意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「尊敬の念」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

尊敬の念という言葉はよく使われる言葉となっていますが、その意味を知っている方はどのぐらいいるのでしょうか。

具体的な意味や、その使い方を間違っていれば、ビジネスシーンだったり、その他社会人同士の交流でも恥ずかしい思いをしてしまうことになりますよね。

そこで、「尊敬の念」という言葉はどのように使うのかということについてご紹介をしたいと思います。

尊敬の念というのは実はいろんな意味がありますので、それを知っておけば間違ってしまうことはありません。

尊敬の念

Meaning-Book
「尊敬の念」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「尊敬の念」の意味とは?
  • 「尊敬の念」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「尊敬の念」の言葉の使い方
  • 「尊敬の念」を使った例文と解釈
  • 「尊敬の念」を英語で表現
  • 「畏敬の念」と「尊敬の念」の違い
  • 「尊敬の念」を使った言葉


「尊敬の念」の意味とは?

尊敬の念という意味ですが、これは言葉通り「尊敬の気持ちを持っている」「尊敬の意識が強い」という意味を指します。

尊敬をしています。

という気持ちよりも、尊敬をしている、かなりそれも深く尊敬に値するという意味合いが強いです。

これには「念」という気持ちが入っている特徴があるからです。

念は、思いや気持ちが強いという意味合いがあります。

尊敬の念というのはかなりポジティブな意味合いを持っていますので、この尊敬の念という意味を知っておくようにしましょう。

  • 「尊敬の念」の読み方

「尊敬の念」の読み方

尊敬の念の読み方についてですが、こちらは基本的に「そんけいのねん」と読みます。

そんけいのねんをいだくという言葉がありますので、知っている方もいますが、あまり使わない場合には、ピンとこないこともありますで、覚えておくようにしましょう。

また尊敬の意などもありますので、念とはまた読み方が異なりますので、この違いを知っておき読み間違えないようにしましょう。

尊敬の念と意は間違えて読みやすいので、社会人で会社で間違ったり、しないように気をつけましょう。



「尊敬の念」の類語や言い換え・似た言葉

尊敬の念の類語ですが、いくつかの言い換えや似た言葉がたくさんあります。

どの言葉もまずは「相手を敬う」という意味合いになります。

尊敬の意味合いがあれば、類語になりますが、この尊敬の念は深く尊敬をしていることを意味していますので、そこを間違えないようにしましょう。

  • 「敬意」
  • 「尊敬の眼差し」
  • 「尊ぶ心」

「敬意」

相手に敬意を示す、などの「敬意」という言葉は、尊敬の念とどうように、尊敬の意思を表す言葉になりますので、類語となります。

似た言葉ということで、言い換えることも出来ます。

ただし、心から尊敬をしていなくても、とある事情で敬意を払うという意味で使うこともありますので、少々違いもあります。

まったく同じ意味というわけではないので、気をつけましょう。

「尊敬の眼差し」

これはほとんど同じ意味の類語となります。

尊敬の念というのは、その人をしっかりと尊敬している思いを示しますが、この尊敬の眼差しは、その尊敬した思いを隠しきれずその人を観察したり、見たりすることになります。

意味としては同じですが、その人の近くにいることが多く、対人で使うことが多いのが大きな特徴です。

類語としては言い換えても差し支えはありません。

「尊ぶ心」

こちらの尊ぶ心は、同じ意味の類ごとになります。

尊敬の念を持っている方に同じように敬う心を示すものにあります。

尊敬の念よりもより相手を尊重している、そして静かに信仰しているようなそんな様子の類語になります。

言い換えても差し支えはありませんが、こちらのほうがより相手を大切にするという意味合いがあります。

「尊敬の念」の言葉の使い方

尊敬の念の言葉の使い方ですが、主に「尊敬の念を抱く」という形で、思いを持っているという使い方をします。

また、「尊敬の念」を持つ相手は基本的に「人」担っていますので、人物以外の固有名詞に対して、こちらの尊敬の念というのを用いるのは間違いになりますので注意することがヒチ雨用となります。

