意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「尾を振る犬は叩かれず」の意味とは?類語、四文字熟語や使い方、例文と英語を紹介!

もし、犬を飼うことになってペットショップにいったとします。

自分に向かって牙を出して吠えてくる犬と甘えて尻尾を振ってくる犬がいたら、あなたはどちらの犬に心惹かれますか?

「尾を振る犬は叩かれず」の意味について考えてみたいと思います。

尾を振る犬は叩かれず

Meaning-Book
「尾を振る犬は叩かれず」の意味とは?類語、四文字熟語や使い方、例文と英語を紹介!>


目次

  • 「尾を振る犬は叩かれず」の意味とは?
  • 「尾を振る犬は叩かれず」の類語や四文字熟語
  • 「尾を振る犬は叩かれず」の使い方
  • 「尾を振る犬は叩かれず」の反対語や似た対義語は何があるの?
  • 「尾を振る犬は叩かれず」を分解して解釈してみると…
  • 「尾を振る犬は叩かれず」の英語や似ている名言は?


「尾を振る犬は叩かれず」の意味とは?

「尾を振る犬は叩かれず」とは、従順な人は誰からもひどい仕打ちを受けることはないことのたとえです。

素直で人当たりよく愛想のよい人は誰からも愛されるということですね。

後輩に仕事を教えていたとして素直に従っていたら、たとえ後輩がミスを犯してしまったとしても「しょうがないな、次は間違えないでしっかりやれよ」というだけで済ませたくなるのではないでしょうか。

  • 「尾を振る犬は叩かれず」の語源

「尾を振る犬は叩かれず」の語源

叱った時に逃げ回らないで尻尾を振ってついてくる犬は可愛いく感じるため、それ以上叱ることはないことからつけられたことわざです。

飼い犬や尻尾を振って懐っこく寄ってくる犬をかわいいと思う人はいても、憎らしいから叩いてやろうと思う人はいませんよね。

一見すると大きくて怖そうな犬でも尻尾を振ってなついてくれば、かわいいな、いい子いい子してやろうかな、と思いませんか?人間関係も同じく、人当たりがよい人を嫌う人はなかなかいないのです。



「尾を振る犬は叩かれず」の類語や四文字熟語

「尾を振る犬は叩かれず」「素直」「従順」であれば、世の中を渡っていきやすいのだということわざです。

では、同じようなことわざ、四文字熟語にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 「怒れる拳笑顔に当たらず」
  • 「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」
  • 「袖の下に回る子は打たれぬ」
  • 「杖の下に回る犬は打たれぬ」
  • 「情けは人のためならず」
  • 「八方美人」

「怒れる拳笑顔に当たらず」

「怒(いか)れる拳(こぶし)笑顔に当たらず」は、いくら怒って拳を振り上げたとしても、相手が笑っていれば拳を振り下ろせない、つまり、相手が怒っていたり強気に接してきた場合には、怒りで返さずに優しく接した方がよいのだ、という教えです。

「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」

「窮鳥(きょうちょう)懐(ふところ)に入(い)れば猟師も殺さず」は、追いつめられて逃げ場を失った者が救いを求めてくれば、見殺しにはできないということのたとえです。

猟師は鳥を撃つのが仕事であったとしても、自分の懐に飛び込んできたら哀れに思って殺したりはしないということからこのことわざがつくられました。

心を頑なに閉じてしまっていれば、そのまま捨て置いてしまうことがあるかもしれませんが、心を開いてくる者に冷たくあしらう人は少ないものです。

「素直」「心を開く」という点で「尾を振る犬は叩かれず」とよく似ていることわざですね。

「袖の下に回る子は打たれぬ」

子供を叱るときに、逃げ回るような子供であれば追いかけてでも叱りたくなりますが、自分を慕って袖の下に回ってすがりついてくるような子供は可愛くて叱る気にはなれないという意味です。

「尾を振る犬は叩かれず」の人間バージョンのことわざですね。

袖の下にすがりつくということは「ごめんなさい」と素直に謝っていることですね。

素直に反省する、つまり素直な態度で接することは他者の気持ちを変えることを例えているのです。

「杖の下に回る犬は打たれぬ」

「杖の下に回る」とは、すがりついてくるという意味です。

杖を振り上げて叱ったとしても、振り上げた杖の下で尻尾を振ってすがりついてくる犬は可愛くてそれ以上叱ることはできなくなる、というたとえです。

「尾を振る犬は叩かれず」とほぼ同じ意味を持つことわざですが、杖が入ることから「(素直だったり人柄がよければ)失敗やミスしても許される」のニュアンスが強いことわざになります。

「情けは人のためならず」

「情(なさ)けは人のためならず」は人に親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなって自分にもどってくる、ということをいいます。

従順に人の意見をきいて行動すれば、自分にとってもよい結果となってかえってくるという意味では「尾を振る犬は叩かれず」とよく似ていることわざですね。

「親切にするのはその人のためにならない」という意味は誤りなので気をつけましょう。

「八方美人」

だれに対しても、物腰柔らかに接したり人当たりよく振る舞うこと、また、そのような人を「八方美人(はっぽうびじん)」といいます。

「八方」はあらゆる方向という意味で、「どこから見ても欠点のない美人」がその語源です。

「尾を振る犬は叩かれず」と同じく、この言葉は、人当たりが柔らかい、従順であるという意味ですが、悪い意味で用いられることが多いため、自分以外の人に使用する場合は悪口になるかもしれないので気をつけたほうがいいですね。

