意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お節介を焼く」とは?意味【使い方や例文】

「お節介を焼く」の意味や使い方を紹介します。

さらに「お節介を焼く」を使った例文や、「お節介を焼く」人の心理について紹介して行きます。

お節介を焼く

Meaning-Book
「お節介を焼く」とは?意味【使い方や例文】>


目次

  • 「お節介を焼く」の意味とは?
  • 「お節介を焼く」の意味
  • 「お節介を焼く」の使い方
  • 「お節介を焼く」人の心理
  • 「お節介を焼く」の例文


「お節介を焼く」の意味とは?

「お節介を焼く」という言葉を知っているでしょうか。

「お節介を焼く」「おせっかいをやく」と読み、「お節介」「おせっかい」と読みます。

比較的頻繁に使われる言葉のため、聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

また誰かに「お節介を焼く」事を咎められた人もいるかもしれません。

さらに今まさに、誰かに対して「お節介を焼く」行為をしている人もいるでしょう。

一方で、「お節介を焼く」という言葉を、今回初めて目にした人もいるかもしれません。

そこで、「お節介を焼く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

次に誰かに「お節介を焼くな」などと言われた時に、自分の行動を変える事ができるかもしれません。

また誰かに「お節介を焼く」行為をされている事に、気が付くかもしれません。



「お節介を焼く」の意味

「お節介を焼く」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「お節介を焼く」には、「余計な世話を焼く様子」「かえって迷惑な配慮をする様子」という意味があります。

ちなみに「世話を焼く」には、「すすんであれこれと面倒を見る」という意味があります。

ほとんどの場合、誰かに面倒を見てもらうと嬉しい感情を持つはずですが、「お節介を焼く」という言葉を場合は、そのような面倒がかえって迷惑になっています。

また世話の焼き方が間違っていたり、してほしくない行為を頻繁にする人は、「お節介焼き」と呼ばれる事もあります。

このように「お節介を焼く」には、「余計な世話を焼く様子」という意味があります。

「お節介を焼く」の使い方

「お節介を焼く」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「お節介を焼く」には、余計な世話を焼く様子という意味がありますので、そのような行為をされた時、または誰かにしてしまった時に使ってみましょう。

例えば、結婚適齢期になると、親や親戚がお見合いの話を持ってくる事があります。

お見合いの話を持ってきた人からすれば、親切心で相手に良かれと思っての行為でしょう。

しかし結婚適齢期だからといって、結婚したいかどうかは本人次第です。

まるで結婚する気が無い人にとって、突然の見合い話は迷惑でしかないはずです。

このような場合、結婚適齢期の男女から見れば、見合い話を持ってきた人は「お節介を焼く」人と言えます。

このような行為をされた時、または自分がしてしまった時に、「お節介を焼く」という言葉を使ってみましょう。



「お節介を焼く」人の心理

「お節介を焼く」人は、「お節介焼き」と呼ばれるなど、一定数います。

このような人は、どのような気持ちで「お節介を焼く」のでしょうか。

そこで、「お節介を焼く」人の心理を紹介していきます。

  • 「自分の価値観が絶対だと思っている」
  • 「一人がさみしい」
  • 「お節介を焼く相手の事を好き」

「自分の価値観が絶対だと思っている」

「お節介を焼く」人は、「自分の価値観」に自信を持っているタイプの人が多いでしょう。

「これが幸せの形だ」というものがはっきりしている人で、それは万人に共通する普遍的な価値だと思い込んでいます。

例えば「結婚は早い方がいい」という価値観に自信を持っている人は、「30代で独身のままは、かわいそう」「お見合い話を持って行こう」という感じで、「お節介を焼く」事になります。

もちろん価値観は人それぞれで、「結婚はゆっくりでいい」という人もいれば、「結婚しなくても良い」と思っている人もいます。

しかし、自分の価値観が絶対だと思っている人は、他の人が違う価値観を持っている事すら知らず、いつも「お節介を焼く」事になります。

「一人がさみしい」

誰かに「お節介を焼く」人は、さみしい人かもしれません。

友達がいなかったり、話し相手がいないため、世話を焼く形で誰かとコミットしたいのかもしれません。

しかしターゲットになった人からすれば、そのような世話は必要なく、余計な世話を焼かれていると感じる事もあります。

このように、さみしさが原因で「お節介を焼く」人もいます。

「お節介を焼く相手の事を好き」

「お節介を焼く」人は、その相手の事を好きな事があります。

好きだけれど、上手に距離を縮める事ができないため、つい踏み込み過ぎてしまい、相手に「お節介」と感じるような行為をしてしまいます。

もっと素直に恋愛をすれば、「お節介を焼く」という行為に走らずに済むでしょう。

「お節介を焼く」の例文

「お節介を焼く」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「お節介を焼く」を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚える事ができるかもしれません。

  • 「お節介を焼く」の例文1
  • 「お節介を焼く」の例文2

「お節介を焼く」の例文1

「母が『お節介を焼き』、お見合いの日程を決めてしまった」

この例文に登場する母親は、典型的な「お節介を焼く」人と言えます。

本人にその気がないのに、勝手にお見合いの日程を決めてしまう行為は、本人から見れば迷惑行為でしかありません。

「早く結婚した方が幸せになれる」という価値観があり、それを子供に押し付けている形です。

しかし本人は、まだ結婚は早いと思っているかもしれませんし、お見合い結婚はしたくないと思っているかもしれません。

本人が結婚したくなったタイミングで、素敵な人がお見合い相手として現れた時なら、子供もお節介とは思わずに感謝するかもしれません。

一方的な善意の押し付けは、「お節介を焼く」という行為に他なりません。

「お節介を焼く」の例文2

「Aさんは、すぐに『お節介を焼く』ため、周囲の人から距離を置かれている」

この例文に登場するAさんは、本当はいい人で親切心が強い人なのかもしれません。

しかし他人との距離感が少し近すぎるために、疎まれてしまい、周囲の人から距離を置かれてしまっているのでしょう。

少し距離感をコントロールすれば、みんなから好かれる人気者になれるかもしれません。

icon まとめ

「お節介を焼く」という言葉の意味や使い方を見てきました。

親切心から人のテリトリーを侵害してしまい、「お節介を焼く」という行為に至ってしまうことがあります。

相手との距離を縮める時は焦らずに、慎重にじわじわと距離を縮めると良いかもしれません。