意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「尊敬の眼差し」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「尊敬の眼差し」の意味や類語を紹介します。

さらに「尊敬の眼差し」の使い方や例文を紹介して行きます。

尊敬の眼差し

Meaning-Book
「尊敬の眼差し」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「尊敬の眼差し」の意味とは?
  • 「尊敬の眼差し」の具体例
  • 「尊敬の眼差し」の言葉の使い方
  • 「尊敬の眼差し」を使った例文
  • 「尊敬の眼差し」をされやすい仕事


「尊敬の眼差し」の意味とは?

「尊敬の眼差し」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

もしかしたら、いつも「尊敬の眼差し」で見ている人がいるという人もいるかもしれません。

その人はとても優秀で魅力的な人なのでしょう。

一方で「尊敬の眼差し」という言葉を聞いた事がない人もいるかもしれません。

そこでもしこのような態度を取られたら気持ちが良い、「尊敬の眼差し」の読み方や意味を紹介します。

  • 「尊敬の眼差し」の読み方
  • 「尊敬の眼差し」の意味

「尊敬の眼差し」の読み方

「尊敬の眼差し」「そんけいのまなざし」と読みます。

「眼差し」「まなざし」と読むのは難しいかもしれません。

これを機会に「尊敬の眼差し」「そんけいのまなざし」と読む事を覚えておきましょう。

「尊敬の眼差し」の意味

「尊敬の眼差し」「眼差し」には「物を見る時の目の動きや表情」という意味があります。

つまり「尊敬の眼差し」という言葉には、「誰かを見る時の目の動きや表情に、尊敬の念が浮かんでいる」という意味があります。

実際に尊敬している人を見る時に、その人の目の動きや表情は、他の人を見る時とはまるで違うものになります。

尊敬されている本人は気付かなくても、周囲にいる人や知り合いなら「尊敬の眼差し」とその他の眼差しが違う事が良く分かります。

このように「尊敬の眼差し」には、「尊敬の念が浮かんだ目の動きや表情」という意味があります。



「尊敬の眼差し」の具体例

「尊敬の眼差し」には、「誰かを見る時の目の動きや表情に、尊敬の念が浮かんでいる」という意味があります。

それでは実際に尊敬する人を見る時には、目の動きや表情に、どのような特徴が浮かんでいるのでしょうか。

まず「笑顔」という特徴があります。

尊敬している人と会っている事が嬉しいので笑顔になります。

また「目が輝いている」という特徴もあります。

感動で少し涙目になっている人もいるでしょう。

さらに「視線を外す回数が少ない」という特徴もあります。

尊敬する人の全てを吸収したいので、視線を外す回数が少なくなります。

「尊敬の眼差し」かどうかを探る時は、このような特徴が浮かんでいないか、よく見てみると良いでしょう。

「尊敬の眼差し」の言葉の使い方

「尊敬の眼差し」はどのような場面で使えばいいでしょうか。

「尊敬の眼差し」をしている人をみつけた時、またはそうしている人を思い出した時に、「尊敬の眼差し」という言葉を使ってみましょう。

例えばプロ野球選手が小学生に野球を教えるイベントをしている時、子供たちは野球選手に「尊敬の眼差し」を送っているはずです。

またカリスマ塾講師の授業を受けている生徒にも、「尊敬の眼差し」が浮かんでいるかもしれません。

このように「尊敬される人」「尊敬する人」が出会う場面では、「尊敬の眼差し」が登場しますので、その場面を捉えて「尊敬の眼差し」という言葉を使ってみましょう。



「尊敬の眼差し」を使った例文

続いて「尊敬の眼差し」を使った例文を紹介します。

「カリスマ主婦が主催したイベントの参加者は、みな『尊敬の眼差し』を送っていた。

カリスマ主婦が発する言葉を一言も聞き漏らすまいとする気合を感じた」
「スーパーヒーローが巨大な敵を倒したため、地球に平和が訪れた。

子供たちも大人たちもみな、ヒーローを『尊敬の眼差し』で見た」
「仕事ができて気配りができるA部長を、『尊敬の眼差し』なしで見る事はできない。

あんな人になりたいと思う」
などです。

「尊敬される人」が街を歩けば、「尊敬の眼差し」が浮かびます。

いつかこのような人になれたら素敵です。

「尊敬の眼差し」をされやすい仕事

最後に「尊敬の眼差し」をされやすい仕事を紹介します。

どのような仕事に就けば、「尊敬の眼差し」を送ってもらえるのでしょうか。

  • 「学校の先生」
  • 「趣味のスクールの講師」
  • 「プロアスリート」

「学校の先生」

「尊敬」といえば「学校の先生」というくらい、「尊敬の眼差し」を受けやすい仕事です。

また「尊敬の眼差し」を送ってくれた生徒達は、卒業した後も、その先生を慕い続けるため、やりがいのある仕事と言えるかもしれません。

「趣味のスクールの講師」

ヨガ教室やダンス教室の講師は、生徒から「尊敬の眼差し」を送られやすいでしょう。

自分がこうなりたいという姿が現実化されて講師になっているのですから、それも当然かもしれません。

「プロアスリート」

プロ野球選手やサッカー選手をはじめとするプロアスリートは、「尊敬の眼差し」を送られやすい仕事の筆頭かもしれません。

その中のスター選手は、ものすごい数の「尊敬の眼差し」を送られる事になります。

icon まとめ

「尊敬の眼差し」という言葉の意味や使い方を見てきました。

初めは誰かを「尊敬の眼差し」で見て、いつかは自分が「尊敬の眼差し」を送られる人になれたら、素晴らしい人生になるかもしれません。

また身近な人が誰に対して「尊敬の眼差し」を送っているかを調べるのも楽しいかもしれません。