意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見直しを図る」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

仕事をしていると、当初、予定していた計画の見通しが不透明になることがよくあります。

計画が順調に進めばいいのですが、様々な課題や問題が発生して、スムーズに事が運ぶことが、意外と少ないかもしれません。

営業や技術の部門でも、製品開発や販売計画の実行プランを立てて進めていくことが当然のことなのですが、障害や大きな壁が立ちはだかることの方が多いのではないでしょうか?

しかし、そのような時こそ、関係者が集まり議論・協議を重ねて、課題解決に力を結集していくのです。

このような時に出てくる言葉が「見直しを図る」というもので、私達のビジネスを取り巻く環境では、このアクションを起こすことが日常茶飯事だと思うのです。

ただ、多くの先輩社員や上司が「見直しを図る」という言葉を使っていても、新入社員にとっては慣れない言葉かもしれません。

ここでは、この言葉がどのようなシーンで活用されているのかを見ていき、使えるビジネス用語をしてマスターしてもらえればと思います。

見直しを図る

Meaning-Book
「見直しを図る」の意味・類語・対義語【使い方や例文】>


目次

  • 「見直しを図る」の意味とは?
  • 「見直しを図る」を分解して解釈
  • 「見直しを図る」の言葉の使い方
  • 「見直しを図る」を使った例文・短文(解釈)
  • 「見直しを図る」の英語
  • 「見直しを図る」の似た意味・類語や言い換え


「見直しを図る」の意味とは?

「見直しを図る」という言葉は、「今まで取り組んできた実行手段のあり方を改めて検討し直して、実行する」という意味があります。

このアクションは、ビジネスで事業活動をしている中では、色々な部門や職種で行われていることなので、社会人になると、誰でも経験することと言えるでしょう。

  • 「見直しを図る」の読み方

「見直しを図る」の読み方

「見直しを図る」は、「みなおしをはかる」という読み方になります。



「見直しを図る」を分解して解釈

ここでは、「見直しを図る」「見直し」「図る」の2つの言葉に分けて個別に言葉の意味を見ていくことにします。

  • 「見直し」
  • 「図る」

「見直し」

「見直し」という言葉は、「もう一度改めて見る」、あるいは、「その結果気づいた欠点を是正する」という意味があります。

「提出前に論文を見直す」「仕事の進め方を見直す」などの場面で使われています。

また、「それまでの認識を改めること」「景気などが回復してよいほうに向かう」などの意味合いも含まれており 「事業の鈍化で新しい市場を見直すことにした」という使い方もできます。

「図る」

「図る」は、「計画を立てて実現を目ざす」という意味があり、「根本的な問題の解決を図る」「仕事の合理化を図る」「便宜を図ってもらう」などのシーンで用いられる言葉です。

尚、「はかる」には、「時間や程度を調べる」「物差し・枡(ます)・秤(はかり)などを用いて、物の長さ・量・重さなどを調べる」ことて「測定する」「計測する」という意味がある「計る」と活用法を混同することがあるので、注意が必要です。

「見直しを図る」の言葉の使い方

「見直しを図る」を使う場面は、何か物事を進めているうちに、進捗度合いがよくなく、問題にぶつかったときに、計画を見直す時になることが多い表現です。



「見直しを図る」を使った例文・短文(解釈)

では、ここで「見直しを図る」を使った例文を見ていくことで、実際にどのような時に使うことができるかを理解してください。

  • 「見直しを図る」の例文1
  • 「見直しを図る」の例文2
  • 「見直しを図る」の例文3

「見直しを図る」の例文1

「当社は翌年からは抜本的な見直しを図り、この事業を再スタートさせることにしたのです」

企業では、数多くの事業を手掛けていますが、その中には、環境変化や当初の見立てが甘くて、進み具体が芳しくないことがあります。

このような時は、当初の計画の内容のあり方を根本的に再検討して改革することがありますが、単なる一部の計画修正では、全く意味のない時に出てくる事象でしょう。

「見直しを図る」の例文2

「教育政策としては、以前から議論されている「教育の自由化論」「学校スリム化論」などを踏まえながら、「ゆとり教育論」を見直し、その全体計画の見直しを図ることになった」

教育のあり方については、数年に1度のペースで改革が実行されていますが、その時々において、色々な進め方が有識者の間で議論されることになります。

「見直しを図る」の例文3

「自社によるエンジニアの教育プログラムや自社整備の改革、製造過程の見直しを図ることで、累積赤字から脱却できる見通しがたったのです」

企業は黒字を出すことがステークホルダーとの契約でもあるのですが、長年の累積赤字を出している事業は、撤退するか、抜本的な改革が必要になってきます。

しかし、諸々の改善を積み重ねていく活動も必要不可欠なことです。

「見直しを図る」の英語

見直しを図る meaning in english

「見直しを図る」を英語で表現すると、“Improve the review”となります。

「見直しを図る」の似た意味・類語や言い換え

「見直しを図る」の似た意味を持っている類語には、どのようなものがあるでしょうか?

ここでは、いくつか言い換えが可能な言葉を挙げていきます。

  • 「再検討を行う」
  • 「再吟味する」
  • 「改善を図る」

「再検討を行う」

「再検討を行う」「検討」とは、「物事を色々な面からよく調べて、それでいいかどうか考えること」という意味がありますが、この活動を再度実施することを指しています。

事業を進めていく中では、「再検討を行う」ことは、身近な活動の1つであることは言う間でもありません。

「再吟味する」

「再吟味する」「吟味」は、「理論・品質・内容などについて、詳しく調べ確かめること」ということになるので、「再吟味」も、この活動を再度行うこことです。

簡単に言うと、「吟味し直すこと」という意味になります。

「改善を図る」

「改善を図る」「改善」「悪い(劣った)ところを改めて、よくすること」「より良いものしようと対応を試みるさま」という意味があります。

ビジネスでは、メーカーであれば、製品開発の設計や製造過程の「改善を図る」ことがよくあります。

icon まとめ

「見直しを図る」という行動は、企業で働くビジネスマンでは、ごく当たり前の活動なので、決して特別なことではありません。

むしろ、このような「見直しを図る」活動を続けていくことで、企業も社員である個人も常に変化・進化していくことができると思います。

したがって自分の前で、大きな障害が発生した時は、決して逃げようとせずに、「見直しを図る」姿勢に臨んでいくことが重要です。

新入社員にとっては、精神的に重たいことかもしれないので、先輩社員、上司を相談をしながら、効果のある計画の再検討することを経験して、ノウハウを蓄積していくことが大切です。