意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お払い箱」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「お払い箱になる」というのは、それを行う会議があり、その結果として、除名するという働きの一つです。

それではお払い箱について紹介します。

お払い箱

Meaning-Book
「お払い箱」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「お払い箱」の意味とは?
  • 「お払い箱」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「お払い箱」の言葉の使い方
  • 「お払い箱」を使った例文と解釈
  • 「お払い箱」の英語
  • 「お払い箱」の由来や語源
  • 「お払い箱」を使った言葉と意味を解釈


「お払い箱」の意味とは?

お払い箱の意味は、不要になったというイメージで、払ったものを捨てておくことを意味します。

これは、払った後の領収書を捨てておくようなものと考えると良いでしょう。

つまり、領収書もとっておく必要がないという内容に近いものです。

古くは、神式の儀式の内容があるのですが、その古い払いに対し、新しい払いで対応するので、一新するという内容があります。

  • 「お払い箱」の読み方

「お払い箱」の読み方

お払い箱は「おはらいばこ」と読みます。

お祓いともされることがあり、これは禊クラスの内容です。

おはらいは、支払いの払いと書きますが、その祓いの場面に置いても、心機一転するという内容で、古くなったものを捨てておくさまを言います。



「お払い箱」の類語や言い換え・似た言葉

お払い箱の類語は使用済みという言葉が近いでしょう。

使用済みというのは、捨て去るものとして認識されます。

あの人はお払い箱になったという意味は、捨て箱に入ったという内容です。

これは、その組織や、社会から捨てられるという内容になり、なにかの問題を引き起こした当人が、流される意や、追放処分になる事を指しています。

「お払い箱」の言葉の使い方

お払い箱のことばの使用法は、そのお咎めが何の内容であったかに起因しています。

つまり、当初は良好な関係であったものが、時間をおうにつれて、離反していった様相があり、また、お払い箱とされるまで、実質の違反行為を連続していたと称される事実があります。

そして、コンプライアンスや法のとおりに、追放される訳です。



「お払い箱」を使った例文と解釈

お払い箱を使用した例文では、注意勧告を聞いていながらも、それを無視した経緯が当人にあるとする経過を表す用語の使用法が有り、そして、お払い箱となった、その警句の内容を伏せる形で、当人は居なくなった、つまり警告から除名されたという意味となります。

  • 「お払い箱」の例文1
  • 「お払い箱」の例文2
  • 「お払い箱」の例文3

「お払い箱」の例文1

お払い箱になるまでに、相当数の違反行為があったのは事実になります。

お払い箱とは、結果的に除名行為となるのですが、ここまでの処分を食らうのには、もともとそうだったという話もあり、その違反行為の目撃については揶揄されていた通りがあります。

つまり、最終処分としてのお払い箱では、ただの左遷だけではない、痛烈な処置の結果なのです。

「お払い箱」の例文2

除名されたという事を、内部ではお払い箱になったのだと噂します。

除名されたという内容は、内部組織に置いても、あまり取沙汰したくないものです。

それは、すぐ忘れるという事で代用します。

そのうわさ話も、お払い箱になったという軽い一言で済まされ、誰も、違反者に対して同情はしません。

ですので、お払い箱になったという最後の言葉で、二度と当人の名前も登ってこないのです。

「お払い箱」の例文3

お払い箱の具体的な処置については、コンプライアンスの規定通りの事です。

お払い箱の具体的な処置結果は、査定基準の有る人事会議で為されます。

これは、コンプライアンス違反を認められうるというかたちで、早急に対処すべき事項になっています。

企業組織での規定・規約に対する違反行為は、企業組織体の営業を損なう危険があり、その心機一転の人事も、早急に速やかに為されるべきになります。

「お払い箱」の英語

お払い箱 meaning in english

お払い箱の英語は、“get the sack”です。

「お払い箱」の由来や語源

お払い箱の由来は、神式の祓いに該当するという話があり、古くなった祓い用の儀式一式を捨てて置く様を言います。

その捨て箱がお払い箱であり、新規に導入する新しい器具との交換の際に使用します。

これは、遠く仏式に由来するという話もあり、禊や祓いが転じて、お払い箱という現代の常用漢字に充てられたかたちです。

「お払い箱」を使った言葉と意味を解釈

お払い箱を使用した言葉では、お払いという意味内容を緩和し、記録に必要のない古い領収書や、私的な領収書を捨てておく箱としても認識されます。

事業を営業している経営者であるなら、私的な領収書は一切経理に混ぜないという技術が必要ですので、個人の財布からの出費は捨て領収書、つまりお払い箱に入れて消却してしまうというのが、常です。

  • 「お払い箱になる(される)」
  • 「お払い箱の領収書」
  • 「お払いボックス」

「お払い箱になる(される)」

お払い箱になるというのは、会社から解雇されたという言い方です。

そして、お払い箱にされたというのは、それが過去の事として、伝わります。

人事関連での問題がないケースでは、その不正な人事を行った担当が、お払い箱にされることがあり、人事の不正に依る被害者であれば、その会社組織の一員として、抹消はされません。

「お払い箱の領収書」

お払い箱の領収書とは、会社運営や個人事業の意味において、私的な経理を自分の財布から出した場合は、その使用済み領収を捨て箱に入れるという内容になります。

まさかの会社経理を不正に利用して、その領収を捨てた場合には、法的に取り沙汰されます。

このお払い箱というものの処理に関しては、私物を給与の内から購入した一般生活に置いては、なんのお咎めもありませんが、会社組織の金を不正に横領したり、使い込んでいる場合は、その使用済みの領収書と共に、罰則規定に合います。

「お払いボックス」

お払いボックスとして、従業員が財布から使用した領収書などは、会社の中で、非常に問題となることがあり、これは、会社経理の領収なのか、不明であるときには、その経理処理にて苦悶するかたちになります。

ですので、その個人仕様の給与の内からのものは、会社に置きっぱなしにしたり、会社ゴミ箱に捨てないようにしましょう。

icon まとめ

「お払い箱」に自分がされないように日々精進していきたいものです。