意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「青菜に塩」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「青菜に塩」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「青菜に塩」という言葉を使った例文や、「青菜に塩」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「青菜に塩」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「青菜に塩」とは?意味
  • 「青菜に塩」の表現の使い方
  • 「青菜に塩」を使った例文や短文など
  • 「青菜に塩」の類語や類義語・言い換え


「青菜に塩」とは?意味

「青菜に塩」には、「人が元気なくしおれる様子」という意味があります。

  • 「青菜に塩」の読み方
  • 「青菜に塩」の由来

「青菜に塩」の読み方

「青菜に塩」の読み方は、「あおなにしお」になります。

「青菜に塩」の由来

「青菜に塩」は、青菜に塩を振りかけると水分が抜けて、しおれてしまう様子から生まれています。



「青菜に塩」の表現の使い方

「青菜に塩」の表現の使い方を紹介します。

「青菜に塩」は、「人が元気なくしおれる様子」を意味します。

そこで、人が元気なくしおれる様子を見た時、「青菜に塩」という言葉を使ってみましょう。

ちなみに「青菜に塩」という言葉を使う時は、元気だった人や、普通の様子だった人が、何かをきっかけに急に元気なく、しおれてしまった時に使う言葉になります。

前から元気がなかった人に対しては、「青菜に塩」という言葉は使わないため注意しましょう。

例えば会社を定年退職したことがきっかけで、それまで元気だった人がしおれた様子になった時、「彼は定年になり『青菜に塩』のようになった」などと「青菜の塩」という言葉を使ってみましょう。

「青菜に塩」を使った例文や短文など

「青菜に塩」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「青菜に塩」を使った例文1
  • 「青菜に塩」を使った例文2

「青菜に塩」を使った例文1

「彼女にフラれてから、彼は『青菜に塩』の状態だ」

この例文は、ある女性にフラれてから、あの男性は、急に元気をなくしてしまったという文章になります。

このように「青菜に塩」には、「人が元気なくしおれる様子」という意味があります。

女性と付き合っている男性は、好きな女性といられるため元気ですが、フラれたら、ひとりになる寂しさと、好きな人に嫌われた悲しさのため、「青菜に塩」状態になってしまうかもしれません。

「青菜に塩」を使った例文2

「受験に失敗してしばらくは『青菜に塩』だった」

この例文は、受験に失敗した人が、しばらくしおれて元気が出なかったという文章になります。

頑張って受験勉強したのに、失敗したら大きなショックを受けてしまいます。

元気がなくなりしおれてしまうのも仕方ないでしょう。



「青菜に塩」の類語や類義語・言い換え

「青菜に塩」の類語や類似を紹介します。

  • 「なめくじに塩」【なめくじにしお】
  • 「がっかりする」

「なめくじに塩」【なめくじにしお】

「なめくじに塩」「なめくじに塩を賭けた時のように、しおれて元気がなくなること」という意味があります。

「青菜に塩」とよく似た意味を持つ、類語となります。

「がっかりする」

「がっかりする」には「望みがなくなってしまったり、当てが外れることにより、気力がなえること」という意味があります。

「告白に失敗してがっかりする」「受験に落ちてがっかりする」などという使い方をします。

icon まとめ

「青菜に塩」という言葉について見てきました。

人が元気なくしおれる様子を見た時、「青菜に塩」という言葉を使ってみましょう。