意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「チェイス」の意味とは?「アイデンティティV」での使い方や例文を紹介!

今では、スマホでゲームを楽しむことが、とても流行っていますね。

そのゲームの1つに、とても白熱するゲームがあります。

それは、「アイデンティティV」というゲーム。

アイデンティティVは、4対1に別れてプレイする「鬼ごっこ」の要素と「対戦型ホラーゲーム」の要素が合体したゲームアプリです。

プレイヤーを追跡者の役目をする「ハンター」か、逃亡する「サバイバー」になって、それぞれに与えられた目標の到達を目指して競うのです。

シンプルなイメージがありますが、まさに手に汗を握るゲームです。

Meaning-Book
「チェイス」の意味とは?「アイデンティティV」での使い方や例文を紹介!>


目次

  • アイデンティティVの「チェイス」の意味とは?
  • アイデンティティVの「チェイス」から派生した言葉
  • 「チェイス」の使い方
  • 長時間「チェイス」するサバイバーの心理


アイデンティティVの「チェイス」の意味とは?

アイデンティティVでは、とても可愛らしい趣きをもちながらも、よく見るとそれなりに恐ろしい雰囲気を纏っているキャラクター達がたくさん登場してきます。

登場してくるキャラクターは、自分の好みで外見をカスタマイズできることから、自分オリジナルのお気に入りキャラとして、アレンジすることも魅力となっています。

この作品では、過去のおぞましいほどの猟奇的事件を体験する設定でゲームが進んでいきます。

事件を起こす犯人側の立場からゲームの進めてか、サバイバーとして被害者の立ち位置から参加するかは、プレイヤーとなる人の考え方や好みで選択することができるのです。

この中で「チェイス」というキーワードが出てきますが、そもそも「チェイス」という言葉は、「追跡する」とか、「狩る」「追い回す」というような意味を持っています。

「アイデンティティ・第五人格」では、サバイバーとハンターの間で展開していく追跡ストーリーのゲームで、「ハンターに自分を追わせる時間を稼ぐプレイを指していますが、この時のチェイスは、ハンターの追跡から、逃げ回り、時間を稼ぐプレイになる」のです。

できるだけハンターの気を引き続け時間を稼ぐことで、味方が安全に暗号を解読するための時間を作ることが、大きな目的となっています。

基本的には、足が速く高い機動力を持っているサバイバー(傭兵、オフェンスなどと呼ばれる)か、負傷しても単独で身体の回復を行えるサバイバー(医師)の役目でプレイするケースが多いです。



アイデンティティVの「チェイス」から派生した言葉

  • 「チェイサー」

「チェイサー」

ハンターの気を引きながら、味方の行動をやりやすくするために時間稼ぎをすることが、ゲームの大きな流れとなっているアイデンティティVですが、追跡のチェイスの役目になっているプレイヤーをこのゲームでは「チェイサー」と呼んでいます。

「チェイス」の使い方

アイデンティティVでは、「チェイス」は、ハンターに追われることを目的としているので、いかにハンターの目の前に身をさらすことが、役目でもあります。

しかし、ハンターに捕まることを避けなければならないのです。

チェイサーは、ハンターの前に身をさらしていても、捕まらずに何とか逃げ回り、時間を稼ぐことが、使命と言えます。

ともかく、チョコマカと逃げ切って、他サバイバーの追撃も交わしながら、時間を稼ぐのです。

ケームからは、話題が離れますが、この「チェイス」には、色々な意味があります。

例えは、人を捕まえるために追うことや、追跡する意味。

このゲームでは、「チェイサー」は、逃げる方ですが、追跡するので、逃げる方になりますね。

一般的な使い方としては、「警官が泥棒を追跡している。」などと言うような場合に使います。

他の今では、獲物を「狩る」という意味もあり、「ウサギやネズミなどの小動物を追う。」というように用います。

また、女性をお尻を「追いまわす、つきまとう」といった場合にチェイスを使うこともあります。

「追い求める」という観点では、「捜し求める」という意味もあり、「彼は自分の果たしたい夢を追い求めめている。」という使い方もあります。

  • 「チェイス」を使った例文1
  • 「チェイス」を使った例文2

「チェイス」を使った例文1

「カーチェイス」という例もあります。

「赤信号を無視して、パトカーに追跡された車がスピード違反も省みず逃げ回り、カーチェイスでデッドヒートが繰り返された。」

物騒な話ですが、このような時にも「チェイス」が使われるでしょう。

映画のワンシーンでも出てきますが、世の中には、こんな場面に出くわすこともありますね。

「チェイス」を使った例文2

「チェイス的な恋の駆け引きで、彼を惑わしている彼女」

男性は可愛い女性がいると、思わず追いかけたくなるものです。

その男性心理を知りつつ、思わせぶりな女性が、彼の追撃を巧みに交わして、逃げたり、待っていたりと、恋の駆け引きを楽しんでいるようです。



長時間「チェイス」するサバイバーの心理

このゲームでのサバイバーはゲームならではの心理があります。

  • 「何とか時間稼ぎをする」
  • 気絶させること
  • 回復すること

「何とか時間稼ぎをする」

アイデンティティV・第五人格には「強ポジ」と言われる場所があります。

ここは、窓枠の周りを回ることで、ずっと時間を稼ぎ続けることができるスポットや障害物が多い場所になります。

言い換えると、時間稼ぎが有効に行える最適の場所と言えます。

チェイスには、地図を理解して把握することが基本的な条件ですが、それぞれの地図の中で、逃げやすいロケーションを見つけて、ハンターをそこまで誘い込むのが、基本的な戦術ですね。

泥棒、傭兵が得意な戦術で、窓を飛び越したりすると、移動速度が速くなる内在人格の「割れ窓理論」との相性もいいので、高い効果を得ることができます。

気絶させること

これは、「オフェンス」「空軍」が得意とするテクニックですが、タックルをすることでハンターを気絶させてしまうこともできます。

これである態度の時間を稼ぐのです。

また、板での気絶時間が延ばす力を持っている内在人格の「怪力」などをつけるとますます立ち回りが容易に行えますので、これもテクニックの1つです。

回復すること

「医師」ならではのチェイス方法があります。

それは自己回復ができる能力で、これを利用することで、殴られても、板などで、時間を作りながら、次第に自分を回復させていくのです。

医師は、「荘園旧友」という性質も持っており、攻撃を受けることで、やはり移動速度が高まっていくので、非常にプレイがやりやすくなってきます 「殴られる前提のチェイス」というユニークなプレイができることも医師の特徴なので、巧みに使いこなすことで、ゲームの流れが大きく変わってくることがあります。

icon まとめ

「チェイス」という言葉から、追撃という場面を思い起こ府のは、昔、映画の「激突」です。

これは、トラックを何気に追い越した車が執拗においかけれて、逃げ回るというシンプルなストーリーでした。

あのスピルバーグが監督をした映画です。

この映画は古いのですが、トラックと車のデッドヒートは、とても迫力があると同時に、トラックのドライバーが最後まで顔を見せないために、ある意味、スリラー的な要素も含んでいるかもしれません。

そんなことを思い起こせるのが、「アイデンティティV」かもしれません。

(「激突」を知っている人は、かなりの年配でしょうが。)

人生も追い求めたり、逃げ回ったりと言うような生きざまを経験している人も多いことでしょう。

追いかける・追い求める楽しみと同時に、逃げるスリルを堪能している人も少なくないでしょう。

せっかく生きているのですから、ゲームのような刺激を人生の中で、ワクワクしながら、楽しむことも面白いかもしれませんね。

それが、ゲームの中でもできるのですから、人気が出るのも納得です。