意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「頭隠して尻隠さず」とは?意味・読み方・類語【使い方や例文】

「頭隠して尻隠さず」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「頭隠して尻隠さず」の使い方や例文を紹介していきます。

頭隠して尻隠さず

Meaning-Book
「頭隠して尻隠さず」とは?意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「頭隠して尻隠さず」の意味とは?
  • 「頭隠して尻隠さず」の語源
  • 「頭隠して尻隠さず」の類語
  • 「頭隠して尻隠さず」の使い方
  • 「頭隠して尻隠さず」を使った例文


「頭隠して尻隠さず」の意味とは?

「頭隠して尻隠さず」という言葉を知っているでしょうか。

比較的有名なことわざのため、多くの人が一度以上聞いた事があるのではないでしょうか。

実際に両親やパートナーから、「頭隠して尻隠さず」だと指摘された事がある人もいるかもしれません。

ある程度の世代までは、なじみがあり、親しみがある、ことわざのひとつかもしれません。

一方で、「頭隠して尻隠さず」をまるで知らないという人もいるでしょう。

そこで、「頭隠して尻隠さず」の読み方と意味を紹介します。

「これは最近の自分の様子だ」と気付くような人も、中にはいるかもしれません。

  • 「頭隠して尻隠さず」の読み方
  • 「頭隠して尻隠さず」の意味

「頭隠して尻隠さず」の読み方

「頭隠して尻隠さず」「あたまかくしてしりかくさず」と読みます。

「頭隠して」「あたまかくして」「尻隠さず」「しりかくさず」と読みます。

特に難しい漢字は使われていませんので、読み間違える事はないでしょう。

「頭隠して尻隠さず」の意味

「頭隠して尻隠さず」には、どのような意味があるでしょうか。

この言葉には、「欠点や悪事などの一部を隠しただけなのに、すべてを隠したつもりでいる事」という意味があります。

例えば、お祭りの時に親に内緒で、屋台でたこ焼きを買って食べたとします。

急いでたこ焼きを口の中に詰め込んで、買い食いした事実を隠したつもりでいます。

しかし、口の周りには青のりとソースがべったりついていたら、すぐにばれてしまうでしょう。

このように、「頭隠して尻隠さず」には、悪事の一部を隠ぺいしただけなのに、完全犯罪だと思い込んでいるような人の様子を、バカにするような意味があります。



「頭隠して尻隠さず」の語源

「頭隠して尻隠さず」にはどのような語源があるでしょうか。

そもそも「頭隠して尻隠さず」は、「江戸いろはかるた」のひとつとして生まれています。

江戸いろはかるたには、今でもみんなが普通に使っているような、「頭隠して尻隠さず」のようなことわざが、たくさん登場しています。

「頭隠して尻隠さず」は、雉が猟師や犬などに追われて、草むらの中に頭を突っ込んでいる様子から生まれています。

雉からすれば、草むらの中に完全に隠れてるような気分になっていますが、猟師や犬から見れば、下半身が丸見え、特に目立つしっぽが丸見えになっています。

この雉の愚かさを笑ったことわざが、「頭隠して尻隠さず」です。

「頭隠して尻隠さず」の類語

「頭隠して尻隠さず」には、どのような類語があるのでしょうか。

似た意味を持つ言葉を見て、この言葉の深い意味を知りましょう。

  • 「柿を盗んで核を隠さず」
  • 「団子隠そうより跡隠せ」

「柿を盗んで核を隠さず」

「柿を盗んで核を隠さず」「かきをぬすんでさねをかくさず」と読みます。

この言葉には、柿を盗んで食べた人が、種を隠さないでいたため、悪事が発覚してしまうという意味です。

「頭隠して尻隠さず」と似た意味の言葉で、悪い事をしておきながら、証拠を隠す事ができないおろかさを言葉にしたものです。

「団子隠そうより跡隠せ」

「団子隠そうより跡隠せ」「だんごかくそうよりあとかくせ」と読みます。

この言葉には、団子を盗んで食べた人が、串を片づけていないため、悪事が発覚してしまうという意味があります。

悪事は思わぬところから、発覚してしまうものだという意味があります。

「頭隠して尻隠さず」の仲間といえるような、似た意味の言葉です。



「頭隠して尻隠さず」の使い方

「頭隠して尻隠さず」はどのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

この言葉には、「欠点や悪事などの一部を隠しただけなのに、すべてを隠したつもりでいる事」という意味があります。

そこで、自分の欠点を隠したつもりで隠せていない人、悪事を隠そうとして、隠せていな人を見た時に、「頭隠して尻隠さず」という言葉を使ってみましょう。

例えば職場に、社内恋愛をしているカップルがいるかもしれません。

二人は恋愛中だという事を隠して、誰にも気づかれていないと思っているかもしれませんが、周囲からすればバレバレで、周知の事実になっている事があります。

このような隠し方が甘いカップルの様子を「頭隠して尻隠さず」という言葉で表現する事ができます。

「頭隠して尻隠さず」を使った例文

「頭隠して尻隠さず」を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「頭隠して尻隠さず」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「頭隠して尻隠さず」を使った例文を紹介します。 「同じ職場のA君とBさんは、隠しているけれど、恋愛中なのがあきらかだ。なぜなら二人から同じ香水の匂いがしていて、二人で手をつないで歩いているのを何人もの同僚が目撃しているからだ。『頭隠して尻隠さず』とは、このカップルの事だ」

この例文に登場するA君とBさんのように、社内恋愛は隠そうと思ってもどこかでばれてしまうものです。

「頭隠して尻隠さず」になりやすい、典型的なパターンと言えるでしょう。

例文2

恋愛の場面における、「頭隠して尻隠さず」を使った例文を紹介します。

「夫は、浮気をしていないふりをしているが、浮気しているのは確実だ。なぜなら私は夫のスマホのパスワードを知っているので、LINEでメッセージをやりとりしているのを確かめている。夫は何事もないように自然に振る舞っているつもりだが、『頭隠して尻隠さず』の状態だ」

この例文の夫のように、浮気を隠そうとしているのに、決定的な浮気の証拠を握られてしまう人がいます。

特にスマホには、見られたらおしまいになるような、様々な証拠が詰まっているはずです。

このような夫の行動も「頭隠して尻隠さず」の代表例と言えるでしょう。

icon まとめ

「頭隠して尻隠さず」という言葉の意味や使い方を見てきました。

昔からこの言葉に親しんでいた人も、これを機会に「また使ってみよう」と思ったかもしれません。

身の回りにいる誰かが、このことわざ通りの行動を取ったら、「頭隠して尻隠さず」という言葉を使ってみましょう。