そして、たとえば取引先に対して、尊敬の念を抱いておりますなどとすると誤りになってしまいますので、注意をしましょう。

この場合には、類語の「畏敬の念」を用いることが正しいと言えます。

「御社のご活躍には常日ごろ、畏敬の念を抱いています」とするのが良いでしょう。

丁寧でポジティブな言葉となりますが、やたらと使いすぎると不自然になりますので、ここに注意が必要となります。



「尊敬の念」を使った例文と解釈

そこで、尊敬の念を使った例文にはどのようなものがあるのでしょうか。

尊敬の念にはいくつかの例がありますが、使い方は会社員でも使いすぎると変になったりしますので、気をつけてくださいね。

ポジティブな意味合いですが、別の類語が適してる場合もあります。

また、基本的には対人物に使うことになりますので、相手によって使い分けましょう。

それ以外の固有名詞では使いません。

  • 「尊敬の念」の例文1
  • 「尊敬の念」の例文2
  • 「尊敬の念」の例文3

「尊敬の念」の例文1

社長の成し遂げた実績に対しては尊敬の念を抱いております。

社長に対しての尊敬の念を表しています。

実績、そして社長のどちらにも尊敬の念をいだしているという使い方が出来ます。

こちらはとても自然であり、相手を前にして言っても失礼はありません。

会社でも使うことが出来ます。

「尊敬の念」の例文2

○○さんに対して、尊敬の念が深まった

尊敬の念がまた深まるという意味合いで使うことがあります。

もともと尊敬の念を抱いていた人に対して、何かがあったことによって、より尊敬の念が深まることをこのように「深まった」と用いることが出来ます。

「大きくなった」と使うとこれは間違いになりますので、注意が必要となります。

「尊敬の念」の例文3

○○さんの業績を知り、尊敬の念が湧きました。

尊敬の念が「湧きました」という表現を使うことも出来ます。

こちらは思いが湧き上がってきたという意味合いで使うことになります。

意味としては同じ意味合いとして考えて良いですが、前後の言い回しだったり、内容によって使い分けることが大切となります。

けして不自然にならないようにしましょう。

「尊敬の念」を英語で表現

尊敬の念 meaning in english

尊敬の念というのは、実は英語の単語で表現をすることが出来ます。

主に“Veneration”となりますが、尊敬の念を持つという場合には、“with”をつけることになります。

これで、尊敬の念を持って〜という意味合いになります。

また、尊敬の念として“respect for”として使うこともあります。

実は尊敬の念はいろんな英語表現法がありますので、知っておきましょう。

「畏敬の念」と「尊敬の念」の違い

尊敬の念というのは、基本的には人間相手に使うことになります。

対人相手、目の前の相手に使うことになります。

このため、固有名詞やその他のものに対して、使うことはありません。

しかし、これに対して、「畏敬」「畏(おそ)れ敬う」ということになります。

従って、その対象は人間だけではなくなるのが特徴です。

たとえば、人に使うと「人間離れ」しているような印象となってしまうこともあります。

たとえば、昔からの伝統的なものや存在についてこちらの言葉を使うことも多いです。

「尊敬の念」を使った言葉

尊敬の念を使った言葉にはどのような言葉があるのでしょうか。

尊敬の念はどのように使っていけばいいのかを知っておきましょう。

  • 尊敬の念を抱く
  • 尊敬の念を禁じ得ない
  • 尊敬の念に堪えない

尊敬の念を抱く

尊敬の念を抱くは一般的な使い方です。

尊敬の念を持っていることをこのような言葉にします。

尊敬の念を持つよりも抱くほうが丁寧で、使い方として適切と言われています。

尊敬の念を禁じ得ない

尊敬の念を禁じ得ないという言葉は、尊敬の念が溢れ出てしまうことをいいます。

尊敬の念が抑えられないという意味もあり、より強い意味があります。

尊敬の念に堪えない

尊敬の念に堪えないは、相手への尊敬の気持ちがつきないという意味合いがあります。

強い気持ちが続いているという意味を表します。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

尊敬の念という言葉にはこれだけの意味合いがあります。

使い方などを知っておき間違えないようにしましょう。