意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「マウンティング」とは?意味・読み方【使い方や例文】

「マウンティング」という言葉の意味や特徴を紹介します。

さらに「マウンティング」の使い方や「マウンティング」を使った例文を紹介します。

マウンティング

Meaning-Book
「マウンティング」とは?意味・読み方【使い方や例文】>


目次

  • 「マウンティング」の意味とは?
  • 「マウンティング」の意味
  • 「マウントを取る」
  • 「マウンティング」の使い方
  • 「マウンティング」を使った例文
  • 「マウンティング」する女性の特徴


「マウンティング」の意味とは?

「マウンティング」という言葉を、最近よく耳にします。

特にネットニュースやネットの記事で、「マウンティング」という言葉を見るケースが多いと思います。

みなさんも「マウンティング」という言葉に興味があると思います。

現在使われている「マウンティング」という言葉の意味は後で詳しく紹介しますが、「マウンティング」には語源となるような野生動物の行動があります。

その野生動物とは「サル」の事で、サルは他のサルのおしりに乗り、交尾の姿勢を取ります。

交尾の姿勢を取り、優位を示したサルに対して、他のサルは無抵抗である事を示します。

このようにしてサルの世界は縦社会が作られ、ある意味での平和を保っています。

このサルが威圧する行為を「マウンティング」と呼びます。



「マウンティング」の意味

本来はサルの威圧行動の意味がある「マウンティング」が、現在は人間の行為を表現する言葉として使われています。

「マウンティング」は、相手に対して自分の方が優位であるとアピールする行動を指します。

例えば「学歴自慢」という「マウンティング」があります。

相手と学歴を比べて、自分の方が高学歴だと判断したら、学歴を誇示して相手に「すごい」と言わせるような行動です。

学歴の他にも、経済力や容姿など、「マウンティング」の材料はたくさんあります。

このように「マウンティング」には、相手より優位だとアピールする事という意味があります。

「マウントを取る」

「マウンティング」と似た意味の言葉に、「マウントを取る」という言葉があります。

総合格闘技のファンの人なら、「マウントポジション」を知っていると思います。

相手を仰向けに寝かせて、腰に足を回した絶対的に優位と思われるポジションです。

「マウントを取る」事は、総合格闘技で勝利を意味するような状態と言えます。

同じように「マウンティング合戦」になった場合、どっちが優位に立つかは、プライベートの充実度、そして話術の巧みさが重要です。

このような果たし合いのような「マウンティング」の応酬に勝利するような場面を「マントを取る」という言葉で表現します。

端的に言えば「口喧嘩に勝った」瞬間を「マウントを取る」と言います。

プライドの高い女性が集まると、必ず「マウントの取り合い」になります。



「マウンティング」の使い方

「マウンティング」はどのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

「マウンティング」には、「相手よりも優位である事をアピールする事」という意味があります。

特に女性同士の「マウンティング」の場面が多いので、女性同士が自分の優位性を掛けて争っている様子を見た時に、「マウンティング」という言葉を使ってみましょう。

さらに、誰かに高圧的な言葉を掛けられた時に、「あの人に『マウンティング』されそうになった」と誰かに話す事もできます。

このように「マウンティング」しそうな女性を特定し、その女性の優位さを受け入れないように事前に心の準備をしておく事もできます。

また面倒な女性と距離を置くためにも、威圧的な女性を「マウンティングする人」とレッテル貼りしておくメリットがあります。

「マウンティング」を使った例文

「マウンティング」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「マウンティング」を使った文章を見て行きましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「彼女は高級ブランドのバッグを見せびらかし、ママ友に『マウンティング』し始めた」

この例文に登場する女性は、ママ友に対して経済力による自分の優位性をアピールしている事が分かります。

同じような経済力を誇るママ友が登場すると、着てる服やバッグ、装飾品などを通じて、ずっと「マウントの取り合い」を続ける事になります。

例文2

「友達になれそうだったが、『マウンティング』してきたので距離を置く事にした」

この例文のように、仲良くなれそうな女性と知り合えたのに、その女性の「マウンティング」により、距離を置かざるを得なくなる事があります。

また、たまたま子供自慢をした事が「マウンティング」だと思われて、相手に嫌われてしまうという事もあります。

「マウンティング」をする人が増えていて、そのような人と付き合いたくないと思う人が多いので、何かを自慢しそうな時は自嘲した方が無難でしょう。

「マウンティング」する女性の特徴

最後に「マウンティング」する女性の特徴を見て行きましょう。

身の回りにいる面倒な女性と共通する特徴があるでしょうか。

  • 「学歴を自慢する」
  • 「経済力を自慢する」
  • 「夫自慢をする」
  • 「子供自慢をする」

「学歴を自慢する」

まず自分の学歴を自慢する女性は、「マウンティング」しがちな女性と言えるでしょう。

一般的な会話で、自ら学歴について話す人はほとんどいません。

その女性から学歴の話を振ってきて、結果的にその女性がいちばん高学歴な場合は、「マウンティング」していると見て間違いないでしょう。

「経済力を自慢する」

経済力を自慢する人は、様々な方法で「マウンティング」してきます。

まず高級なバッグなど持ち物を見せびらかして「マウンティング」する方法です。

他にも自宅に招き、高級家具や食器をみせびらかしたり、限定販売のお菓子などを振る舞う事で自分が優位な立場だとアピールする人もいます。

「夫自慢をする」

自分では勝てそうもない相手に、夫の社会的地位や学歴、人脈などの話をして、「マウンティング」してくる人もいます。

「あなたの手柄ではないし、興味もない」と言いたいところではないでしょうか。

「子供自慢をする」

子供の学歴や社会的地位などを自慢して、「マウンティング」しようとする女性もいます。

さらに、自分の子育ての正しさなどをアピールしてきます。

icon まとめ

「マウンティング」という言葉の意味や使い方を見てきました。

みなさんの身の回りにも「マウンティング」してくる女性がいるかもしれませんが、できるだけ距離を置いて相手にしないようにしましょう。

またもしあなたが自分の優位性を誇りたいタイプだとしたら、裏で「マウンティング」してくるタイプだと認定されているかもしれませんので、注意しましょう。