人が「知っている」と答えるような、一般的に良く知られている言葉です。

「珍しい」「めずらしい」と読みますが、読み間違える人はほとんどいないでしょう。

「珍しい」という言葉をしっているものの、正確な意味を言う事ができない人は、多いかもしれません。

また活字に触れる機会が少なく、「珍しい」という言葉をほとんど目にした事が無い人もいるでしょう。

そこで「珍しい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

「珍しい」とは何かを知ると、身の回りにあるものを「珍しいもの」「ありふれたもの」に分ける事ができるようになるかもしれません。



「珍しい」の意味

「珍しい」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「珍しい」には「目新しくて貴重な物」という意味があります。

また「あまり例がない物」という意味もあります。

対になる言葉に「ありふれた物」という言葉があります。

つまり「珍しい」と言われるものは、「ありふれた物以外」という事になります。

そこら中にあり、いつでも触れる事ができるようなものではなく、目新しく感じるものや貴重なものを「珍しい」と言います。

また物ではなく、過去に起こった珍しい事も「珍しい」と表現する事ができます。

例えば100年ぶりに起こった出来事などは、「珍しい出来事」と言われるかもしれません。

「珍しい」の英語

「珍しい」を英語にするとどのような言葉を使うのでしょうか。

「珍しい」という英語はたくさんありますが、「稀な」という意味なら、“rare”(レア)という言葉がぴったりです。

カタカナ語でも、珍しい物品を見た時などに「これはレアだね」などと言いますが、この「レア」は英語の“rare”から来ています。

さらに、「普通ではない」という意味の「珍しい」では、“unusual”(アンユージョアル)がしっくりきます。

普通を意味する“usual”に、否定する“un”がついた言葉です。

このように「珍しい」を意味する英語はたくさんありますので、英訳をする時に使ってみましょう。



「珍しい」の中国語

続いて「珍しい」を中国語にすると、どうなるのかを見て行きましょう。

「珍しい」を意味する中国語はたくさんありますが、「珍奇的」「稀奇的」などが一般的に使われている言葉です。

「珍奇的○○」の○○に、「珍しい○○」に当てはまる言葉を入れると、中国語の文章を作る事ができるでしょう。

その他にも「稀有」という言葉でも「珍しい」を表現する事ができますので使ってみましょう。

「珍しい」の語源

「珍しい」という言葉の語源を紹介します。

「珍しい」は昔、「めづらし」という言葉として使われていて、「愛づ(めづ)」の形容詞形が語源になっています。

「めづらし」「すばらしい」「もっと見ていたい」などの意味のある言葉で、そこから「めったになく貴重」「稀で素晴らしい物」という意味が生まれています。

次第に「めづらし」から賞賛の意味がなくなり、稀な物、滅多にない物を指す言葉になり、現在にいたります。

「珍」という文字が使われるようになったのは、そもそも「珍」にも「めずらしい」という意味があり、「めづらし」と似ているからです。

このように「めづらし」から賞賛の意味が消えて、「珍」という感じが当てられた事から、現在の「珍しい」という言葉が生まれています。

「珍しい」を使った言葉と意味を解釈

続いて「珍しい」を使った言葉と意味を解釈して行きましょう。

「珍しい」という言葉を使った定型句のような言葉を知ると、「珍しい」の意味が理解しやすくなるでしょう。

  • 「珍しい苗字」
  • 「珍しい仕事」
  • 「珍しいペット」
  • 「珍しい花」

「珍しい苗字」

「珍しい苗字」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「鈴木」「佐藤」など、日本中で目にする苗字ではなく、滅多に見る事が無い苗字を「珍しい苗字」と言います。

