意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「失態をおかした」の意味・「おかした」の漢字・実際は言い換えたほうがいい?

「失態をおかした」の意味や類語を紹介します。

さらに「失態をおかした」の使い方や例文を紹介します。

失態をおかした

Meaning-Book
「失態をおかした」の意味・「おかした」の漢字・実際は言い換えたほうがいい?>


目次

  • 「失態をおかした」の意味とは?
  • 「失態をおかした」の類語や同義語・言い換え
  • 「失態をおかした」の言葉の使い方
  • 「失態をおかした」を使った例文
  • 「失態をおかす」人の特徴


「失態をおかした」の意味とは?

「失態をおかした」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

もしかしたら初めてという人もいるかもしれません。

そもそも「失態をおかした」事が無い人は、この言葉の意味も知らない可能性があります。

また「失態をおかした」という言葉は、ビジネスシーンなどで使われる言葉ですので、学生のみなさんには、聞きなじみがない言葉かもしれません。

一方で「失態をおかした」という経験がある社会人のみなさんにとっては、耳の痛い言葉かもしれません。

そんな意味を知ると怖くなる「失態をおかした」という言葉の意味を紹介します。

  • 「失態をおかした」の漢字
  • 「失態をおかした」の意味

「失態をおかした」の漢字

「失態をおかした」「失態」「しったい」と読みます。

さらに「おかした」はどのような漢字が使われるでしょうか。

「失態をおかした」は、「失態をおかす」の過去形の言葉です。

「おかす」には「犯す」という漢字が使われています。

「犯す」には、「犯罪を犯す」など、法律や規則、道徳などに背く行為に使われます。

このように「失態をおかした」「しったいをおかした」と読み、「おかした」には「犯した」という漢字が使われる事を知っておきましょう。

「失態をおかした」の意味

「失態をおかした」「失態」には、失敗して体面を失う事という意味があります。

「おかした」には法律や規則などに背く行為という意味ですから、「失態をおかした」には、法律や規則に背くような失敗をして、体面を失うという意味になります。

「とんでもないミスをして、誰にも顔向けできない」という意味もあります。

ビジネス上で「失態をおかした」という場合は、取引先との打ち合わせに遅刻して、相手が怒って帰ってしまうというような、大きなミスをした場合に使います。

このように「とんでもない事をした」という時に、「失態をおかした」という言葉を使います。



「失態をおかした」の類語や同義語・言い換え

「失態をおかした」の類語や、言い換えられるような似た意味の言葉を紹介します。

「失態をおかした」を、他の言葉に言い換えると、どのような言葉になるでしょうか。

  • 「しくじる」
  • 「やらかす」

「しくじる」

「しくじる」という言葉があります。

「失敗する」「やりそこなう」などの意味があります。

一般的に使われる事が多く、カジュアルな感じで「失態をおかした」という言葉を使いたい時に、「しくじる」を使う事があります。

テレビのバラエティ番組「しくじり先生」のタイトルになるなど、広く知れ渡っている言葉ですので、「失態をおかした」で意味が通りにくい人に使ってみましょう。

「やらかす」

「やらかす」「しくじる」「失態をおかした」と同じ意味のある言葉です。

「失敗をする」という意味があります。

「今日、バイト先で『やらかしちゃった』」などという使い方をします。

友達同士、家族の間などで使う言葉なので、会社など公式な場所では使わない方がいいでしょう。

「失態をおかした」の言葉の使い方

「失態をおかした」という言葉には、法律や規則に背くような失敗をして、体面を失うという意味があります。

とんでもないミスをして、誰にも顔を向けられないような時に、「失態をおかした」という言葉を使ってみましょう。

一方で、他の人にとっては些細な事や、好ましい事なのに、本人にとっては痛恨のミスとケースもあり、そのような時にも「失態をおかした」という言葉を使います。

例えば、「映画を観て泣くという、『失態をおかした』」という感じです。

他の人にとって当たり前の行為でも、誰かにとっては「失態をおかした」という事になります。

このように、客観的に見て大きなミスをした時、主観的に大きなミスをした時などに、「失態をおかした」という言葉を使ってみましょう。



「失態をおかした」を使った例文

「失態をおかした」という言葉を使った、例文を紹介します。

様々な場面における、「失態をおかした」を使った文章を見る事で、「失態をおかした」という言葉の使い方がより分かりやすくなるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「失態をおかした」を使った例文を紹介します。

「会社の始業時間に1時間遅刻するという、『失態をおかした』。

しかし、この日は電車が遅れていたらしく、誰にも気づかれなかった」
「大切な会議中に寝てしまうという『失態をおかした』。

この後、課長に呼び出されているが、今から気が重い」
「取引先の会社の受付嬢に告白してフラれるという『失態をおかした』。

これから、あの会社に行くのが辛くなった」
などです。

遅刻やいねむりは、ビジネスシーンにおける失態の筆頭に挙げられるような行為でしょう。

また社内の女性や取引先の女性にフラれるのも、精神的に厳しいものです。

例文2

恋愛場面における「失態をおかした」を使った例文を紹介します。

「付き合い始めて初めてのデートに遅刻するという『失態をおかした」。しかも3時間だ。彼女の顔をまともに見る事ができない』、「彼女とホテルに行く事になったが、『失態をおかした』らどうしようと思い、今から緊張しています」「自宅で彼女と、元カノが鉢合わせするという、ドラマのような『失態をおかした』。その時の記憶がないのは、怖すぎたからだろう」などです。

恋愛中には、様々な失態を見せてしまいますが、それを乗り越えるカップルだけが、結婚というステップに進む事ができるのかもしれません。

「失態をおかす」人の特徴

最後に「失態をおかす」人の特徴を紹介します。

どのようなタイプの人が、「失態をおかす」のかを知り、反面教師にしましょう。

  • 「生活がだらしない」
  • 「人の話を聞かない」
  • 「優先順位が付けられない」

「生活がだらしない」

生活がだらしなく、不規則な人は「失態をおかす」可能性が高い人です。

朝起きる時間が決まっておらず、遅刻ギリギリの時間に家を出るような人は、何かのはずみで本当に遅刻をしてしまう可能性が高いでしょう。

また毎晩遅くまでお酒を飲んでいる人は、翌日の準備ができない人です。

準備ができなければ、仕事が上手にできない可能性が高くなり、ミスをしてしまう可能性が高くなります。

早寝早起きを心がけ、毎日一定のリズムで生活する事が「失態をおかさない」コツです。

「人の話を聞かない」

人の話を聞かない人は、間違った解釈をして行動してしまうため、とんでもない「失態をおかす」可能性が高いでしょう。

例えば、朝7時と夜7時を間違えてしまうようなミスをおかしてしまいます。

相手の話はメモ帳などを手元に置いて、良く聞くのが基本です。

早合点をしてしまわないように、話を最後まで聞く習慣を身につけましょう。

「優先順位が付けられない」

一つの仕事に集中してできればいいですが、ほとんどの人が、いくつもの仕事を抱えながら仕事をしています。

このような場合、「優先順位」を付けて仕事をする事が大切になります。

緊急で重要な仕事を最優先にする事、緊急なだけの仕事は他の人に回し、重要な仕事に取り掛かる事が大切です。

自分にしかできない重要な仕事を最優先して、スケジュールを組むようにしましょう。

icon まとめ

「失態をおかした」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「失態をおかした」という言葉を知った上で、自分は「失態をおかす」事が無いように気を付けましょう。

特に遅刻やいねむりなどの、基本的な失態に気を付けて行動するようにしましょう。