意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「辛辣」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「辛辣」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「辛辣」という言葉を使った例文や、「辛辣」の類語を紹介して行きます。

辛辣

Meaning-Book
「辛辣」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「辛辣」とは?
  • 「辛辣」を使った例文や短文など
  • 「辛辣」の類語や類義語・言い換え


「辛辣」とは?

「辛辣」という言葉を知っているでしょうか。

「辛辣な意見」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「辛辣」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「辛辣」という言葉の意味を紹介します。

  • 「辛辣」の読み方
  • 「辛辣」の意味

「辛辣」の読み方

「辛辣」「しんらつ」と読みます。

少し読み方が難しい言葉のため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「辛辣」「しんらつ」と読みましょう。

「辛辣」の意味

「辛辣」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「辛辣」には「言葉や表現が非常に手厳しい様子」という意味があります。

「舌をひりひりさせるほど、辛い」という意味から派生しています。

「辛辣な意見」「手厳しい意見」という意味になります。

このように、「辛辣」という言葉には「言葉や表現が非常に手厳しい様子」という意味があります。



「辛辣」を使った例文や短文など

続いて「辛辣」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「辛辣」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「辛辣」を使った例文1
  • 「辛辣」を使った例文2

「辛辣」を使った例文1

「雑誌に映画についての『辛辣』な批評が掲載される」

この例文は、公開中の映画についての記事が、雑誌に掲載されたという文章になります。

その記事の内容は、「辛辣な批評」で、映画の製作者にとって、とても耳が痛い手厳しい批評になっています。

このように、手厳しい言葉という意味で、「辛辣」という言葉を使ってみましょう。

「辛辣」を使った例文2

「仕事でミスをして、上司に『辛辣』な説教を受ける」

この例文は仕事でミスをした人が、上司から説教を受けている場面になります。

その説教がとても手厳しいため、「辛辣な説教」と表現しています。

職場にもよりますが、社会に出れば、「辛辣な説教」「辛辣な指摘」などを受けることがあるかもしれません。

「辛辣」の類語や類義語・言い換え

次に「辛辣」の類語や類似表現を紹介します。

「辛辣」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「手厳しい」【てきびしい】
  • 「歯に衣着せぬ」【はにきぬきせぬ】

「手厳しい」【てきびしい】

「手厳しい」という言葉には、「手心を加えず、非常に厳しい」という意味があります。

「手厳しく叱る」という時は、可哀相だなどと思って手心を加えたりせずに、非常に厳しく叱るという意味があります。

「歯に衣着せぬ」【はにきぬきせぬ】

「歯に衣着せぬ」という言葉には、「思った通りずけずけという」という意味があります。

「歯に衣着せぬ指摘」には、思った通りずけずけと指摘するという意味があります。



icon まとめ

「辛辣」という言葉について見てきました。

言葉や表現が非常に手厳しいと感じた時、「辛辣」という言葉を使ってみましょう。