意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「辛辣な意見」とは?意味や類語!表現の使い方

辛辣な意見、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

職場や学校などで辛辣な意見を言われた経験を持つ人もいるかもしれません。

それならば辛辣な意見という表現にはどのような意味があるのでしょうか。

辛辣な意見

Meaning-Book
「辛辣な意見」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「辛辣な意見」とは?意味
  • 「辛辣な意見」の表現の使い方
  • 「辛辣な意見」の英語と解釈
  • 「辛辣な意見」を使った例文と意味を解釈
  • 「辛辣な意見」の類語や言い換え


「辛辣な意見」とは?意味

これは言葉や表現が非常に手厳しい状態での意見、という意味です。

人の言動や性格を辛辣として表現することも珍しくありません。

例えば、「あそこの姑は非常に辛辣だから、お嫁さん、よく頑張ってるよね」などのように使われます。

また、インターネットの掲示板などでも誰かに対して厳しいコメントをする人に対し、「辛辣なコメントをするよね」という表現が使われます。

  • 「辛辣な意見」の読み方

「辛辣な意見」の読み方

辛辣な意見は「しんらつないけん」と読みます。

特に辛辣という表記は知らなければわからない表記になりますので、しっかりと覚えておきましょう。



「辛辣な意見」の表現の使い方

ニュースなどに対しても手厳しい意見ばかりを書く人もいますが、気をつけなければいけないのは誹謗中傷と辛辣な意見とは違うということです。

辛辣な意見は、相手の為を思ってこそ辛辣になる場合もあります。

それに対して、ただ相手を中傷する場合は誹謗中傷となり、辛辣な意見ではなくなります。

「辛辣な意見」の英語と解釈

辛辣な意見 meaning in english

辛辣な意見という表現を英語にすると“Astringent remark”“caustic comment”などという表現が使われます。

「彼はいつも辛辣な意見をいう」ということであれば“He's always making a cutting remrk.”になります。



「辛辣な意見」を使った例文と意味を解釈

これは辛辣な意見という言葉を使った例文を紹介します。

  • 「辛辣な意見」を使った例文1
  • 「辛辣な意見」を使った例文2

「辛辣な意見」を使った例文1

「部長は成長すると見込んだ新入社員にこそ、辛辣な意見を述べる傾向があります」

特に新入社員の頃は、上司から色々と叱られることもあり、ショックを受けることもあるのではないでしょうか。

もちろん何も考えずに叱る上司もいますが、中には伸びしろが多い新入社員にこそ辛辣な意見を述べるという人もいるかもしれません。

確かにショックを受けることもあるでしょう。

しかし、そのような意見こそしっかりと取り入れていく必要があります。

「辛辣な意見」を使った例文2

「あの人の辛辣な意見はいつも的外れだよね」

どれだけ厳しい意見も言ったつもりであったとしても、周りからはそうは思われていない、ということもあります。

実際には周りにしっかりと響いているわけではなく、むしろ笑われている可能性もあります。

誰かに対して厳しい意見を述べるならば、その目的は何なのか、誰に対して述べているのか、しっかりと考えなければいけません。

「辛辣な意見」の類語や言い換え

ここでは辛辣な意見という言葉の類義語を紹介します。

  • 「辛口な意見」
  • 「厳しい意見」
  • 「手厳しい指摘」

「辛口な意見」

辛口な意見というのはある考えに対する他からの厳しい指摘のことを指しています。

特に上司から辛口な意見をもらった、などと言う経験を持つ人も多いかもしれないですね。

「厳しい意見」

厳しい意見というのもある考えに対する他からの厳しい指摘、という意味になります。

子供が何か悪いことをしたときには厳しい口調で注意するという人もいるのではないでしょうか。

「手厳しい指摘」

手厳しい指摘、というのも同様で、ある考えに対する他からの厳しい指摘、という意味になります。

手厳しいというのは批判や交渉等に手心を加えず、非常に厳しい、という意味になります。

icon まとめ

辛辣な意見、というのは人間関係を築いていく上でも重要ですし、ビジネスにおいても大切です。

優しいことばかりを言われていても人間は成長しないですよね。

辛辣な意見を言われる事は時としてとても大切です。

必要に応じて辛辣な意見をいただき、進歩していきましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。