意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「年端もいかない」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「年端もいかない」の意味や類語を紹介します。

さらに「年端もいかない」の使い方や「年端もいかない」を使った例文を紹介します。

Meaning-Book
「年端もいかない」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「年端もいかない」の意味とは?
  • 「年端もいかない子供」は何歳くらい?
  • 「年端もいかない」の使い方
  • 「年端もいかない」を使った例文
  • 「年端もいかない」に似た意味の言葉・類語や言い換え


「年端もいかない」の意味とは?

「年端もいかない」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

小説を読むなど、文学的趣味がある人なら、この言葉を聞いた事があるかもしれません。

一方で、「年端もいかない」という言葉を、今回初めて目にしたという人もいるでしょう。

どのような意味があるか、まるで見当がつかないという人もいそうです。

そこで「年端もいかない」の読み方と意味を紹介します。

  • 「年端もいかない」の読み方
  • 「年端もいかない」の意味

「年端もいかない」の読み方

「年端もいかない」「としはもいかない」と読みます。

「年端」「としは」と読みます。

ほとんど見かけない言葉だと思いますので、初見で読むのは難しいかもしれません。

これを機会に「年端もいかない」「としはもいかない」と読む事を覚えておきましょう。

「年端もいかない」の意味

「年端もいかない」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「年端」とは「年齢」を意味する言葉で、「年齢がいっていない」、つまり「年齢が一人前に達していない」という意味になります。

さらに「まだ若い」という意味や「幼い」という意味になります。

そのため、「年端もいかない少年」という文章は、「まだ幼い少年」という意味になります。

このように、「年端もいかない」には、「まだ若い」「幼い」という意味があります。



「年端もいかない子供」は何歳くらい?

「年端もいかない」という言葉には「幼い」「まだ若い」という意味があります。

「年端もいかない子供」という表現がありますが、具体的には何歳くらいの子供なのか、気になる人も多いと思います。

「年端もいかない子供」が、具体的にどの程度の年齢を指すのかは、使う人によって意見が分かれるところです。

「年端」という言葉は「年歯」とも書くことから、永久歯が生える前とイメージする事ができます。

すると、小学校の低学年程度あたりまでの年齢という想像ができます。

せいぜい小学生全般くらいまでが「年端もいかない子供」と考えていいのではないでしょうか。

「年端もいかない」の使い方

「年端もいかない」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「年端もいかない」には「まだ若い」「幼い」という意味があります。

また「年端もいかない子供」という場合、小学生低学年程度の子供を想定していると考えられます。

そこで、小学生程度の幼い子供について話をしたり文章を作る時に、「年端もいかない」という言葉を使ってみましょう。

例えば、「彼女はしっかりして見えるが、『年端もいかない』少女に過ぎない」という文章は、彼女はしっかりしているように見えるけれど、まだ幼い少女だという意味になります。

このように「まだ幼い子供」という点をアピールしたい時に、「年端もいかない」という言葉を使ってみましょう。



「年端もいかない」を使った例文

「年端もいかない」を使った例文を紹介します。

様々な場面における「年端もいかない」を使った文章を見て、この言葉の使い方を知りましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「年端もいかない」を使った例文を紹介します。

「彼女は部長として仕事をバリバリこなしている。しかし同時に母親でもある。今も保育園には『年端もいかない』子供を預けている。会社にいる時は母親の顔を見せないスーパーウーマンだ」

同じ職場に、子育てをしながら仕事をしている女性がいるかもしれません。

その人の家庭環境にもよりますが、多くの女性は保育園に子供を預けて仕事をしているのではないでしょうか。

特に「年端もいかない」と表現したくなるような、小さな子供を保育園に預けている女性は、本当は心配な気持ちでいっぱいだと思います。

この例文は、「年端もいかない」子供を保育園に預けながら頑張る、女性の心情が透けてくるような文章です。

例文2

日常的な場面における「年端もいかない」を使った例文を紹介します。

「個人商店に買い物に行くと、『年端もいかない』子供が店番をしていた。スナック菓子を手に取りレジにいる子供に手渡すと、慣れた手つきでレジを打ち、無事に会計を済ませる事ができた」

個人商店や飲み屋さんなどには、まだ幼く見える子供でも、レジ打ちができたり、大人相手に接客ができる子供がいます。

物ごころをついた時から、親の姿を見て育っているためでしょう。

「年端もいかない」見た目と、しっかりした対応のギャップが印象に残ります。

「年端もいかない」に似た意味の言葉・類語や言い換え

最後に「年端もいかない」に似た意味の言葉や、類語を紹介します。

どのような言葉と「年端もいかない」を言い換える事ができるでしょうか。

  • 「稚い」【いとけない】
  • 「幼い」【おさない】
  • 「幼少」【ようしょう】

「稚い」【いとけない】

「稚い」「いとけない」と読みます。

「稚い」「年端もいかない」と言い換える事ができる、同じ意味を持つ言葉です。

「『稚い』幼児」「『年端もいかない』幼児」と同じ意味になります。

「幼い」【おさない】

「幼い」「おさない」と読み、「年端もいかない」をもっともポピュラーな言葉に言い換えた言葉と言えるでしょう。

ちなみに「幼い」という場合の年齢は、4、5歳程度と言われています。

そのため「あなたは『幼い』人だ」と大人が言われてしまった場合は、「あなたは5歳の幼児と同じだ」と言われているのと同じ事になります。

「幼い」と言われて、「若々しいと言われている」と勘違いして喜んでいる人は、危機感を持ちましょう。

「幼少」【ようしょう】

「幼少」「ようしょう」と読みます。

例えば「『幼少』より、音楽の才能があった」という文章を作る事ができます。

意味は「年が幼い事」で、「幼少」を使うと、フォーマルな雰囲気が出ます。

「幼少期」という定型句もあり、5歳程度の頃の一時期を指します。

icon まとめ

「年端もいかない」という言葉の意味や使い方を見てきました。

かなり幼い子供に対して使う言葉ですので、若く見える大人の男性や女性には、「年端もいかない」という言葉を使わない方がいいでしょう。

幼児なのにしっかりしていると感じたり、ものすごく幼い子供だと感じた時に、「年端もいかない」という言葉を使ってみましょう。