意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「蒔かぬ種は生えぬ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「蒔かぬ種は生えぬ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「蒔かぬ種は生えぬ」という言葉を使った例文や、「蒔かぬ種は生えぬ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「蒔かぬ種は生えぬ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「蒔かぬ種は生えぬ」とは?意味
  • 「蒔かぬ種は生えぬ」の表現の使い方
  • 「蒔かぬ種は生えぬ」を使った例文や短文など
  • 「蒔かぬ種は生えぬ」の類語や類義語・言い換え


「蒔かぬ種は生えぬ」とは?意味

「蒔かぬ種は生えぬ」には、「原因がないのに結果が生じることはない」という意味があります。

また「蒔かぬ種は生えぬ」は、「努力をせず、良い結果を期待することは無駄だ」という意味を持ちます。

  • 「蒔かぬ種は生えぬ」の読み方

「蒔かぬ種は生えぬ」の読み方

「蒔かぬ種は生えぬ」の読み方は、「まかぬたねははえぬ」になります。



「蒔かぬ種は生えぬ」の表現の使い方

「蒔かぬ種は生えぬ」の表現の使い方を紹介します。

「蒔かぬ種は生えぬ」には、「原因がないのに結果が生じることはない」を意味します。

例えば、仕事でミスをした時、不注意、体調不良など、何かしらの理由があったと考えられます。

そこで、「蒔かぬ種は生えぬと言うように、仕事でミスをした原因を考えよう」などと、「蒔かぬ種は生えぬ」という言葉を使ってみましょう。

また「蒔かぬ種は生えぬ」は、「努力をせず、良い結果を期待することは無駄だ」という意味があります。

何もせず、大金持ちになりたいと思っている人がいたら、「蒔かぬ種は生えぬ」という言葉を使ってみましょう。

「蒔かぬ種は生えぬ」を使った例文や短文など

「蒔かぬ種は生えぬ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「蒔かぬ種は生えぬ」を使った例文1
  • 「蒔かぬ種は生えぬ」を使った例文2

「蒔かぬ種は生えぬ」を使った例文1

「『蒔かぬ種は生えぬ』と言うように、浮気をしなければ離婚せずに済んだかもしれない」

この例文は、原因がないのに結果が生じることがないと言うが、やはり浮気をしなければ、離婚せずに済んだだろうと思っている人についての文章になります。

このように「蒔かぬ種は生えぬ」には、「原因がないのに結果が生じることはない」という意味があります。

「蒔かぬ種は生えぬ」を使った例文2

「『蒔かぬ種は生えぬ』と言う通り、勉強しなければ志望校に入れない」

この例文は、努力しなければ良い結果が出ないため、勉強しなければ志望校に入れないだろうという文章になります。

このように、「蒔かぬ種は生えぬ」は、「努力をせず、良い結果を期待することは無駄だ」という意味があります。



「蒔かぬ種は生えぬ」の類語や類義語・言い換え

「蒔かぬ種は生えぬ」の類語や類似を紹介します。

  • 「打たねば鳴らぬ」【うたねばならぬ】
  • 「春植えざれば秋実らず」【はるうえざればあきみのらず】

「打たねば鳴らぬ」【うたねばならぬ】

「打たねば鳴らぬ」には「打たなければ鐘が鳴らないように、物事は行動しなければ成果が得られない」という意味があります。

「春植えざれば秋実らず」【はるうえざればあきみのらず】

「春植えざれば秋実らず」には「春に苗を植えなければ、秋にコメが実らないように、努力をしなければ良い結果が得られない」という意味があります。

icon まとめ

「蒔かぬ種は生えぬ」という言葉について見てきました。

原因がないのに結果が生じることはないことを言葉にする時、努力をせず、良い結果を期待することは無駄だという話をする時、「蒔かぬ種は生えぬ」という言葉を使ってみましょう。