意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大吉は凶に還る」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

大吉は凶に還るということわざは、あえて人の不安をそそるような、あやうい言葉の類になります。

ですが、それを教訓として、危険な人生のドライブをしなければ良いのです。

大吉は凶に還る

Meaning-Book
「大吉は凶に還る」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「大吉は凶に還る」の意味とは?
  • 「大吉は凶に還る」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「大吉は凶に還る」の言葉の使い方
  • 「大吉は凶に還る」を使った例文や短文・解釈
  • 「大吉は凶に還る」の英語
  • 「大吉は凶に還る」の反対の意味のことわざ
  • 「大吉は凶に還る」の認識
  • 「大吉は凶に還る」のジンクス
  • 「大吉は凶に還る」の連発


「大吉は凶に還る」の意味とは?

大吉は凶に還るの意味は、大きな楽しいことのあとに、不吉な事が起こるという現象を指しています。

これは、ジンクスのように考えられるかもしれませんが、勘違いとされます。

この楽しいことが失われるという伝達性ではなく、楽しいときにこそ、それが継続できるように留意して守らなくてはならないことがあるという意味に捉えられます。



「大吉は凶に還る」の類語や言い換え・似た言葉

大吉は凶に還るの類語として、躓きに先立つのは高慢ということわざがあります。

これは、偉そうにしていると不吉になるという意です。

つまり、大吉という当たった事項にも、謙遜にそれを感謝する心が必要ですの意になります。

大吉に浮かれすぎて、そのまま泣いてしまうような、浮かれパターンとして自粛しなくてはならないハッピーターンになります。

「大吉は凶に還る」の言葉の使い方

大吉は凶に還るの言葉は、大吉として認識するということに、鋭敏な感性が必要であるの意が含まれるべきです。

これは、大吉の理由として、しかるべき元に感謝の意を表するという儀礼や、その大吉の結果を他の人にもプレゼントするという、祝福の転用という利用があります。

これは、凶にかえらないようにするための、ポイントが詰まっています。



「大吉は凶に還る」を使った例文や短文・解釈

大吉は凶に還るを使用した例では、その結果論を強調するのではなく、そうならないように、大吉を続けていこうとたゆまぬ努力を払うという、伝達性を強調します。

このために、大吉が当たったものか、自分の努力の結果か、そして、しかるべき感謝先が明確で、それを表しているかが大きなポイントです。

  • 「大吉は凶に還る」の例文1
  • 「大吉は凶に還る」の例文2
  • 「大吉は凶に還る」の例文3

「大吉は凶に還る」の例文1

大吉は凶に還ることを、ジンクスとしてではなく教訓とするものです。

大吉は凶に還るという意においては、連発するような事態で、確かにこわさにうつるかもしれません。

ただし、それは予定説で運命が限定されているような響きになり、あまりおもしろい人生を送ることができなくなります。

ですので、凶に帰らない自分なりのホワイトジンクスを持ちましょう。

「大吉は凶に還る」の例文2

大吉は凶に還ることを、自戒して、ちゃんとしたお礼をしましょう。

大吉は凶に還るというモティベーションが大事になります。

これは、このまま浮かれていればきっとわるくなるという意識をもって、謙遜に生きることです。

ですので、その謙遜さを忘れないために、その頂きものであれば、ちゃんとした感謝の意を表しましょう。

そして、その謙遜なこころを忘れないことです。

「大吉は凶に還る」の例文3

大吉を放任しておいても、それが自慢につながれば、人は呪います。

大吉を放任するというのは、あえて巨大な金額を持たないことです。

これは、ショッピングに数十万円の札束を持って歩くようなものです。

たいへん危険です。

ですので、少しだけの札を入れて歩くのが良識とされます。

このような人は、自慢行為をしませんので、あえて隠しているだけで、祝が継続します。

「大吉は凶に還る」の英語

大吉は凶に還る meaning in english

大吉は凶に還るの英語は、“The great good luck returns to bad luck”です。

「大吉は凶に還る」の反対の意味のことわざ

大吉は凶に還るの反対のことわざは、おいてますます盛んという言葉や、大器晩成ということばがあります。

そして、努力たゆまぬ事、未来の幸せ成りとする用言も良いでしょう。

このために、浮かれて勘違いをしている人には、きょうに帰らぬという意を持って、例示とします。

そして、その例示をもって、教訓とし、反対の大器晩成を手にしましょう。

「大吉は凶に還る」の認識

頭脳が明晰であるほど、この例示は記憶として新たです。

そのために、記憶力の良い人は、自分の事例だけではなく、さまざまな世の中を見渡して、この元の木阿弥の状況を見ています。

これは見識者とされ、過去の歴史から判断できれば、歴史家と呼ばれます。

この還るという状況のデータが頭脳にしっかりとあれば、人の振り見て我が振り直せが良識として実行されます。

「大吉は凶に還る」のジンクス

自分が大吉に当たったとして、わるいひとを見下して大声で歓び、小を大きな声で罵倒すれば、状況はまた違ってきます。

これは、大吉は凶に還るの実演を、自分に戻す事象になるのです。

つまり、その際には、小吉の人を助けてあげようと、あえて自分の敵だった人にも、優しくするのです。

これは、大吉を連発する秘訣と言われます。

「大吉は凶に還る」の連発

これは、人を罵倒し、愚言を重ね、そして人を殴打するような人間の特徴になります。

感謝を知らず、恩を忘れ、人を見下して、馬鹿にしている人間の特徴になります。

これは、自分のこころの悪性の腫れ物が引き起こしている、ブラックジンクスになります。

ホワイトになるには、逆の自分をあえて演出しましょう。

icon まとめ

大吉は凶に還るでは、ならば人間の悪があえて、自分の不幸を招いているとも真実は語るでしょう。

ですので、真実がいかようなものであるのかは、知者でなくても知っている通りです。

ですので、そのさいわいならずのジンクスを払拭するために、自分自身と周辺を良く認知しておきましょう。

そして、自分が浮かれないために、自戒して、喜びすぎないように、そして、大吉を使い果たさないように、人に振りまくような、恩を拡げるようにするのです。