意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「別れ難い」とは?意味・読み方・類語【使い方や例文】

「別れ難い」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「別れ難い」の使い方や、「別れ難い」を使った例文を紹介します。

別れ難い

Meaning-Book
「別れ難い」とは?意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「別れ難い」の意味とは?
  • 「別れ難い」の意味
  • 「別れ難い」の類語や類義表現
  • 「別れ難い」の言葉の使い方
  • 「別れ難い」を使った例文


「別れ難い」の意味とは?

「別れ難い」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

「別れ難い」「わかれがたい」と読む言葉で、一般的に使われる事が多い言葉です。

例えば恋愛中の人なら、「別れ難い」という思いを抱いた経験があるかもしれません。

一方で「別れ難い」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「別れ難い」の意味や使い方を紹介します。

次回「別れ難い」という言葉と出会った時に、すぐに話の内容が理解できるようになるはずです。



「別れ難い」の意味

「別れ難い」にはどのような意味があるでしょうか。

「別れ難い」には、「別れるのが難しい」という意味があります。

例えば、旅行先で出会った人と「別れ難い」と言った時は、その人が良い人で気が合うため、離れたくないという意味があります。

基本的に、旅行先で出会ういい人のように、さみしいから別れたくない、二度と会えなくなるかもしれないから別れたくないというケースが多くなります。

なぜなら嫌いな人と別れる事は、それほど難しくないからです。

このように「別れ難い」には、別れるのが難しいという意味があります。

「別れ難い」の類語や類義表現

次に「別れ難い」の類語や、類義表現を紹介します。

似た意味の言葉を知る事で、「別れ難い」の意味がより立体的に見えてくるかもしれません。

  • 「立ち去り難い」
  • 「踏ん切りがつかない」
  • 「名残惜しい」

「立ち去り難い」

「立ち去り難い」という言葉は、「別れ難い」とよく似ている言葉です。

「立ち去り難い」には、「その場を離れがたい」という意味があります。

例えば仲の良い友達と一緒の時は、家に帰る時間がきても、その場所を離れがたいと感じるでしょう。

また好きな人がいる場所も、立ち去るのが難しく、いつまでも居残って家族の人に怒られてしまう事があります。

「別れ難い」とよく似た感情と言えそうです。

「踏ん切りがつかない」

「踏ん切りがつかない」という言葉があります。

「踏ん切り」とは「思い切って決断する事」という意味なので、「踏ん切りがつかない」は、「思い切って決断する事ができない」という意味になります。

例えばゲームを楽しんでいる時に、宿題を思い出すとします。

本当ならゲームを止める事を決断し、宿題を始める必要がありますが、ゲームが楽しくてなかなか決断できない事があります。

このような状況を「踏ん切りがつかない」と言います。

「名残惜しい」

「名残惜しい」とよく似ている言葉です。

「名残惜しい」には、「別れを惜しむ気持ちが強くて、別れるのが難しい」という意味があります。

ふたつの言葉は言い換える事ができる場面が多いため、セットで覚えておくと語彙が増えて良いでしょう。

例えば合コンや、ホームパーティの終わりが近づいた頃に、どこからともなく「名残惜しい」という言葉を聞く事があります。

社交辞令かもしれませんが、その合コンやホームパーティが楽しかった証拠かもしれません。



「別れ難い」の言葉の使い方

「別れ難い」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「別れ難い」には、「別れるのが難しい」という意味があります。

そのため、別れの場面において使う事が多いでしょう。

旅行先で触れ合った地元の人や、ホームステイ先のホストファミリーなどは、日本に帰ったら二度と会えないかもしれません。

そのため「別れ難い」という気持ちになってもおかしくありません。

また友達との別れの場である、卒業式や、恋愛相手との別れのシーンでも「別れるのが難しい」と感じるかもしれません。

このように本当は別れたくないのに別れなければいけない場面で、「別れ難い」という言葉を使ってみましょう。

また、仕事の関係者といったん離れる時は、「別れ難い」と別れを惜しむ事が社会マナーになるかもしれません。

「別れ難い」を使った例文

「別れ難い」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「別れ難い」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「別れ難い」の例文1
  • 「別れ難い」の例文2
  • 「別れ難い」の例文3

「別れ難い」の例文1

「卒業式が終わったが、『別れ難い』友達がいて、学校から離れられない」

この例文のように、学校の卒業式は、節目の別れの場所になります。

小学校の6年間、中学校の3年間、高校の3年間や、大学の4年間を一緒に過ごした友達とは、卒業だからといって、なかなか別れる気持ちになれないかもしれません。

ほとんどの友達とは、卒業式を機会に会う事はなくなり、一生会わずに終わる事もあります。

そのため卒業式の度に、「別れ難い」という気持ちになる人が多いでしょう。

また、「別れ難い」という気持ちを理解したい時は、卒業式に感じるさみしい気持ちを思い出すといいかもしれません。

「別れ難い」の例文2

「仕事が終わりチームは解散となるが、『別れ難い』チームメイトがたくさんできた」

ビジネスシーンでも、「別れ難い」と感じる事があります。

長期に渡るプロジェクトが終わった時、これで今まで同じ時間を過ごした仲間と会えなくなるのだと思うと、さみしい気持ちになるでしょう。

仕事が大変だった場合、長期間に渡った場合ほど、別れるのが難しいと感じるかもしれません。

仕事を通じてこのような感覚を得る事ができたのは幸せな事かもしれません。

一度は寂しい気持ちに包まれますが、きっと良い思い出が次の仕事に向かうモチベーションにつながるでしょう。

「別れ難い」の例文3

「彼の事はもう好きではないが、不思議と『別れ難い』ため、いつまでも一緒にいる」

この例文のように、好きでもない彼氏や彼女と別れられない人がいます。

様々な理由がありますが、自分でもよくわからないかもしれません。

しかし、好きでない以上、いつまでも一緒にいる事は良くない事です。

新しい出会いを遠ざけてしまうため、機会の損失になってしまいます。

どんなに好きだった相手でも、もう好きでないと気付いたら、別れるようにしましょう。

icon まとめ

「別れ難い」という言葉の意味や使い方を見てきました。

みなさんの思い出の中に、「別れ難い」という感情とセットになったものがあるはずです。

「別れ難い」相手は、素敵な相手でもありますので、「別れ難い」と感じる機会が多いほど、充実した人生になるかもしれません。