意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お門違い」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「お門違い」は、皮肉的な用法の有る表現です。

これを使用するには、決して間違った使用をしてはなりません。

たとえば、人の善意をなじるようなことをお門違いという表現で行うと、一生の呪いを買う可能性があり、贈り物を携えて来ている人には、決して使用してはなりません。

賄賂の強要があるときには、お門違いですという言い方は可能ですが、その正式なハートから来るものをなじる行為は、社会的に許されてはおらず、民事訴訟になる可能性も大きくあります。

お門違いは、身内をたしなめる表現で、あの人のお家に言ってはだめですというシーンで使用します。

これは、危ないひとという意味ではなく、権威者に対する礼儀としてのものです。

お門違い

Meaning-Book
「お門違い」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「お門違い」の意味とは?
  • 「お門違い」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「お門違い」の言葉の使い方
  • 「お門違い」を使った例文と解釈
  • 「お門違い」の英語
  • 「お門違い」の語源
  • 「お門違い」と筋違いの違い
  • 「お門違い」と見当違いの違い


「お門違い」の意味とは?

お門違いというのは、入る門が違うという内容になります。

これは、客人は客人専用の門からはいることという、別組みのルートと居室があるという設定になります。

家族には家族専用の門があり、従業員には従業員専用の門があります。

お門違いでは、その入居に関して、門を自分の立場を違えて、不相応な門から入ることを指しています。

  • 「お門違い」の読み方

「お門違い」の読み方

お門違いの読み方は、「おかどちがい」と読みます。

お門違いでは、おを付けた丁寧語とされますが、これは、御という意ではなく、尊敬の表現とは違っています。

要するに、丁寧とされない行為に対し、おをつける、皮肉のおになります。

ですので、客人に対する対応は、建前上捨てていないという、ビジネスマナーとされるでしょう。



「お門違い」の類語や言い換え・似た言葉

お門違いの類義語は、分不相応という言葉があり、これは、立場を履き違えたものです。

ただし、分不相応では、社会的なステージを指す意味よりも、両親と子供の立場の違いや、親類動詞での上席、末席の使用法の意味と考えれば良いでしょう。

これには、主人と使用人・客人の違いにも依ります。

主従関係の世界では、主人・妻・子・従業員と並ぶために、それぞれに相応しい門への当たり方があるのです。

「お門違い」の言葉の使い方

お門違いの言葉の使用法として、お門違いであることを認めさせる局面では、少々きつめの表現になります。

お門違いですよと、皮肉っぽく言ってしまうと、喧嘩別れの可能性がありますので、そこは、お門違いと身内に叱責するようにしなくてはなりません。

身内というのは、親が子へ、そして、夫が妻へたしなめる言葉になります。



「お門違い」を使った例文と解釈

お門違いであることは、認識上の誤りとされ、それを認識すれば、それで済む問題です。

ですので、お門違いと言われれば、即座に改めて謝罪すればなんのことはありません。

そして、お門違いという文言を使用できないのが、客人に対してです。

客人がスタッフオンリーの門から入れば、それは、お門違いになりますが、通常通例はありません。

  • 「お門違い」の例文1
  • 「お門違い」の例文2
  • 「お門違い」の例文3

「お門違い」の例文1

「お門違いであると指摘されて、すぐに謝罪し改めました」

お門違いであることを、指摘されれば恥じ入ることが常識です。

ですので、門を改めて、出直してくるのが普通です。

これは、お門違いという、社会的な立場を理解しないシーンで良識ある使用がされるでしょう。

そして、お門には、通常入る順番もあるのです。

小さな子は先に入りますが、青年になれば、親の後から門に入ります。

「お門違い」の例文2

「お門違いという文言は、客人には不要です」

お門違いという文言は、皮肉の要素がたっぷりな内容ですので、これを客人には使用してはいけません。

客人はかしこまって来ますし、それによって、手土産も持参するのが普通です。

ですので、その手土産の配慮さえもなじる行為は、厳禁です。

一般店舗であれば、全くお門違いという言葉は不問になります。

「お門違い」の例文3

「お門違いという間違いは、一般人には不要になります」

お門違いという間違いは、と続けると、否定の二重仕様になり、有る種、意味がはっきり伝わりにくくなります。

これは、業用語としての使用法になり、有名なもので、きれいにお使いいただいてありがとうございますという表現方法もあります。

そして、業用語として、不問な禁止条項を伝えるのには、テクニックが必要になるのです。

「お門違い」の英語

お門違い meaning in english

お門違いの英語は、“go to the wrong place”です。

「お門違い」の語源

お門違いの語源としては、門というもんの表現もあれば、帝というみかどのイメージもあるかもしれません。

つまり、帝の門は違うという意味で、お門違いという良識も生まれるのです。

そして、一般家庭に置いても、自宅へ従業員が訪問することは、特別な場合を除いて、お門違いになります。

同僚同士であれば、たまにあるかもしれませんが、奥様がいるばあいには、お門違いです。

「お門違い」と筋違いの違い

お門違いと筋違いの違いはあります。

お門違いでは立場をわきまえない者に対して、使う用語です。

筋違いでは、その勘ぐりや、考えの処方について、間違ったルートで考えているという指摘になります。

筋違いでは、他者に対してそれを諭すケースや、謝罪と共にごめん筋違いだったと反省する局面で使用されます。

筋違いではそうかそうだったかで済むので、一般常識と違う判定が出るような場面では、識者が是正する必要があります。

「お門違い」と見当違いの違い

お門違いという表現と見当違いも使用性が異なります。

これは、お門違いでは入室を禁ずという表現をあえて、婉曲法として言う場合に適当ですが、見当違いという言ういいかたは、自分の反省点をわきまえる方式になります。

すみません、見当違いでしたと言えば叱る方も苦言を控えるようになります。

これは、うっかりミスという標準語を丁寧に言い換えた、見当違いでしたという意味です。

icon まとめ

うっかりミスという形で、たまのミスなら指摘する方も、自身で気づく場合も、それなりに難を逃れますが、実際なんどもしっぱいしていて、定型句として、この言葉を連発すれば、信用や信頼性が薄まって、誰からも信用されなくなります。

そして、お門違いの場合では、うっかりミスでは済まされない場面が多いので、すぐに改めて、自粛すれば、なんの問題も起こりません。

お門違いでは、実際VIPに対する配慮というものがあり、その指摘を繰り返すのは、その構成員になります。

会社関連では、上司に会えませんという表示で、社内規則が厳しく存在しています。

そして、それを客人にはあえてやんわりと表現するために、離席していますという表現や、出張に出ていますという逃げ用語で対応するのです。

お門違いという表現は、ビジネスや家庭でのシーンで身内に対して使用する用言になります。