意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「先陣を切る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「先陣を切る」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「先陣を切る」という表現について詳しく紹介していきます。

先陣を切る

Meaning-Book
「先陣を切る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「先陣を切る」とは?
  • 「先陣を切る」の表現の使い方
  • 「先陣を切る」を使った例文と意味を解釈
  • 「先陣を切る」の類語や類義語


「先陣を切る」とは?

「先陣を切る」というのは物事を1番先にする、という意味です。

集団の1番手前に立ち、全体を引っ張る、先導する、率いる、という意味があり、どんなことも最初にする失敗を恐れず勇気ある行動ができる人、という意味があります。

例えば、何かを新しく始めるときには勇気がなければ始められないですよね。

そんな時に失敗を恐れず、先にやり始められる人は「先陣を切った」といえます。

  • 「先陣を切る」の読み方

「先陣を切る」の読み方

「先陣を切る」という表現は「せんじんをきる」と読みます。

日常的にも使える表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「先陣を切る」の表現の使い方

「先陣を切る」という表現は物事を1番先にする、という意味になります。

例えば、仕事などでチームワークが求められているとしましょう。

しかしそのチームの中でも「今回のプロジェクトは難しい」「何から始めたら良いのかわからない」「やり方が正しいかどうかもわからない」という人が多く、何も手がつけられない状態だとします。

そこで誰かが「やってみなければわからない」と手をつけたら、その人が「先陣を切った」ということになります。

物事はやってみなければわからないこともありますよね。

「先陣を切る」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「先陣を切る」を使った例文1
  • 「先陣を切る」を使った例文2

「先陣を切る」を使った例文1

「彼は先陣を切っていける性格です」

人間にはそれぞれ性格があります。

先陣を切って先頭に立って走っていける人もいれば、そのような人を追いかける方が良いという人もいるでしょう。

また、最初に誰かが示してくれたものを上手にこなしていく人もいれば、示されただけでは満足できず、自分で道を作る方が良いという性格の人もいます。

どちらが良いというわけでもありませんが、必要に応じて先陣を切り、人々を率いていける性格も大切ですね。

「先陣を切る」を使った例文2

「彼は向上心があり、先陣を切れる人材です」

向上心があるという事は今の自分に満足せず、もっと上を目指すことが可能である、ということです。

今の自分に満足していない、もっと上を目指そうとしている、という事はチャレンジ精神を持ち合わせているということですよね。

そのため、向上心がある人は先陣を切っていくことが可能です。

もっと成長したい、などという現状よりも上の状況を求めているからこそ、リスクがあっても恐れないのです。



「先陣を切る」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「先頭を走る」【せんとうをはしる】
  • 「率いる」【ひきいる】

「先頭を走る」【せんとうをはしる】

「先頭を走る」というのは集団の1番手前に立ち、全体を引っ張るという意味です。

「先導する」と言われることもあります。

「率いる」【ひきいる】

「率いる」というのは引き連れて行く、という意味です。

大勢の上に立って行動を指図することを指します。

icon まとめ

「先陣を切る」という表現はビジネスでも使われますのでよく覚えておきましょう。

リスクを恐れないことも大切です。