意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「親睦を深める」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

人は生活していく中で色々な出会いがあり、その人々の関係を強くしていくことで、生きる楽しさが意義深いものになってきます。

仕事でも同じことで、何事をするにも決して1人では何もできないことが多々あります。

自分1人でできることはたかが知れており、誰かとの触れ合いが存在して初めて、有意義な時間を過ごすことができると思うのです。

そのような時に、ふと頭の中をよぎる言葉が「親睦を深める」というものです。

親睦を深める

Meaning-Book
「親睦を深める」の意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「親睦を深める」の意味とは?
  • 「親睦を深める」を分解して解釈
  • 「親睦を深める」の使い方
  • 「親睦を深める」を使った例文・短文(解釈)
  • 「親睦を深める」の英語
  • 「親睦を深める」の類語や言い換え


「親睦を深める」の意味とは?

「親睦を深める」という言葉は、私達の日常生活の中でよく使われる表現ですが、「親睦」という言葉自体の意味を深く理解しなくて何となく使っている人もいるかもしれません。

では、「親睦を深める」とは、どのような意味を持っているのでしょうか?

「親睦を深める」とは、「よりいっそう仲良くなること」、あるいは「親しさを増すこと」という意味になります。

人は自分の家族や職場の同僚だけでなく、近隣の人々や国・文化・習慣の異なる人達との親睦を深めることで、親しい間柄になって円滑な人間関係を深めることができるのです。

  • 「親睦を深める」の読み方

「親睦を深める」の読み方

「親睦を深める」は、「しんぼくをふかめる」という読み方になります。



「親睦を深める」を分解して解釈

では、この「親睦を深める」「親睦」「深める」の2つの言葉に分解して各々の言葉の意味を見ていくことにしましょう。

  • 「親睦」
  • 「深める」

「親睦」

「親睦」とは、「互いに親しみ合うこと」「仲よくすること」という意味になります。

幼い子供でも、見知らぬ子供と「仲良くすること」で次第に自分の行動範囲に広がりが生まれてくるくらいですから、他人と「仲良くすること」はとても大切なことと思います。

「親睦」「睦」という字にも着目したのですが、この文字には、「目の結びつき」または「目のつながり」という意味があります。

「目は口ほどに物申す」という言葉がありますが、それくらいに気持ちがストレートに出てくるものです。

相手を理解して心の結びつきを表現している文字と言えるのですが、「睦」「目」を除いた部分の字を「ろく」と発音しますが、その意味が「結びつく」「つながる」となります。

「睦」は、何となく「硬質で暗い」印象があるのですが、その意味はむしろ、ポジティブでどこか温かく優しい思いが込めらえているように思えます。

このことから、「親睦」「他との結びつき」を強く意識した言葉なのかもしれませんね。

「深める」

「友好を深める」といったような時に用いられる「深める」とは、「物事の度合を深くする」という意味があります。

「深める」は、「知見を深める」という場合にも使われており、「精通する」というような意味合いも感じ取ることができます。

「精通する」には、「ある物事について詳しく知っていること」「物事によく通じていること」という意味があるのですが、「深める」にも似たような意味が込められいます。

そのようなことから、「深める」は、「?に詳しくなる」「?を知り尽くす」と、その度合いを強くしていくことから、「親睦を深める」という言葉が出来上がった時に、「人の関係を強くしていく」という解釈ができるのではないでしょうか?

「親睦を深める」の使い方

「親睦を深める」を使う場面は、当然、人との関係を強めていく時に使われることになりますが、職場においては同僚、社外においては取引先や新規顧客、学生時代であれば新しいクラスメートや懐かしい同級生から、国際交流まで、「親睦を深める」対象となるでしょう。



「親睦を深める」を使った例文・短文(解釈)

ここからは、「親睦を深める」を使った例文を見ていくことで、具体的な使用ケースを理解していくことにしましょう。

  • 「親睦を深める」の例文1
  • 「親睦を深める」の例文2
  • 「親睦を深める」の例文3

「親睦を深める」の例文1

「日常は、親睦を深めるために、社内旅行や懇親会などの幅広い活動をしていくことにした」

今、企業の多くで、社内旅行をする機会が減っていると聞くことがありますが、これも時代の変化なのでしょうか?

新入社員は、自分のプライベートな予定やスケジュールを優先しがちというのですが、やはり何らのの機会を作って「親睦を深める」ことが必要かもしれません。

「親睦を深める」の例文2

「チームメンバーの親睦を深めるために。慰安旅行は年1回はキープしていきたい」

ここでも、チームのメンバーの結びつきを強くするために、定期的な交流を深める機会が必要です。

ここでは「慰安旅行」という機会を作ろうしていますが、必ずしもこれだけでなく、他に色々なイベントやチャンスがあるはずです。

「親睦を深める」の例文3

「試合が終わって相手と親睦を深めることも、スポーツの魅力と言えます」

プロスポーツでも、「親睦を深める」パーティーが催されることがしばしばありますが、これもお互いの活躍を認め合い、競争することで相互が進化していくことを目的とすることがあります。

お互いのしのぎを削って自分の力を高めるためには、「親睦を深める」ことも大切なことです。

「親睦を深める」の英語

親睦を深める meaning in english

「親睦を深める」を英語で表現すると、“To deepen a friendship”という英文で訳すことができます。

「親睦を深める」の類語や言い換え

では、「親睦を深める」という言葉を他の言葉で言い換えるなら、どのようなものがあるでしょうか? ここでは、「親睦を深める」の類義語を見ていくことにします。

  • 「交流を深める」
  • 「関係を育む」
  • 「親交を深める」

「交流を深める」

「交流を深める」という表現が「親睦を深める」の類義語として挙げることができます。

意味は「交流して親密さを増すこと」ということになりますが、「交流」「違った系統のものが互いに行きかい入り混じること」と言う意味があります。

「ライバルとの交流」「新入社員との交流」というような文がありますが、「全く分野の異なる人との交流」は自分の知識を高めるいいチャンスかもれいません。

「関係を育む」

「他との関係を深める」という意味が、「関係を育む」となるのですが、「関係」自体に「1つまたは1組のものが他に対し持つ何らかのつながり」という意味がありますので、「関係を育てていくこと」で新しい流れを作ることができると思います。

「親交を深める」

「親交を深める」という言葉も「親睦を深める」の類義語になり、「人付き合いの親しさを増すこと」「親しい付き合いを深くしていく」ということになります。

icon まとめ

「親睦を深める」という言葉は、人とのつながりを強くして相互理解を深めていくという素晴らしい意味があります。

私達は日頃の生活やビジネス活動の中で、このような気持ちを大切にして生きていくことにしたいものですね。