意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「処理落ち」の意味とは?「バグ落ち」との違い、使い方や例文を紹介!

PCやゲームは、現代人の生活にすっかりお馴染みのアイテムとなっています。

だからこそ知っておいてほしいのが「処理落ち」という言葉です。

「処理落ち」とはどんな現象を指しているのか、またバグなど他の言葉との違いについても見ていきましょう。

処理落ち

Meaning-Book
「処理落ち」の意味とは?「バグ落ち」との違い、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「処理落ち」の意味とは?
  • 「処理落ち」と「バグ落ち」の違い
  • 「処理落ち」と「重い」の違い
  • 「処理落ち」の言葉の使い方・例文や短文・解釈
  • 「処理落ち」の英語と解釈
  • 「処理落ち」する時に多い原因


「処理落ち」の意味とは?

コンピューターの中でプログラムに記載された命令を処理・実行するハードウェアがプロセッサです。

しかし、このプロセッサの能力などの問題により、従来一定の間隔で行われるはずの処理が正しく行われない事があります。

この現象がいわゆる「処理落ち」です。

もし、ゲーム中にこの処理落ちが発生すると、表示されるべきキャラクターが消えたり動きが滑らかではなくなり、スローモーションのようになるといった現象が発生します。



「処理落ち」と「バグ落ち」の違い

そもそも「バグ落ち」「バグ」とは虫の意味であり、パソコンやゲーム用語として使われる場合は、プログラミングの誤りを指すものです。

プログラムの中に誤りがあると、ゲーム中に突然画面がフリーズをしたり画面が消えたりという現象が起こり、これをバグ落ちと言います。

バグは簡単にいうと人為的なミスによる間違ったシステム構築やプログラム誤記などによる不具合の事だと言えるでしょう。

つまりソフトウェアの能力上の問題により、処理が一定間隔で行われなくなった「処理落ち」とは、根本的に違う現象を指しているのです。

「処理落ち」と「重い」の違い

ゲームなどの動きが遅くなる事を「重い」と表現します。

例えば動画やゲームがスムーズに動かなくなったり、パソコンやスマホの反応が遅くなることが「重い」と言われる現象です。

現在では、動きや反応が遅くなることを指して「重い」という事が多くなります。

ただ「処理落ち」により動きが滑らかではない等の現象を指して「重い」というケースもあり、両者はイコールではないものの違うとも言えないのです。

ですが「処理落ち」によりキャラクターが消えたり、チラつくなどの現象を「重い」と表現することはありません。



「処理落ち」の言葉の使い方・例文や短文・解釈

最近では「処理落ち」という言葉を使用せず、別の言い回しをする人も増えてきました。

今よりもコンピューターの性能が劣っていた時代の方が「処理落ち」という言葉は使われていたものです。

そのため「処理落ち」といっても意味が通じなかったり、間違った解釈をしている人も少なくありません。

いったい「処理落ち」は、どんな時に使用する言葉なのでしょうか。

  • 「処理落ち」の例文1
  • 「処理落ち」の例文2
  • 「処理落ち」の例文3

「処理落ち」の例文1

「このアクションゲームは、よく処理落ちをするのがストレスた」

ゲーム中に処理落ちをする事によって、ゲームを満足に楽しめなかったり、ゲームに悪影響を及ぼしてしまう事があります。

ですから、このような例文の「処理落ち」は、悪い意味で使われているものです。

「処理落ち」の例文2

「昔のファミリーコンピューターは、よく処理落ちをしていたものだ」

この例文からも分かるように「処理落ち」は、古いゲーム機やパソコンではよく見られた現象でした。

もちろん今でもゲーム画像の進化による容量の大きさにより「処理落ち」をするケースがあります。

しかし、一般的に昔の製品の方がよく「処理落ち」をしたという印象を持っている人も少なくありません。

「処理落ち」の例文3

「ゲームの中には処理落ちをする仕様のものもあるそうです」

シューティングゲームなどの中には、処理落ちする事が限定で作られた製品もあります。

こういった「処理落ち」は、演出のひとつして受け入れられているケースが多いでしょう。

「処理落ち」の英語と解釈

処理落ち meaning in english

「処理落ち」を英語にすると“slow down”が一般的てしょう。

“slow down”は、速度が遅くなるという意味であり、つまりソフトウェアの速度、処理が遅くなるという現象をそのまま表している英語だと言えるでしょう。

英語で「処理落ち」を表現するとなると、とても難解な文になりそうてすが、実はこんなにもシンプルな表現をすることが可能なのです。

「処理落ち」する時に多い原因

処理落ちは、100%防げるかという難しい問題です。

処理落ちありきのゲームが存在している事も事実ですから、ある程度は許容が必要な場合もあります。

しかし中には、プレイが大きく阻害されるなど、ストレスになるケースも少なくありません。

そこで「処理落ち」に多い原因を考えてみましょう。

  • 機器の性能の低さ
  • メンテナンス不足

機器の性能の低さ

PCなどの性能が低いと当然処理能力も低くなります。

すると高画質だったり、細やかな演出のある容量の大きなゲームなどは本来の速さによる処理が不可能になってしまいます。

そのため、動きがスローになったり止まったり、またはきちんと表示されなくなるなどの不具合(処理落ち)が発生するのです。

メンテナンス不足

ソフトウェアのメンテナンスをきちんとしていないせいで、処理落ちが発生するケースもあります。

バックグラウンドで不要なアプリが稼働している場合などは、メンテナンスをする事で処理落ちを解消出来るでしょう。

自分では気がついていなくても、無駄なアプリが働いているのは、よくある事です。

icon まとめ

「処理落ち」という言葉を知らなくても、PCを使っているならば実際に多くの人が処理落ちを経験しているはずです。

動きが遅くなる、表示されるべきものが画面上から消えるもいった現象が起こったら「処理落ち」の可能性を疑ってみましょう。