意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「成功裏」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「成功裏」の意味や類語を紹介します。

さらに「成功裏」の使い方や「成功裏」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「成功裏」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「成功裏」の意味とは?
  • 「成功裏」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「成功裏」の言葉の使い方
  • 「成功裏」を使った例文
  • 仕事を「成功裏」に終わらせるコツ


「成功裏」の意味とは?

「成功裏」という言葉を知っているでしょうか。

もちろん「成功」という言葉は、誰でも知っている言葉だと思います。

しかし「成功」「裏」という言葉を付けた途端に、意味が不透明になって見えなくなってしまうかもしれません。

「成功裏」という言葉は、ビジネスシーンで良く使う言葉ですので、知っておいた方が便利です。

そこで仕事にも役立つ、「成功裏」の読み方と意味を紹介して行きます。

  • 「成功裏」の読み方
  • 「成功裏」の意味

「成功裏」の読み方

「成功裏」「せいこうり」と読みます。

「成功」「せいこう」で、「裏」「うら」でなく「り」と読みます。

「成功裏」と読み間違える人がいそうですので、「成功裏」「せいこうり」と読む事を覚えておきましょう。

「成功裏」の意味

「成功裏」には「成功のうちに」という意味があります。

そのため「成功裏に終わる」「成功のうちに終わる」という意味があります。

そもそも「成功裏」「裏」には、「裡」という漢字が使われていたとされています。

「裡」には「内側」という意味があります。

「成功裡」がそもそもの表記だったのですが、「裡」という漢字が使われなくなったのを機に、「成功裏」という表記に変わった経緯があります。

そのため、意味を取り間違えやすいですが、「成功裏」には「成功のうちに」という意味がありますので、覚えておきましょう。



「成功裏」の類語や言い換え・似た言葉

次に「成功裏」の類語や、言い換えができる似た意味の言葉を紹介します。

「成功裏」はどのような言葉と言い換えられるかを知ると、「成功裏」という言葉の意味が立体的に見えてくるでしょう。

  • 「無事に」【ぶじに】
  • 「滞りなく」【とどこおりなく】
  • 「問題が起こらず」【もんだいがおこらず】

「無事に」【ぶじに】

「成功裏」と似た意味の言葉に、「無事に」という言葉があります。

「無事に」には、「普段と同じように」「事故やミスもなく」という意味があります。

「仕事が『無事に』終わった」という文章と「仕事が『成功裏』に終わったという文章は、場合によっては同じ意味になります。

例えばミスだけが許されないような仕事では、「無事に」終わらせる事こそが「成功」と呼べるからです。

「滞りなく」【とどこおりなく】

「滞り」には「物事が順調に進まない様子」という意味や、「障害」という意味があります。

そのため、「滞りなく」という場合は、「滞り」の反対の意味になりますので、「物事が順調に進む」という意味になります。

「作業が『滞りなく』進む」という場合は、作業が順調に進んだことを意味します。

「滞りなく」進む事が、「成功」というケースもありますので、「成功裏」という言葉の中に「滞りなく」という意味も含みます。

場合によって、二つの言葉を言い換える事も可能です。

「問題が起こらず」【もんだいがおこらず】

「問題が起こらず」「成功裏」と言い換えができる言葉です。

文字通り「問題が起こらない」という意味があります。

毎回確実に仕事をくれる取引先との仕事は、「問題が起こらない」事を最優先にする事があります。

やはり「成功裏」「問題が起こらず」は、ケースによって言い換えが可能という事になります。

「成功裏」「成功のうちに」という意味のサブ的な意味で、「問題が起こらず」や、「滞りなく」、そして「無事に」という意味も覚えておくと、「成功裏」という言葉を使う場面が多くなるかもしれません。

「成功裏」の言葉の使い方

「成功裏」はどのような場面で使う事ができるでしょうか。

「成功裏」には「成功うちに」という意味がありますので、成功した何かを表現したい時に使いたい言葉です。

例えば仕事が上手に片づいた時は、「仕事が『成功裏』に終わった」と表現する事ができます。

この場合は、「大成功」というよりも、「無事に」「滞りなく」「問題が起こらず」という意味の方が強いでしょう。

仕事に限らず「成功裏」は、デートでも、バーベキューでも、パーティでも使う事ができます。

何かが「成功のうちに」「無事に」「滞りなく」「大きな問題も起こらずに」進んだり、終わった時は、「成功裏」という言葉を使ってみましょう。



「成功裏」を使った例文

「成功裏」を使った例文を紹介します。

どのように「成功裏」という言葉を使えばいいかが、「成功裏」を使った例文を見る事でより深く理解できるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「成功裏」を使った例文を紹介します。

「今回の仕事は取引先からクレームが出る事もなく『成功裏』に終わった。

面倒な取引先だったから、本当に安心した」
「長期に渡るプロジェクトが終わった。

途中でいくつかのアクシデントも起きたが、みんなの協力もあり『成功裏』に終わった」
などです。

仕事の成功とは、大きな成果を出すだけでなく、問題なく終わる場合も含まれるという事が分かります。

例文2

日常的な場面における、「成功裏」を使った例文を紹介します。

「親に黙って夜中に家を抜け出し、気が付かれる事無く、朝方帰ってくるというプロジェクトが『成功裏』に終わった。

彼氏と夜中に会いたくなったが、親が厳しいから仕方がない」
「ホームパーティが『成功裏』に進み、とても楽しい時間が過ごせた」などです。

日常生活を送っていても、様々な事が「成功裏」に終わると嬉しいものです。

またホームパーティなどは、仕事よりも成功したら嬉しいイベントかもしれません。

仕事を「成功裏」に終わらせるコツ

仕事を「成功裏」に終わらせるためのコツを紹介します。

どのように仕事を進めれば成功のうちに仕事を終える事ができるでしょうか。

  • 「タスク管理をする」
  • 「練習をする」
  • 「根回しをする」
  • 「時間を厳守する」

「タスク管理をする」

仕事を成功のうちに終わらせるためには、「タスク管理」が必要になります。

たくさんの仕事を同時にこなす時に、タスク管理ができていなければ、大切な仕事を優先して行う事ができません。

例えば大切なプレゼンテーションのため、準備をする必要があるのに、緊急ではあるものの重要ではない仕事に追われてしまっては、仕事を「成功裏」に終わらせるのは無理です。

自分のやるべき事を明確にし、優先順位を付けて仕事ができるように、タスク管理をしっかりとしましょう。

「練習をする」

例えばプレゼンをする時に、本番で一発勝負という人がいるかもしれません。

しかし練習をすれば、確実にプレゼン能力が上がります。

プレゼンに限らず、誰かの前で話をする時は、「練習する」事が大切です。

原稿を下読みして置くだけでも、結果が大きく違ってくるでしょう。

「根回しをする」

仕事を円滑に進めるためには「根回しをする」のが基本となります。

会議の席でいきなり提案をするよりも、直接の上司数人に、「このような提案をしたいのですが」とおうかがいを立てておきましょう。

すると会議の席が混乱せず、提案をきちんと評価してもらえるはずです。

「時間を厳守する」

仕事は「時間を厳守する」のが基本です。

どのような約束でも時間を守って行動するようにしましょう。

icon まとめ

「成功裏」という言葉の意味や使い方をみてきました。

「成功のうちに」という意味がありますが、「無事に」「滞りなく」などの様々な意味が含まれている言葉です。

特にビジネスシーンで使う事が多い言葉ですので、自分の携わった仕事が成功のうちに終わった時などに、「成功裏に終わった」とつぶやいてみてはいかがでしょうか。