意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「選択肢」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「選択肢」の意味や類語を紹介します。

さらに「選択肢」の使い方や、「選択肢」を使った例文を紹介して行きます。

選択肢

Meaning-Book
「選択肢」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「選択肢」の意味とは?
  • 「選択肢」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「選択肢」の言葉の使い方
  • 「選択肢」を使った例文
  • 「選択肢」になりやすい案件


「選択肢」の意味とは?

「選択肢」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ほとんどの人が「選択肢」という言葉を耳にした事があると思います。

また現在、「選択肢」の中から、自分なりの答えを出そうと、考え続けている人もいるかもしれません。

「選択肢」という言葉は、このようにほとんどの人が触れ会っている言葉ですが、詳しい意味が分からないと言う人も多い言葉だと思います。

そこで、知っているようで良く知らない言葉、「選択肢」の読み方や意味を紹介して行きます。

  • 「選択肢」の読み方
  • 「選択肢」の意味

「選択肢」の読み方

「選択肢」「せんたくし」と読みます。

「選択」「せんたく」「肢」「し」と読む事ができます。

「肢」「し」と読む事ができない人もいるかもしれませんので、これを機会に「選択肢」の読み方を覚えておきましょう。

「選択肢」の意味

「選択肢」には、どのような意味があるでしょうか。

「選択肢」「選択」には、「多くの中から選びとる事」という意味があります。

「肢」「あし」という読み方もあるように、「手足」「四肢」という意味があります。

そのため「選択肢」には「質問に対して用意された二つ以上の答え」という意味や、「自らが選ぶ事ができる、複数の行動や条件のケース」という意味があります。

「選択肢の中から最高のものを選ぶ」という場合は、最高のものを選ぶために用意された、二つ以上のもの、答えという意味があります。

このように「選択肢」という言葉には、「質問に対して用意された二つ以上の答え」「自らが選ぶ事ができる、複数の行動や条件」などの意味があります。



「選択肢」の類語や言い換え・似た言葉

「選択肢」の類語や、似た意味の言葉を紹介します。

どのような言葉と「選択肢」が言い換えられるのかを知ると、「選択肢」という言葉の意味がさらに身近に感じられるようになるかもしれません。

  • 「分かれ道」
  • 「岐路に立つ」
  • 「候補」

「分かれ道」

「分かれ道」という言葉があります。

真っ直ぐ進んでいる一本道では、人は選択する必要がありませんが、その先が二股に別れていると、どちらに進むのかを決めなければなりません。

これが「分かれ道」で、人生の「分かれ道」ではどちらに進むと幸せにつながるのかを見極める必要があります。

「岐路に立つ」

「岐路に立つ」という言葉もあります。

「岐路」とは、「分かれ道」の事です。

「分かれ道」の手前に立ち、さてどちらに進もうかと考えている様子を「岐路に立つ」と言います。

特に人生における重要な「分かれ道」「人生の岐路に立つ」と言います。

簡単に選択できないからこそ、「岐路」「立ち」じっくりと考える必要があります。

「候補」

「候補」という言葉は、誰でも知っているようなメジャーな言葉です。

「候補」には、「選択の対象として、あげられている人や物」という意味があります。

例えば「学級委員長候補」とか、「優勝候補」などという言葉があります。

「選択肢」「候補」のひとつと言えるかもしれません。

たくさんの「候補」の中からひとつの答えをみつけるのは大変かもしれませんが、たくさんの「候補」がある事で、すでに幸せなのかもしれません。

「選択肢」の言葉の使い方

「選択肢」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

例えばクイズ番組では、「選択肢」という言葉が頻繁に使われています。

また進路に迷った時なども、「選択肢」が目の前にぶらさがっているかもしれません。

このように「選択肢」を使う時は、誰かに「選択肢」を提示された場合、また人生の岐路などに立った時に、二つ事情の候補から、一つを選ぶ必要がある時にしましょう。

誰かに「選択肢」を提示されるのは、授業中やクイズを出された時などです。

また上司や部下から、二つ以上の「選択肢」を出されて質問された時です。

さらに人生の岐路とは、大学受験や就活で二つ以上の進学先や就職先がある時に、どれを選ぶか迷う時などです。

このような場面に出会ったら「選択肢」という言葉を使ってみましょう。



「選択肢」を使った例文

「選択肢」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「選択肢」を使った例文を見る事で、「選択肢」という言葉の使い方が分かりやすくなるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける「選択肢」を使った例文を紹介します。

「この会社に留まるか、退職して新しい職場探しをするか、『選択肢』は二つに一つだ」「取引先にいくつかの『選択肢』を示して、相手に選ばせる事が満足度を生むだろう」「別にこの会社に絶対入りたいとは思っていなかったけど、他に『選択肢』がなかったんですよ」などです。

仕事をしていると「選択肢」が多く、迷う事もありますが、「選択肢」がないというパターンもあります。

例文2

日常生活における「選択肢」を使った例文を紹介します。

「冷蔵庫の中を見ると、外食するかコンビニで弁当を買うという『選択肢』しかなさそうだ」「観たい映画がたくさんある。

『選択肢』が豊富で楽しいな」
「どうか俺の事も、あなたの結婚相手の『選択肢』に入れてくれないだろうか?」などです。

好きな事に関しては、「選択肢」がたくさんあると楽しいかもしれません。

「選択肢」になりやすい案件

最後に「選択肢」になりやすい案件を紹介します。

二つ以上の候補があり、甲乙つけにくい場合は、選ぶのが本当に大変なものばかりです。

  • 「就職先」
  • 「住む場所」
  • 「結婚相手」

「就職先」

人生を左右するような「選択肢」「就職先」です。

就活が順調な人なら、二つ以上の会社から内定をもらっているかもしれません。

若いからやり直しが利くとはいえ、新卒で入った会社で成功するに越したことがありません。

どの会社に進むのかが、人生の充実度を左右する、重要な選択になります。

また仕事を始めてからも、有望な「転職先」がみつかれば、現在の会社と転職先という新しい「選択肢」が生まれます。

「住む場所」

「住む場所」も複数の「選択肢」の中から、最適な場所を選ぶ必要がある案件です。

「日本かそれ以外」「日本の都市」「エリア」「田舎と都会」「賃貸」「持家」「マンション」「一戸建て」など、たくさんの「選択肢」の中から、最適なものを選ぶ必要があります。

また「実家か一人暮らし」という、とても大きな「選択肢」もあります。

「結婚相手」

もしかしたら、人生を送る上で、いちばん大きな「選択肢」になるかもしれないのが、「結婚相手」です。

同時に複数の人と付き合っていて、その中から誰かを選ぶというケースはほとんどないでしょう。

しかし歴代の付き合った男性や女性の中から、誰と結婚するかを選ぶのは、とても難しい問題です。

「気が合う」「ルックスが好き」「年齢」「一緒にいて落ち着く」「お金持ち」「社会的地位が高い」など、結婚を決めるための要素も様々です。

「料理が上手」「趣味が一緒」などの要素も、結婚相手を選ぶ重要な要素になりそうです。

icon まとめ

「選択肢」という言葉の意味や使い方を見てきました。

人生を左右するような大きな「選択肢」もありますが、毎晩のごはん候補のような、ささやかな「選択肢」もあります。

特売のキャベツ売り場の前で、どのキャベツにするか真剣に選んでいる人の方が、楽しい人生を送れそうな気がします。

どの「選択肢」も真剣に、楽しんで選ぶ事が、その後の人生の充実につながるかもしれません。