意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「助けを乞う」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「助けを乞う」の意味や類語を紹介します。

さらに「助けを乞う」の使い方や、「助けを乞う」を使った例文を紹介します。

助けを乞う

Meaning-Book
「助けを乞う」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「助けを乞う」の意味とは?
  • 「助けを乞う」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「助けを乞う」の言葉の使い方
  • 「助けを乞う」を使った例文
  • 「請う」と「乞う」の詳しい違い


「助けを乞う」の意味とは?

「助けを乞う」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

社会人生活が長い方は、「助けを乞う」という言葉を何度か目にした事があるかもしれません。

また実際に、誰かに「助けを乞う」経験があるかもしれませんし、誰かから「助けを乞われる」という経験があるかもしれません。

一方で、まだ年齢が若い方は、「助けを乞う」という言葉に親しみが無いかもしれません。

そこで困った時に知っておくと役に立つかもしれない、「助けを乞う」の読み方と意味を紹介します。

  • 「助けを乞う」の読み方
  • 「助けを乞う」の意味

「助けを乞う」の読み方

「助けを乞う」「たすけをこう」と読みます。

「助け」「たすけ」「乞う」「こう」と読みます。

特に「乞う」という漢字は難しいので、読み間違えないように覚えておきましょう。

「助けを乞う」の意味

「助けを乞う」にはどのような意味があるでしょうか。

「助け」は、文字通り助けてもらう、サポートしてもらうという意味があります。

「乞う」には、相手にして欲しい事を頼むという意味があります。

そのため「助けを乞う」という言葉には、「相手にサポートして欲しいと頼む」という意味があります。

「乞う」「乞」は、「乞食」という言葉にも使われる言葉です。

「乞食」も他の人の助けをもらいながら生きていますが、「乞う」にはそのような意味があります。

このように「助けを乞う」という言葉は、誰かに対して、サポートをして欲しいと頼む時に使うようにしましょう。



「助けを乞う」の類語や言い換え・似た言葉

「助けを乞う」の類語や、似た意味の言葉を紹介します。

「助けを乞う」と言い換える事ができるくらい、似た意味の言葉には、どのようなものがあるでしょうか」

  • 「助けを求める」
  • 「すがりつく」
  • 「泣きつく」

「助けを求める」

「助けを求める」を簡単な日本語にすると、「助けを求める」という言葉になるでしょう。

すぐに言い換えられるような似た意味の言葉です。

「助けを求める」という言葉は、誰かに助けてもらいたい時に、その要求を伝える事を言います。

例えばお金が無い時に、友達にお金を貸してもらったり、ケガをした時に、肩を貸してもらったりする時などに「助けを求める」という言葉を使います。

「すがりつく」

「すがりつく」という言葉も「助けを乞う」に似た意味の言葉です。

「すがりつく」には、頼みとして身を寄せてまといつくという意味があります。

「助けてくれ」といいながら、誰かの足にしがみついて離さない…そのようなイメージかもしれません。

例えば、遭難中にとおりすがった人がいたなら、その人に「すがりつきて」でも、助けを求めると思います。

このように必死の覚悟で、誰かを全身で頼る時の様子を、「すがりつく」と言います。

「泣きつく」

「泣きつく」は、「泣きながらすがりつく」という意味があります。

「すがりつく」で紹介したような行動を、泣きながら行う事を、「泣きつく」と言います。

例えば江戸時代に農民が年貢を搾り取られて、自分たちが食べる分のお米まで取られそうになったら、役人に「泣きつく」かもしれません。

また現代でも、仕事が終わらなくて納期に間に合いそうもない時は、同僚に手伝ってもらえるように、「泣きつく」かもしれません。

「助けを乞う」「すがりつく」をもっと激しく行った場合、「泣きつく」という言葉になります。

「助けを乞う」の言葉の使い方

「助けを乞う」という言葉は、誰かに対してサポートをして欲しいと頼む時に使う言葉です。

そのため、あなたが誰かにサポートを依頼したい時に、「助けを乞う」という言葉を使ってみましょう。

例えば家の鍵をどこかに置き忘れてしまって、部屋に入れない事があるかもしれません。

そこで、隣の家で、鍵を持っている家族が帰ってくるまで待たせてもらうなど「助けを乞う」事があるかもしれません。

また、あなたの周囲にいる人が、誰かにサポートを依頼している様子を見たら、「助けを乞う」と表現してみましょう。

例えば、パソコンのソフトの使い方が分からなくて困った新人社員が、先輩社員に「助けを乞う」シーンを目にするかもしれません。

このように、あなたは誰かが、サポートを依頼する時の様子を「助けを乞う」という言葉を使って表現してみましょう。



「助けを乞う」を使った例文

次に「助けを乞う」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「助けを乞う」を使った例文を紹介しますので、「助けを乞う」の使い方を知りましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける「助けを乞う」を使った例文を紹介します。

「新入社員が、机の前で頭を抱えていた。私が通りかかると、『助けを乞う』てきた」「転職したばかりの人が、女性社員に『助けを乞う』姿を目にした。女性社員に話を聞くと、『あれはナンパのようなものです』と言っていた」などです。

新人時代は右も左もわからないので、「助けを乞う」シーンが多くなりそうです。

また「課長は部下一堂に、『助けを乞う』姿勢で、仕事への協力をお願いした。

納期まで時間がないが、みんなの士気が上がった気がした」
「取引先に『助けを乞う』事で、来期の受注を確保する事ができた」などです。

ビジネスシーンでは、相手に「助けを乞う」くらいの気持てで営業活動をする事があるかもしれません。

例文2

日常生活における「助けを乞う」を使った例文を紹介します。

「母親に『助けを乞う』て、お小遣いをもらった。これでアイドルのライブに行ける」「道を歩いていたら、知らない人に『助けを乞われた』。どうやら道に迷ったらしく、一緒に目的地まで連れて行ってあげた」、などです。

知らない土地で道に迷った時は、誰かに「助けを乞いたく」なる瞬間だと思います。

また「受験が近づいてきたので、学問の神様に『助けを乞う』事にした。

どうか志望校に合格させてくださいと」
「歩いていたらお腹が痛くなったので、近くのお宅のベルを鳴らし、『助けを乞う』事にした。

トイレを貸してくださって、本当に助かった」
などです。

神頼みをする時は、「助けを乞う」という言葉そのものの行動になります。

またトイレを借りたくなるほどお腹が痛くなる時も、「助けを乞う」きっかけになりそうです。

「請う」と「乞う」の詳しい違い

「助けを乞う」「乞う」には、自分がして欲しい事を頼むという意味があります。

また「乞う」とよく似た言葉に、「請う」があります。

「助けを乞う」「助けを請う」と書き間違えてしまう人もいるかもしれません。

「請う」にはどのような意味があるでしょうか。

例えば、「許しを請う」という言葉があります。

これは、「許可してもらう事を願う」という意味があります。

「請う」「請」「申請」という言葉にも使われていますので、「許可を申請する」「請う」と覚えると意味が分かりやすいかもしれません。

このように「請う」には、自分がする事に対する許可を願うという意味があります。

icon まとめ

「助けを乞う」の意味や使い方を見てきました。

ほとんどの人が、これまで誰かに対して「助けを乞う」瞬間があったのではないでしょうか。

また誰かから「助けを乞われた」瞬間があったかもしれません。

人生は長いので、全ての人がお互い様だという精神で、助け合いをしながら生きた方が、楽しく生きられるかもしれません。