意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「歳月人を待たず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「歳月人を待たず」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「歳月人を待たず」という言葉を使った例文や、「歳月人を待たず」の類語を紹介して行きます。

歳月人を待たず

Meaning-Book
「歳月人を待たず」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「歳月人を待たず」とは?意味
  • 「歳月人を待たず」の表現の使い方
  • 「歳月人を待たず」を使った例文や短文など
  • 「歳月人を待たず」の類語や類義語・言い換え


「歳月人を待たず」とは?意味

「歳月人を待たず」には、「時は人の都合などお構いなしに過ぎて行き、留まってはくれない」という意味があります。

  • 「歳月人を待たず」の読み方

「歳月人を待たず」の読み方

「歳月人を待たず」の読み方は、「さいげつひとをまたず」になります。



「歳月人を待たず」の表現の使い方

「歳月人を待たず」の表現の使い方を紹介します。

「歳月人を待たず」には、「時は人の都合などお構いなしに過ぎて行き、留まってはくれない」という意味があります。

そこで、時間が速く過ぎて行き、人の都合などまるで考えてくれないと思う時、「歳月人を待たず」という言葉を使ってみましょう。

例えば、いつかは素敵な異性と付き合い、結婚したいと考えている人がいます。

しかし、そのような素敵な出会いが訪れないまま、40代になってしまったとします。

この時に、「歳月人を待たずというが、出会いのまま40代になってしまった」などと、「歳月人を待たず」という言葉を使ってみましょう。

「歳月人を待たず」を使った例文や短文など

「歳月人を待たず」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「歳月人を待たず」を使った例文1
  • 「歳月人を待たず」を使った例文2

「歳月人を待たず」を使った例文1

「『歳月人を待たず』というから、いつも一生懸命努力しよう」

この例文は、時は人の都合を考えず、どんどん過ぎ去って行くから、いつでも一生懸命努力すべきだという文章になります。

このように「歳月人を待たず」には、「時は人の都合などお構いなしに過ぎて行き、留まってはくれない」という意味があります。

怠けたり無駄な時間を過ごす余裕など、誰にもないのかもしれません。

「歳月人を待たず」を使った例文2

「『歳月人を待たず』という言葉の意味を、年を取って知る」

この例文は、時間はどんどん過ぎ去り、人の都合など考えてはくれないという言葉の意味を、年を取ってしみじみ感じるという文章になります。

実際に年を取ってみて、本当に時間が過ぎ去るのが早いことを実感するかもしれません。



「歳月人を待たず」の類語や類義語・言い換え

「歳月人を待たず」の類語や類似を紹介します。

  • 「光陰矢のごとし」【こういんやのごとし】
  • 「少年老い易く学成り難し」【しょうねんおいやすくがくなりがたし】

「光陰矢のごとし」【こういんやのごとし】

「光陰矢のごとし」「月日の経つのがとても早い」という意味があります。

「光陰矢のごとしというから、無為な毎日を送るのはもったいない」という文章は、「月日が経つのはとても早いから、無為な毎日を送るのはもったいない」という意味になります。

「少年老い易く学成り難し」【しょうねんおいやすくがくなりがたし】

「少年老い易く学成り難し」「人は若いうちから時間を惜しみ、学問にはげむべきだ」という意味があります。

人はすぐに年をとってしまうし、学問は容易に修まるものではないから、早いうちから一生懸命学問に打ち込もうという教えが含まれています。

icon まとめ

「歳月人を待たず」という言葉について見てきました。

時は人の都合などお構いなしに過ぎて行き、留まってはくれないという意味の言葉を言いたい時、「歳月人を待たず」ということわざを使ってみましょう。