意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「今風」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

今風のチェンジという言葉があります。

これは世代交代という意味になります。

世代交代としての、また産業基盤としての今風が、実は一般市民のはやりとなるのです。

今風

Meaning-Book
「今風」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「今風」の意味とは?
  • 「今風」の読み方
  • 「今風」の語源や由来
  • 「今風」の使い方・例文や短文・解釈
  • 「今風」の英語と解釈
  • 「今風」の類語
  • 「今風」を使った言葉と意味を解釈
  • 「今風」の対義語


「今風」の意味とは?

今風の意は、今のようなという表現です。

今のようなでは、現代のはやりとは少し違った雰囲気としての表現手法になります。

今風であるというのは、今のはやりよりもう少しロングスパンな考え方になり、今の様式のという表現がベストとなります。



「今風」の読み方

今風の読み方は、いまふうとなります。

今風という表現は、はやりや旬という言葉にも置き換えられますが、今風とすると、だいたい10年ぐらいの産業の波をあらわすことが可能でしょう。

今風なとすれば、あたらしいというよりも、現代の様式に沿ったという内容がふさわしくなります。

「今風」の語源や由来

今風の語源としては、今の風が吹いているという意から派生しています。

今の風というのは、いまちょうど心地良い風が吹いているというより具体的な意にも沿います。

また、風という表現でその雰囲気の流れや、時代の風という表現もありますので、今の風というのは、その時代雰囲気を言い表す用語にもなります。



「今風」の使い方・例文や短文・解釈

今風の使用法は、今風であるという言葉を流行り用語にしないことが大切になります。

つまり、旬やそのほかの流行という意味での、デザインではなく、今風の在り方を大事にする趣が非常に重要です。

今風という響きには、やはり数年で終わるようなものであると、流行に近くなってしまいます。

  • 「今風」の例文1
  • 「今風」の例文2
  • 「今風」の例文3

「今風」の例文1

「今風の流れに沿えば、これはもう古いです」

今風の流れというのは、ある程度の時代の在り方を示しています。

これは、今風に則するやり方として、製品開発からその事業の中での様相を具現化するという目的に沿うものです。

つまり、社風や人事に於いても、事業体の中では今風でなくてはならないのです。

「今風」の例文2

「今風の趣が、非常に新しいです」

今風のテイストという表現で言い表す事ができます。

今風のやり方や、今風の方針とすれば、非常にあたらしい事業であるとか、その産業の中における在り方が、受け入れられやすいという内容になります。

今風の感じという表現も可能でしょう。

「今風」の例文3

「今風のデザインは、今後何年続くでしょうか」

今風のデザインという感懐は、それが売れ筋になるという意に即しています。

つまり、今風でなくては商材は売れないという図式も考えられます。

そして、今という時代に沿って、いつも時代は流れていきます。

商材の耐久年数は、その実物とデザインの今に即するでしょう。

「今風」の英語と解釈

今風 meaning in english

今風の英語は、“modern style”です。

「今風」の類語

今風の類語は、ナウや流行そしてはやりというものがあります。

流行りは感じの混じりとして書いても結構になります。

流行りという表現手法に関しても、そのはやりがありますので、時代と共に、こういった流行の兆しという表現は、すぐに廃れる可能性があります。

  • 「ナウ」
  • 「流行」
  • 「はやり」

「ナウ」

ナウはナウいという表現として、時代の中に沿う形があります。

なう時代は英語ですが、それを日本語として形容詞の表現に作り変えたものです。

そして、ナウということばには、そのカタカナ英語としての、日本のハマり方があります。

ナウでは、時代と総称することも可能です。

「流行」

流行という文字は、たしかにはやりというものを表現しています。

そして、今風よりもより斬新なイメージがするでしょう。

そのスパンとしても、シーズンとしての流行がありますし、一年や三年単位での流行があります。

「はやり」

はやりという表現は、そのはやりもあるというものです。

つまり、時代のあたらしさを含む表現方法は、その方式がすぐに古くなってしまうという難点があります。

このはやりという感懐も、その市民の短期的な用例に従っての事になりますので、古びたはやりというものもあるのです。

「今風」を使った言葉と意味を解釈

今風を使用した言葉は、その産業・経済の波として考えるほうが良いでしょう。

これは、今の風として考える産業基準としての認識がリードします。

それを利用する方式に依って、一般消費者がどのようにそれを捉えるのかがきっかけになるのです。

つまり、今風の産業というものが、どれだけの耐久度をもっているかについても考えなくてはなりません。

  • 今風の家
  • 今風の髪型

今風の家

今風の家という表現は、その産業自体のスパンと書かわってきます。

今風の家では、ほぼ10年間ぐらいのデザインのあたらしさがあるでしょう。

これは、今風のデザインという形式よりも、今風の建築様式ということばに即するほうが、一番の産業方策となります。

構造の力学に依っても、今は限定されるのです。

今風の髪型

今風の髪型というものがあります。

今風という考え方では、それが、一年から二年ほど続くとみてよいでしょう。

この今風の観念は、デザインヘアという考え方に基づいています。

そして、そのヘアスタイルが時代を追って様式を異なるものへチェンジしていく様相があります。

文化としての民間人の意識は、その時代の概念を表します。

「今風」の対義語

今風の対義語としては、「古風」です。


icon まとめ

今風という様式があります。

今風に則するというやり方は、やはり産業の法則とも呼べるでしょう。

産業をリードするという考えから、その今風は誕生していきます。