意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「居住まいを正す」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「居住まいを正す」の意味や類語を紹介します。

さらに「居住まいを正す」の使い方や例文を紹介して行きます。

居住まいを正す

Meaning-Book
「居住まいを正す」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「居住まいを正す」の意味とは?
  • 「居住まいを正す」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「居住まいを正す」の言葉の使い方
  • 「居住まいを正す」を使った例文
  • 「居住まい」と「佇まい」の違い


「居住まいを正す」の意味とは?

「居住まいを正す」という言葉の意味を知っているでしょうか。

今回、初めて目にするという人もいるかもしれません。

「居住まいを正す」はある行動を言葉にしたものです。

茶道や華道などの日本古来の趣味を持っている人なら、「居住まいを正す」という言葉を身近に感じられるかもしれません。

また「居住まいを正す」という言葉を知ると、何かに集中したい時などに、良い切り替えができるかもしれません。

そんな知っておきたい素敵な言葉のひとつ、「居住まいを正す」という言葉の読み方や意味を紹介します。

  • 「居住まいを正す」の読み方
  • 「居住まいを正す」の意味

「居住まいを正す」の読み方

「居住まいを正す」はどのように読めばいいのでしょうか。

「居住まい」「いずまい」「正す」「ただす」と読みます。

「きょじゅうまい」「せいす」などと読み間違えないように、「居住まいを正す」「いずまいをただす」と読み事を知っておきましょう。

「居住まいを正す」の意味

「居住まいを正す」「居住まい」には、「座っている姿勢や態度」という意味があります。

座っている時も、だらっとしている姿勢もあれば、きちっとしている姿勢もあります。

素敵な大人と呼ばれる人は、いつでも「居住まい」が素敵なものです。

そして「居住まいを正す」には、「座っている姿勢や態度を改める、正しくする」という意味があります。

座っている時の姿勢を良くしたり、座っていてもきちんとした態度を取るという意味があります。

このように、「居住まいを正す」には、「座っている姿勢や態度を良くする」「きちんと座り直す」という意味があるという事をしっておきましょう。



「居住まいを正す」の類語や言い換え・似た言葉

続いて「居住まいを正す」の類語や言い換えられるような、似た意味の言葉を紹介します。

どのような言葉が、「居住まいを正す」の代わりになるのかを見ると、「居住まいを正す」の意味がより深く理解できるかもしれません。

  • 「姿勢を良くする」
  • 「態度を改める」
  • 「背筋を伸ばす」

「姿勢を良くする」

「居住まいを正す」には、座っている「姿勢を良くする」という意味があります。

そのため、「姿勢を良くする」は、「居住まいを正す」と言い換えができるような似た意味の言葉になります。

心は体に現れますので、目上の人の前や、仕事関係の人の前では、姿勢を正す必要があります。

「姿勢を良くする」事で、相手を敬う気持ちを伝える事ができます。

また「姿勢を良くする」と、前向きな気持ちになりますし、見栄えも良くなります。

普段から「姿勢を良くする」事を頭の中に入れておくと良いでしょう。

「態度を改める」

「居住まいを正す」には座っている「態度を良くする」という意味があります。

「態度を改める」は、「居住まいを正す」と言い換えができる似た言葉です。

「態度を改める」には、「今までと違う態度を取るようにする」という意味があります。

例えば生活態度を先生に指導された後で、遅刻やよそ見を無くす事ができれば「態度を改める」事ができたというわけです。

また、これまで好意的な態度を取っていたのに、裏切られるような出来事があると、「態度を改める」事になります。

今度は好意的な態度から、失礼な態度に変わるかもしれません。

このように「態度を改める」には、今までとは違う態度を取ると言う意味があります。

「背筋を伸ばす」

「居住まいを正す」時、ほとんどの人が、「背筋を伸ばす」のではないでしょうか。

座りながら態度や姿勢を良くする時は、「背筋を伸ばす」のがいちばんの近道です。

頭の中心から紐が出ているというイメージを持ち、その紐を天から引っ張られているとイメージすると、「背筋を伸ばす」事ができます。

「背筋を伸ばす」だけで、しぜんとお腹が引っ込み、猫背も改善されます。

「居住まいを正す」コツとして、「背筋を伸ばす」事を覚えておきましょう。

「居住まいを正す」の言葉の使い方

「居住まいを正す」という言葉はどのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

「居住まいを正す」には、「きちんと座り直す」「座っている態度を良くする」という意味がありますから、そのような場面が訪れた時に使ってみると良いでしょう。

例えば学校の教室で、授業前に友達と話をしている時は、かなりいい加減な姿勢でイスに座っているはずです。

しかし先生が教室に入ってくる音を聞いて、姿勢を良くして座り直すのではないでしょうか。

このような様子を「居住まいを正す」と言います。

同じように、取引先の会社で受付を済ませてイスに座って待っている時、担当者がやってきたら、「居住まいを正す」はずです。

このように座っている姿勢を良くする必要がある場面で、「居住まいを正す」という言葉を使ってみましょう。



「居住まいを正す」を使った例文

「居住まいを正す」を使った例文を紹介します。

いくつかの場面における「居住まいを正す」を使った例文を見る事で、「居住まいを正す」の使い方が見えてくるかもしれません。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「居住まいを正す」を使った例文を紹介します。

「会議室に専務が入ってきたのを機に、参加者が一斉に『居住まいを正す』のが見えた。

これから大切な話し合いが始まる」
「部長に呼ばれて説教をされた。

途中で『居住まいを正し』、部長の目を見て話を聞くようにした」
「取引先の会社の待合室に座って、担当者が現れるのを待っていた。

誰に見られているか分からないと思い、『居住まいを正した』」
という感じです。

目上の人が来た時、または仕事関係の人が来た時は、「居住まいを正す」のが社会マナーとしての基本ですので覚えておきましょう。

例文2

日常的な場面における、「居住まいを正す」を使った例文を紹介します。

「恋人の結婚相手の両親の家に招かれた。

失礼の無いように『居住まいを正した』ら、楽にするように言われてほっとした」
「市役所のソファーに座り、自分の名前が呼ばれるのを待った。

そろそろ呼ばれそうだと思ったので、『居住まいを正す』事にした」
などです。

日常的な場面でも、相手に失礼が無いように「居住まいを正す」のは大切です。

また緊張する場面で、思わず「居住まいを正した」という経験がある人もいるかもしれません。

「居住まい」と「佇まい」の違い

「居住まい」と似た意味の言葉に「佇まい」があります。

この二つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。

まず「佇まい」「たたずまい」と読みます。

「佇まい」の意味は、「立っている様子」「そのものが醸し出す様子」と言う意味があります。

「居住まい」には「座っている様子や態度」という意味がありますので、二つの言葉の違いは「座っているか立っているかの違い」という事になります。

「居住まい」「佇まい」はセットで覚えておくと、誰かの態度を言葉にする時に便利ではないでしょうか。

icon まとめ

「居住まいを正す」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「居住まいを正す」「居住まい」「座っている様子や態度」だという点と、「居住まいを正す」には、「座り直す」「座っている姿勢を良くする」という意味があるという点を押さえておきましょう。

さらに実生活でも「居住まいを正す」習慣をつけて、社内マナーのレベルを一段上げてみましょう。

「背筋を伸ばす」のが「居住まいを正す」コツですので、試してみてください。