意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「先見の目」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「先見の目」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「先見の目」という言葉を使った例文や、「」の類語を紹介して行きます。

先見の目

Meaning-Book
「先見の目」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「先見の目」とは?
  • 「先見の目」を使った例文や短文など
  • 「先見の目」の類語や類義語・言い換え


「先見の目」とは?

「先見の目」という言葉を知っているでしょうか。

「先見の目のある人」の顔が浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「先見の目」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「先見の目」という言葉の意味を紹介します。

  • 「先見の目」の読み方
  • 「先見の目」の意味

「先見の目」の読み方

「先見の目」「せんけんのめ」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「先見の目」「せんけんのめ」と読みましょう。

「先見の目」の意味

「先見の目」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「先見の目」には、「ことが起こる前に、それを見抜く見識」という意味があります。

「先見の目がある人」には、何かが起こることを、事前に見抜ける見識を持つ人という意味があります。

このように「先見の目」という言葉には、「ことが起こる前に、それを見抜く見識」という意味があります。



「先見の目」を使った例文や短文など

「先見の目」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「先見の目」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「先見の目」を使った例文1
  • 「先見の目」を使った例文2

「先見の目」を使った例文1

「今のような時代が来ると日頃言っていた、Aさんは『先見の目』がある」

この例文は、現在の状況を以前から予見していたAさんについての文章になります。

「10年後にはこうなる」と予見し、「こう対処しよう」と対応策を出せる「先見の目」がある人は、会社にとって貴重な人材になるでしょう。

「先見の目」を使った例文2

「私に、『先見の目』があれば、このような事態にはならなかった」

この例文のように、これから起こる出来事を見通せなかったため、今のような悪い事態になったと嘆いたことがあるかもしれません。

例えば株が暴落することを予期していれば、株をすべて処分し、資産を失うことがありません。

「先見の目」が欲しいと思う人は少ないでしょう。

「先見の目」の類語や類義語・言い換え

「先見の目」の類語や類似表現を紹介します。

「先見の目」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「先見の明」【せんけんのめい】
  • 「予知能力」【よちのうりょく】

「先見の明」【せんけんのめい】

「先見の明」には「ことが起こる前にそれを見抜く見識」という意味があります。

「先見の明を持つビジネスマン」などという使い方をします。

「予知能力」【よちのうりょく】

「予知能力」「これから起こる出来事を知れる能力」という意味があり、超能力の一種になります。

「予知能力で、危機を未然に防ぐ」などという使い方をします。



icon まとめ

「先見の目」という言葉について見てきました。

ことが起こる前に、それを見抜く見識を持つ人を見た時、「先見の目」という言葉を使ってみましょう。