意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「しくじる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「しくじる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「しくじる」という言葉を使った例文や、「しくじる」の類語を紹介して行きます。

しくじる

Meaning-Book
「しくじる」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「しくじる」とは?
  • 「しくじる」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「しくじる」を使った例文や短文など

「しくじる」とは?

みなさんは「しくじる」という言葉を知っているでしょうか。

「仕事でしくじり、上司に怒られた」という経験があるかもしれません。

一方で、「しくじる」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「しくじる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「しくじる」の漢字
  • 「しくじる」の意味

「しくじる」の漢字

「しくじる」という言葉は、漢字表記することもできます。

「しくじる」は漢字で、「失敗る」と書けます。

「失敗る」と書くだけで、この言葉の意味が伝わってくるのではないでしょうか。

「しくじる」の意味

「しくじる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「しくじる」には、「やりかけて、失敗する」という意味があります。

また「やり損う」という意味もあります。

例えば、「仕事でしくじる」という場合は、仕事をやりかけて、失敗する、仕事をやり損うという意味があります。

「すみません、しくじりました」などと、上司に謝罪することになるかもしれません。

このように、「しくじる」には、「やりかけて、失敗する」「やり損う」という意味があります。

「しくじる」の類語や類似表現や似た言葉

次に「しくじる」の類語や類似表現を紹介します。

「しくじる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「間違える」
  • 「やり損う」
  • 「し損じる」

「間違える」

「間違える」は、「誤りを犯す」という意味があります。

「計算を間違える」という場合は、「計算で誤りを犯す」という意味になります。

また「間違える」には、「他と取り違える」という意味もあります。

例えば、「きゅうりと間違えて、ズッキーニを買った」という時は、きゅうりとズッキーニを取り違えたという意味になります。

「やり損う」

「やり損う」には、「してみて成功しない」「失敗する」という意味があります。

「告白をやり損う」という場合は、「告白をしてみたものの、成功しない」という意味になります。

「し損じる」

「し損じる」には、「物事をやり損う」という意味があります。

「せいてはことを、し損じる」という言葉がありますが、「急いだら、物事をやり損ってしまう」という意味があり、急がずにじっくり物事を進めることをすすめています。

「しくじる」を使った例文や短文など

最後に「しくじる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「しくじる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「しくじる」を使った例文1
  • 「しくじる」を使った例文2

「しくじる」を使った例文1

「漫才の出番で、セリフを忘れて『しくじる』」

この例文は、漫才師が舞台に上がったものの、セリフを忘れてしまったというシーンを文章にしたものです。

漫才はセリフが命のため、セリフを忘れてしまったら、舞台は失敗に終わるでしょう。

このような失敗は、いかにも「しくじる」というイメージの失敗になります。

「しくじる」を使った例文2

「徹夜で勉強しようと思ったが、すぐに眠ってしまい、試験を『しくじる』」

この例文のような経験がある人もいるでしょう。

一夜漬けでなんとか結果を出そうと思ったのに、すぐに眠ってしまい、まるで勉強できずに試験に臨み、思っていたような点数を取れないケースです。

「5分だけ寝よう」とベッドの上に寝転び、そのまま朝を迎えて焦ったという経験がある人も、少なくないのではないでしょうか。

icon まとめ

「しくじる」という言葉について見てきました。

物事をやり損った時、ミスをしてしまった時に、「しくじる」という言葉を使って見ましょう。