意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「モブキャラクター」の意味・類語【使い方や例文】ゲーム用語

このモブキャラクターは、ロールプレイングゲームには欠かせない存在です。

同ジャンルのゲームでは、これが存在しないゲームはないと言っていいでしょう。

モブキャラクター

Meaning-Book
「モブキャラクター」の意味・類語【使い方や例文】ゲーム用語>


目次

  • 「モブキャラクター」の意味とは?
  • 「モブキャラクター」の類語や言い換え
  • 「モブキャラクター」の言葉の使い方
  • 「モブキャラクター」を使った例文と解釈
  • 「モブキャラクター」を英語にすると?
  • 「モブ」に関連する言葉や意味を解釈


「モブキャラクター」の意味とは?

モブキャラクターとは、プレイヤーが操作している訳ではないNPC(ノンプレイングキャラクター)の中でも、それほど存在感がないキャラクターのことです。

例として、いつ話し掛けても同じことしか言わないようなキャラクターがこれに当たります。

よって、基本的にはどのゲームでも何ということのない存在ですが、中にはとても重要なヒントを教えてくれるようなキャラクターも居る為、決してぞんざいにはできません。



「モブキャラクター」の類語や言い換え

モブキャラクターは、NPCの一種です。

よって、NPCと言い換えることができそうですが、モブキャラクターではなく、遭えてNPCと表現する場合には、それよりも大事な存在なことが多いです。

NPCは、途中まで一緒に付いてきたり、実は物語の鍵を握る人物だということもあり、モブキャラクターとは"似て非なる存在"だと表現できます。

「モブキャラクター」の言葉の使い方

モブキャラクターという言い方は、そのキャラクターを見た人が使います。

モブキャラクターは誰が操作している訳でもなく、ゲームでプログラムされている通りに動くだけで、言ってしまえば、大勢の中のたたの1人です。

しかしながら、このモブキャラクターが居ないことには、ロールプレイングゲームは決して成り立ちません。

1人だけでは何ということもない存在でも、その集まりは決して馬鹿にできません。



「モブキャラクター」を使った例文と解釈

名作と言われるゲームほど、このモブキャラクターをうまく使っていることが多いです。

1人だけの話では、何ということもない内容も、他のモブキャラクターのセリフと合わせると、実は大きな意味を持っていたということが珍しくないのです。

よって、モブキャラクターを見付けた時には、一通り話を聞いておくことをおすすめします。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「全員に話を聞いてみたが、モブキャラクターばかりで時間の無駄だった」

モブキャラクターの多くは、決まったセリフしか言わないだけの存在です。

その為、何人もに話を聞いてみても、"この村にようこそ!"などという月並みのセリフだらけということも少なくありません。

例文2

「そういえば、前にモブキャラクターから聞いた話の通りだ」

モブキャラクターが言った何気ない一言が、後から役に立つということもよくある話です。

気になるセリフを聞いた時には、メモをとっておくのもいいでしょう。

例文3

「そんなにモブキャラクターばかり気にする必要はないよ」

いくらモブキャラクターが大事になることがあると言っても、決して全てのキャラクターがそうという訳ではありません。

中にはわざと意味深なことを言って、プレイヤーを惑わせてくることもあるので、そのようなキャラクターには注意しなくてはいけません。

「モブキャラクター」を英語にすると?

モブキャラクター meaning in english

モブキャラクターは、そのまま"mob character"と英語表記できますが、これでは英語圏の人には通じません。

英語として使う場合には、"mob gaming"と表現します。

"mob"は"群集"を表す言葉で、ゲーム中の群集という意味でそのように表記します。

「モブ」に関連する言葉や意味を解釈

「モブ」という言葉自体は、ゲーム以外でも使われることもある言葉です。

それほど聞く機会はありませんが、ゲームにおける「モブキャラクター」に近い意味で使うことがほとんどです。

特にアニメでは、主要なキャラクター以外の登場人物の多くは、このモブと呼ばれる存在で、声をあてている声優が1人で何役も担当しているケースも少なくありません。

  • 「クズモブ」
  • 「クズ顔」

「クズモブ」

クズモブとは、どう見ても悪役だと思われる顔をしたモブキャラクターのことです。

アニメではよく見られる存在で、このようなキャラクターが主人公などにやられるシーンは、スカッとすることが多いのが特徴です。

最初から完全な悪役として出てきたキャラクターには、この表現使いません。

あくまでモブ(単なる群集)的な存在なのに、悪役顔のキャラクターのことを表します。

「クズ顔」

この「クズ顔」には2つの意味があり、1つはいかにもクズみたいな(性格の悪そうな)顔という意味で、もう1つは、顔はいいのに性格がクズだという意味です。

どちらもクズには違いありませんが、後者の方がタチが悪いのは言うまでもありません。

そのような顔からは決して想像が付かないクズな性格をしているキャラクターは、アニメの中でたまに見られます。

しかし、そんなキャラクターほど、ストーリーに深く関係していることも多いのです。

icon まとめ

モブキャラクターは、ロールプレイングゲームには欠かせない存在だと言っていいでしょう。

数が多い時にも、面倒くさがらず、全てのキャラクターの話を聞いておきましょう。

その中には、後で必ず役に立つ話がいくつかあるはずです。