意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「許可を得る」とは?意味・読み方【使い方や例文】

「許可を得る」という言葉の意味を紹介します。

さらに「許可を得る」の使い方や、「許可を得る」を使った例文を紹介していきます。

Meaning-Book
「許可を得る」とは?意味・読み方【使い方や例文】>


目次

  • 「許可を得る」の意味とは?
  • 「許可を得る」の意味
  • 「許可を得る」を分解して解釈
  • 「許可を得る」と「許可を取る」の違い
  • 「許可を得る」の言葉の使い方
  • 「許可を得る」を使った例文


「許可を得る」の意味とは?

「許可を得る」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「許可を得る」「きょかをえる」と読みます。

仕事を始めている人は、「許可を得る」という言葉は、とても身近な言葉としてとらえられるかもしれません。

一方で、「許可を得る」という言葉を今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「許可を得る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

学生のみなさんは、ご両親の厳しさ次第で、「許可を得る」機会のあるなしが決まるかもしれません。

しかし、社会人になると「許可を得る」事は日常茶飯事になりますので、よく意味を理解しておきましょう。



「許可を得る」の意味

「許可を得る」には、どのような意味があるでしょうか。

「許可を得る」には、「許可を手に入れる」という意味があります。

誰かに願い事を言い、その願いどおりの行為や行動を取る自由を手に入れた時に、「許可を得る」という言葉を使います。

実家暮らしをしている女性は、夜8時以降は家にいなければならないなどの、ルールがあるかもしれません。

しかし友達と一緒にライブに行きたい時などは、親に「ライブに行きたいので、夜遅くまで外出したい」とお願いをする必要があります。

その願いを聞いた親が、「ライブに行く事と、夜遅くに帰宅する事を許す」場合、「許可を得る」という事になります。

このように、「許可を得る」には、願い事をして、許してもらうという意味があります。

「許可を得る」を分解して解釈

「許可を得る」という言葉を分解して解釈して行きます。

「許可を得る」「許可」「得る」に分ける事ができますので、それぞれの意味を見て行きましょう。

ふたつの言葉の意味を知ると、「許可を得る」の意味がより理解しやすくなるでしょう。

  • 「許可」
  • 「得る」

「許可」

「許可」という言葉には、「願いを聞き届けて、ある行為や行動を許す事」という意味があります。

まず「願い事」があり、それを聞いた人が「許す事」という二段階のステップが、「許可」には含まれています。

例えば、運動部の合宿中に、外出する事を禁じられている事があります。

このような時に、部員が先生に「外出したい」という願い事をして、先生が「外出していい」と許した時、「許可」の要件を満たします。

このような場面で、「許可」という言葉を使ってみましょう。

「得る」

「得る」にはどのような意味があるでしょうか。

「得る」には、「自分のものにする」「手に入れる」という意味があります。

例えば「知識を得る」という言い回しをする時は、知識を自分のものにするという意味があります。

「許可を得る」という言葉を使う時も、この「自分のものにする」「手に入れる」という意味があります。

さらに「得る」には「納得する」「理解する」という意味もあります。

例えば「要領を得る」という言葉には、「容量を理解する」という意味があります。

このように「得る」には、いくつかの意味がありますので、文脈を見て判断しましょう。



「許可を得る」と「許可を取る」の違い

「許可を得る」と、似た表現に「許可を取る」があります。

この二つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

「許可を得る」には、願い事をして、何かをする権利を手にするという意味があります。

一方で「許可を取る」には、願い事をして、その権利を手にしようと能動的に動く、という意味があります。

「許可を得る」には、「誰かに与えられる」というイメージがありますが、「許可を取る」には、積極的に自分から取りに行くというイメージがあります。

「許可を得る」という言葉を使う時の、願い事を申請する相手には、尊敬の念が強く含まれていますが、「許可を取る」の場合は、それほど尊敬の念を感じないという違いもあります。

申請先の違いや、態度の違いによって、ふたつの言葉を使い分けてみましょう。

「許可を得る」の言葉の使い方

「許可を得る」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

ビジネスシーンでは、「許可を得る」機会が多くなります。

仕事を始める時も、進める時も、節目ごとに上司や取引先の「許可を得る」必要があるからです。

また家族が厳しい家で育っている人も、家に帰るのが遅くなる時、外泊する時などに「許可を得る」機会が多くなるでしょう。

さらに部活動などをしている人も、休憩をする時、部活を休む時などに「許可を得る」と思います。

このように、誰かに願い事をして、行動する事を許してもらう必要がある時に、「許可を得る」という言葉を使ってみましょう。

「許可を得る」を使った例文

「許可を得る」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「許可を得る」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「許可を得る」の例文1
  • 「許可を得る」の例文2

「許可を得る」の例文1

「プロジェクトを実行する『許可を得る』ために、役員室に向かった」

この例文のように、ビジネスシーンで何かを始める時は、「許可を得る」必要があります。

特に大きなプロジェクトを実行するためには、部署の判断だけでは足らず、役員の「許可を得る」必要があるかもしれません。

また、仮に「許可を得る」事が必要でなくても、重要人物の意見を聞いておくと、後に面倒がないかもしれません。

水面下で地ならしをしておく事も、「許可を得る」ために重要な作業です。

「許可を得る」の例文2

「中学生の時、アイドルのライブに行く『許可を得る』ため、お手伝いをして機嫌を取った」

この例文のような思い出がある人は、多いかもしれません。

中学生の頃などに、夜開催されるイベントに参加する時は、両親の「許可を得る」必要があります。

ライブ以外にも、花火大会や夏祭りなどに行く時に、両親の「許可を得た」経験があるかもしれません。

icon まとめ

「許可を得る」という言葉の意味や使い方を見てきました。

社会人になると、何かにつけて「許可を得る」必要が出てきます。

早い段階で「許可を得る」という考え方や行動に慣れておくと、会社に入ってから戸惑わないで済むでしょう。