意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「オープンワールド」の意味【使い方や例文】

今ではいろいろな意味の言葉が次々と出てきます。

新しい言葉にはオープンワールドという言葉もるので、紹介します。

Meaning-Book
「オープンワールド」の意味【使い方や例文】>


目次

  • 「オープンワールドゲーム」の意味とは?
  • 「オープンワールド」の英語
  • 「オープンワールド」の言葉の使い方
  • 「オープンワールドゲーム」を使った例文と解釈
  • 「オープンワールド」で有名なもの
  • 「オープンワールドゲーム」の魅力


「オープンワールドゲーム」の意味とは?

  • 広大な地域を探索
  • 自由度が高い

広大な地域を探索

オープンワールドゲームとは英語におけるコンピュータゲーム用語になります。

舞台となる広大な世界を動き回って探索をすることや、ゲームのミッションを攻略できるように設計されたレベルデザインに指す言葉になります。

狭い空間で行うゲームはオープンワールドゲームとは言いません。

自由度が高い

ロールプレイングゲームのような一本道のストーリーを追うだけのストーリーではなくて、自分の遊びたいように遊ぶことができるゲームになります。

ゲームの攻略順も一部を除けば自由であり、クリアしてもしなくても良いものがあります。

プレイが一本化しているものや、必ずゲームを進めるためにあるアイテムが必要なものはオープンワールドゲームではありません。



「オープンワールド」の英語

オープンワールドは英語に訳すとOpen Worldとなります。

アメリカで発売されている広大な世界を自由に動き回ることができるゲームには、このOpen Worldの言葉を使うことができ、多くのOpen Worldのゲームが発売されています。

「オープンワールド」の言葉の使い方

オープンワールドは広範囲で自由度の高いゲームに使うことができます。

ゲームの種類で言えばサバイバルゲームやマップに切り替えがないもの、データ読み込みが無いゲームに対してオープンワールドという言葉を使うことができます。

3D仕様になっているゲームでは、自分があたかもゲームの空間にいるような感覚であり、自由度を満喫することができればオープンワールドと使用することができます。



「オープンワールドゲーム」を使った例文と解釈

オープンワールドゲームの使い方は例文と解釈を見ることである程度理解することができるようになります。

  • 自由に狩りや農作物を育てることができるオープンワールドゲームは開放感がある

自由に狩りや農作物を育てることができるオープンワールドゲームは開放感がある

これは、オープンワールドゲームをしていて、自分のしたいことを自由にすることができて満足していることになります。

1つの作業だけでなく複数のことを自由にできることで、オープンワールドゲームの醍醐味を感じていることを表現しています。

「オープンワールド」で有名なもの

  • 「ウォッチドッグス2」
  • 「ザ・クルー2」

「ウォッチドッグス2」

これは、マップがかなり広く設定されており、一周するだけでもかなりの時間は必要になります。

また、舞台はサンフランシスコとなっています。

主人公を操作してゲーム内のあらゆるものをハッキングしていき、ミッションをクリアしていきます。

今回ハッキングの使い方はいろいろな使い道があるので、プレイヤーの自由度も広くなっています。

場所による変化もあり有名な作品です。

「ザ・クルー2」

これはオープンワールドのレースゲームになります。

マップの広さはアメリカ全土になっており、マップを一周するのに1時間ほどかかります。

アメリカ全土をレースで走るため、アメリカのいろいろな観光地にも行くことができますし、車だけでなく飛行機やボートでのレースも楽しむことができます。

多彩なレースを楽しむことができるオープンワールドゲームになります。

「オープンワールドゲーム」の魅力

オープンワールドゲームは広大な世界を自由に移動でき、いろんなことをすることができるので、ゲームの縛りがあまりありません。

遊び方は自分次第で大きく変わってきますし、やり込み要素も高くなっています。

自由にゲームができることが魅力になります。

icon まとめ

オープンワールドゲームはゲームの種類として新しいかもしれませんが、とても人気のあるゲームになります。

ぜひ、この内容からオープンワールドゲームをしてみてください。