意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ロケーション」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「ロケーション」とは、「位置・場所」「屋外で行う映画やテレビの撮影」のことです。

「ロケーション」「意味・類語・言い換え・使い方・例文・英語・言葉と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「ロケーション」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「ロケーション」の意味とは?
  • 「ロケーション」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「ロケーション」の言葉の使い方
  • 「ロケーション」を使った例文
  • 「ロケーション」の英語
  • 「ロケーション」を使った言葉と解釈


「ロケーション」の意味とは?

「ロケーション」の直接的な意味は、「位置(ポジション)・場所(プレイス)・立地」になります。

「このカフェの立地は駅前でロケーションが良い」と言えば、カフェの店舗の場所が良い(お客さんが良く入りそうな場所にある)ということになります。

「競馬のレースではジョッキー(騎手)はロケーションに気をつける必要がある」といえば、それは「ポジション(位置)」のことを意味します。

ロケーションには、「映画・テレビドラマ・バラエティ番組などの収録において、テレビカメラなどの機材を撮影現場に持ち出して行う屋外撮影(野外撮影)」の意味もあります。

屋外撮影(野外撮影)の意味を持つロケーションは、映画やテレビの業界では「ロケ」と短縮して言われることが多くなっています。

屋外撮影のロケーション(ロケ)には「自然の景色・美景や都市・田舎の街並みを背景にした撮影作業」が行われるという特徴があります。



「ロケーション」の類語や言い換え・似た言葉

「ロケーション」の類語や言い換え・似た言葉には、どのようなものがあるのでしょうか?「ロケーション」の類語・言い換え・似た言葉について、分かりやすく解説していきます。

  • 「場所(プレイス)・位置(ポジション)・立地」
  • 「屋外撮影・野外撮影」
  • 「景色・絶景(美景)」

「場所(プレイス)・位置(ポジション)・立地」

「ロケーション」の類語・言い換えとして、「場所(プレイス)・位置(ポジション)・立地」があります。

「ロケーション」という英語をストレートに翻訳すると「場所(プレイス)」になりますが、更に具体的な地点・ポイントを指示する「位置(ポジション)」という意味合いも持っています。

建物・店舗・土地・人物が存在する場所(プレイス)を指してロケーションという言葉を使用することができるので、「ロケーション」を言い換える言葉として「場所(プレイス)・位置(ポジション)」を上げることができるのです。

「屋外撮影・野外撮影」

「ロケーション」の類語・言い換え・似た言葉として、「屋外撮影・野外撮影」があります。

「ロケーション」には、テレビカメラや照明などの機材を屋外の現場にまで持ち出して、映画・ドラマ・バラエティ・報道(ニュース番組)の撮影をするという「屋外撮影」の意味合いがあります。

そのため、「ロケーション」という言葉は「屋外撮影・野外撮影」という言葉で言い換えることができるのです。

「景色・絶景(美景)」

「ロケーション」の類語・言い換えとして、「景色・絶景(美景)」があります。

ロケーションは「場所(プレイス)」という意味が強くありますが、そこから転じて「屋外の美しい景色・絶景・奇観(珍しい景色)」といった意味合いもあります。

ロケーションは「自然や街並みの景色」を意味していることも多いため、ロケーションの類語として「景色・絶景(美景)」を考えることができるでしょう。

「ロケーション」の言葉の使い方

「ロケーション」の言葉の使い方は、「特定の場所(プレイス)・位置(ポジション)」について言及する時に用います。

ロケーションを場所や位置の意味合いで使う時には、「ロケーションが良い・ロケーションが悪い」という慣用句として使われることが多くなっています。

「ロケーションが良い・ロケーションが悪い」という慣用句の意味は、「店舗・営業所などの場所(立地)が良いか悪いか」「レース・スポーツなどにおける選手の位置づけが良いか悪いか」などを意味しています。

「ロケーション」という言葉は、テレビカメラや照明器具などの機材を持ち出して、映画・テレビ番組(ドラマ・報道・バラエティ)の撮影を屋外で行う時にも使用されますが、その場合には「ロケ」という短縮形を使うことが多くなっています。

特に、ニュース番組やバラエティ番組において、テレビスタジオではない屋外の現地・現場にまで出向いてカメラを回すような時に、「ロケーション(ロケ)・ロケ撮影」という言葉を使うことができます。