例えば「魁」と書いて「さきがけ」という苗字があります。

他にも「英」と書いて「はなぶさ」や、「皇」と書いて「すめらぎ」と読ませる苗字もあります。

他にも「大仏」と書いて「おさらぎ」や、「凸守」と書いて「でこもり」と読ませる苗字など、身近にこのような人がいない限り、出会えないような苗字もあります。

「珍しい仕事」

「珍しい仕事」という言葉を聞いた時、どのような仕事が思い浮かぶでしょうか。

一般的に知られている仕事の数は少なく、おそらく「仕事を思いつくまま挙げる」というゲームをしたとしても、それほど多くの仕事が浮かばないかもしれません。

そこで、あえて「珍しい仕事」を知るために、アルバイト情報誌などを見てみてはいかがでしょうか。

特に若い時期、学生時代にたくさんの「珍しい仕事」を知る事で、仕事に対する選択肢が増え、仕事に対する偏見がなくなるかもしれません。

「珍しいペット」

「ペット」と言えば、犬や猫が思い浮かぶ人が多いと思います。

しかし、世の中には「珍しいペット」を飼育している人がたくさんいます。

爬虫類や哺乳類、鳥類や魚類にも、ほとんど飼育している人がいない、珍しいペットがいます。

例えば耳が大きなイヌ科の生き物に「フェネック」がいます。

さらに直立不動の立ち姿が可愛い「ミーアキャット」がいます。

これらの動物は動物園でしか見られないと思い込んでいますが、ペットとして飼育する事も可能です。

ただし「珍しいペット」は飼育の仕方が確立されていない事が多いので、きちんと飼育方法を調べて、大丈夫だと思えるまで購入しないようにしましょう。

「珍しい花」

「珍しい花」「珍しい」という言葉を使った良く使う言葉です。

「花」は世界中に無数にあり、専門家も全ての花を識別できるわけではありません。

そのため、これからも「珍しい花」は無数に登場するでしょう。

どう見ても虫にしか見えない花、宇宙人のように見える花など、ユニークな花もたくさんあります。

また信じられないくらい大きな花や、一生に一晩しか咲かないような花もあります。

花に興味がある人は、滅多に見られない「珍しい花」にも注目してみましょう。

「珍しい」を使った例文

「珍しい」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「珍しい」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「このレコードはコレクターにとっても、『珍しい』希少な品だ」

この例文に登場するレコードは、きっと世界に数枚しかない希少な品なのかもしれません。

そもそもコレクターは「珍しい」何かを集めるのが好きなので、そのコレクターが「珍しい」と感じるのはめったにない事です。

希少な品をみつける時、「珍しい」品を手に入れた時が、コレクターにとって最高に幸せな時かもしれません。

例文2

「君から電話をくれるとは、『珍しい』事だ」

この例文のように、誰かの行動に対して「珍しい」という言葉を使う事があります。

何年も連絡を取っていない人から突然電話が掛かってきたら、きっと「珍しい」と感じるでしょう。

他にも、手伝いをした事が無い子供が、突然家の手伝いを始めたり、部屋を片付けられない人が、部屋を整理整頓した時などに、「珍しい」と感じるでしょう。

「珍しい」の類語や類義語

最後に「珍しい」の類語や類義語を紹介します。

「珍しい」と似た意味の言葉を知ると、語彙が増えて言葉を言い換える事ができるようになります。

コミュニケーション能力が上がり、会話が楽しくなるかもしれません。

  • 「奇妙」【きみょう】
  • 「奇抜」【きばつ】
  • 「奇想天外」【きそうてんがい】

「奇妙」【きみょう】

「奇妙」は、「風変りな感じのする事」「不思議な感じがする事」という意味があります。

「奇妙な風習」という場合は、不思議な感じがする習慣という意味になります。

「奇抜」【きばつ】

「奇抜」という言葉には、「思いもよらないほど、風変わりな事」という意味があります。

「奇抜なアイデア」という定型句があり、一般的にも良く使われています。

ビジネスシーンで、「奇抜なアイデア」を出せる人は、アイデアマンとして重宝されるかもしれません。

「奇想天外」【きそうてんがい】

「奇想天外」には、「人が思いつかないほど、とても変わっている事」という意味があります。

普通の人が思いつけないくらい、変わった事が思いつく人は、とてもすごい才能の持ち主化もしれません。

「奇想天外な物語」「奇想天外な作品」など、小説や映画などを評する時にも使われます。

icon まとめ

「珍しい」という言葉の意味や使い方を見てきました。

この言葉の意味を知ると、あらためて「珍しい」何かを見てみたいと思うのではないでしょうか。

博物館や動物園、海外旅行などに行って、「珍しい」何かを見てみましょう。