「ロケーション」を使った例文

「ロケーション」を使った例文には、どのようなものがあるのでしょうか?「ロケーション」を使った例文について紹介していきます。

  • 「ロケーション」の例文1
  • 「ロケーション」の例文2
  • 「ロケーション」の例文3

「ロケーション」の例文1

友人が新規オープンしたカジュアルでおしゃれな居酒屋は、ロケーションが抜群に良いので、一流料亭で長年鍛えた友人の料理の確かな腕前も考えれば、かなり繁盛することになるのではないかと思う。

「ロケーション」の例文2

事件や政治の真実に肉薄する本格的なドキュメンタリー番組をジャーナリストとして制作したいのであれば、現場に足を運んで当事者に話を聞く「ロケ(ロケーション)」を疎かにすることはできない。

「ロケーション」の例文3

バラエティ番組の「ロケ(ロケーション)」のために、全国区で有名なタレントが人口の少ない農村部にやってくると、近隣の住民たちが一斉にタレントの周りにガヤガヤと集まり始めました。

「ロケーション」の英語

「ロケーション」の英語は、“location”になります。

“location”は動詞“locate”の名詞形であり、“locate”には「(建物・設備などを)置く・位置づける・設置する・構える」「位置を突き止める・〜の場所を示す」などの意味があります。

“location”には、「位置づけられた特定の場所・地点」「設置されたポイント(指し示された場所)」といった意味合いがあるのです。

「ロケーション」を使った言葉と解釈

「ロケーション」を使った言葉とその意味を解釈していきます。

  • 「ロケーションハンティング」
  • 「ロケーション撮影」
  • 「ロケーションハラスメント」
  • 「ロケーションバー」

「ロケーションハンティング」

「ロケーションハンティング」“locationhunting”という和製英語は、映画・テレビ番組(ドラマ・報道・バラエティ)でロケーション(屋外撮影)の目的に適している場所を探して歩き回ることです。

ロケーションハンティングとは「ロケーション(撮影目的に合致した場所)」を探して動き回ることであり、「ハンティング」“hunting”には「狩猟・狩り」以外にも「捜索・探索(探し回ること)」の意味があります。

ロケーションハンティングは省略して「ロケハン」と呼ばれることもあります。

「ロケーション撮影」

「ロケーション撮影」というのは、テレビカメラや音声・照明などの機材を現場にまで持ち出して、屋外で必要な撮影作業をすることを意味しています。

映画・テレビドラマ・報道番組(ドキュメンタリー番組)などの撮影では、建物内部(スタジオ内部)だけの撮影では撮影目的を満たせないコンテンツが多くあり、屋外・遠隔地の現場にまで出向いて撮影作業を行うことがありますが、この屋外撮影のことを「ロケーション撮影」と呼んでいるのです。

ロケーション撮影は省略して「ロケ撮影・ロケ」と呼ばれることが多くなっています。

「ロケーションハラスメント」

「ロケーションハラスメント」“locationharassment”という和製英語は、スマートホン(携帯電話)などのGPS機能・位置情報サービスを悪用して、特定の利用者(恋人・異性・家族など)の居場所を本人の許可なくチェックして監視・覗き見したり、プライバシーを侵害したりする嫌がらせ行為(監視行為・粘着行為)のことを意味しています。

ロケーションハラスメントは情報化社会・スマホ普及によって生まれた新しい型のハラスメントであり、「ロケハラ」と省略して呼ばれることも多くなっています。

「ロケーションバー」

「ロケーションバー」というのは、ウェブサイトやブログを閲覧するChrome、IE、Edgeなどのブラウザーで、閲覧しているウェブページやブログのURLを表示する欄のことで、「アドレスバー・URLバー」とも呼ばれます。

「ロケーションバー」は、ブラウザー上部の窓枠の形状をした部分に位置していることが多いです。

icon まとめ

「ロケーション」という言葉について徹底的に解説しましたが、ロケーションには「位置・場所」「屋外で行う映画・テレビ番組の撮影」などの意味があります。

ロケーションの類語・言い換え・似た言葉としては「場所・位置」「屋外撮影」「景色・絶景(美景)」などがあります。

「ロケーション」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。