「尾を振る犬は叩かれず」の使い方

「尾を振る犬は叩かれず」「従順であればみんなに受けいれられやすい」という意味だということがわかりました。

では、どのようなシーンで表現できるのでしょうか。

よい意味で使用法、悪い意味での使用法をご紹介します。

  • 「尾を振る犬は叩かれず」の例文1
  • 「尾を振る犬は叩かれず」の例文2
  • 「尾を振る犬は叩かれず」の例文3

「尾を振る犬は叩かれず」の例文1

「『尾を振る犬は叩かれず』と言うけれど、あの新人は素直で愛想がいいから、もう課の人気者になっているな」 「従順で素直であること」を長所としてあげている例です。

「尾を振る犬は叩かれず」の例文2

「あの子はちょっとおてんばでおっちょこちょいのところがあるけれど、いつも笑顔で素直に話をきくのよ。 『尾を振る犬は叩かれず』っていうでしょ。 ちょっとぐらいの失敗は大目に見ちゃうのよね」

「尾を振る犬は叩かれず」の例文3

「あいつは意見を持たないイエスマンのくせに、今度昇格するんだってさ。 まさに『尾を振る犬は叩かれず』ってやつじゃないか」



「尾を振る犬は叩かれず」の反対語や似た対義語は何があるの?

従順で素直であれば敵を作ることはない、という「尾を振る犬は叩かれず」の反対語や対義語はどのような言葉があるのでしょうか?「従順」の反対語は「強情」「意固地」などがあります。

また「素直」の反対語はやはり「意地っ張り」「狭量」と同じような意味を持つ言葉です。

また、相手が従順だからといって侮っていると痛い目にあうかもしれませんよ。

  • 「吠ゆる犬は打たるる」
  • 「飼い犬に手を噛まれる」
  • 「攻撃は最大の防御」
  • 「KY(ケーワイ)」

「吠ゆる犬は打たるる」

甘えてじゃれついてくる犬は打たれないけれど、吠えついてくる犬は打たれてしまう。

つまり、慕ってくる者はかわいがられるけれども、歯向かう者は憎まれるということをいいます。

「尾を振る犬は叩かれず」と同じようなことを反語的に表現したことわざですね。

「飼い犬に手を噛まれる」

同じ犬を使ったことわざ「飼い犬に手を噛まれる」は日頃から可愛いがって面倒をみてきた者からひどく裏切られたり、害を受けたりすることをいいます。

毎日餌を与えて散歩したりとさんざん世話をして大切に育てた飼い犬に噛まれれば、そのショックは計り知れないですよね。

「攻撃は最大の防御」

世界共通のことわざの一つです。

ここでいう「攻撃」とは、自分のチャンスを最大限に生かすこと、また「防御」は相手のチャンスを潰そうとすることです。

自分が主導権を握って攻撃し続けて相手にチャンスを与えないことは有効な防御手段だというたとえです。

「尾を振る犬は叩かれず」が友好的なのに対するとまったく反対のことわざです。

「KY(ケーワイ)」

一時期よく耳にした言葉「KY(ケーワイ)」は、空気が読めないという意味で使われます。

空気の頭文字「K」「読む」の頭文字「Y」のスラングです。

周りの雰囲気や動向をまったく無視して自分勝手に行動していると周囲の人から鬱陶しく思われて敬遠されがちになります。

集団行動をするときには「KY」な行動、意見は極力避けた方がいいですね。

「尾を振る犬は叩かれず」を分解して解釈してみると…

「尾を振る犬は叩かれず」を分解してみれば、このことわざについてもっと深く知ることができるかもしれません。

ひとつひとつの意味を探ってみましょう。

  • 「尾を振る犬」の解釈
  • 「叩かれず」の解釈

「尾を振る犬」の解釈

「尾を振る犬」とは「従順である」という意味だということはわかりました。

では、「従順」とはどのようなことでしょうか。

「従順」は、「人の言うことに逆らわず、すなおでおとなしい・こと(さま)。」は言うことに素直に従って逆らわないこと。

しかし、「尾を振る犬」「逆らわない」ことを重点にみてるわけではなく、「ものやわらかで素直」な様子を表しているのではないでしょうか。

つまり、「従順(じゅうじゅん)」「柔順(じゅうじゅん)」であること、「素直で自ら心を開く」ことを言っているのです。

「叩かれず」の解釈

では、「叩かれず」とはどのような意味を持つのでしょうか。

「叩く」ということは、相手に対して敵対する、攻撃することをいいます。

「攻撃」はされる方にとってもする方にとっても、肉体的精神的に疲弊してしまう行為です。

「攻撃することは最大の防御」

「尾を振る犬は叩かれず」の英語や似ている名言は?

尾を振る犬は叩かれず meaning in english

穏便に周りと同調して行動する日本人の気質にあったことわざ「尾を振る犬は叩かれず」は世界ではどのように表現されているのでしょうか?

  • “A snarling cur has a scurvy coat.”
  • “All you’ve got to do is own up to your ignorance honestly, and you’ll find people who are eager to fill your head with information.”

“A snarling cur has a scurvy coat.”

「うなる野良犬の毛並みはみすぼらしい」 “snarling”とは「うなる」という意味です。

人にむかって唸っているような犬にやさしくブラッシングしたり餌を与えるものはいない、つまり、敵対心むき出しにしていては人望がなくなってしまうのだから、そのような態度をとらないようにしなさいという自戒の言葉です。

誰にでも辛らつな言葉を放ったり、自分を大きくみせようと知ったかぶりをしていると、いくら親しい友人だったとしても段々と鬱陶しく思われてだんだんと離れていってしまうかもしれません。

自分自身を知ることが大切なのかもしれません。

“All you’ve got to do is own up to your ignorance honestly, and you’ll find people who are eager to fill your head with information.”

「正直に自分自身の無知を認めることからはじめよう。そうすれば、熱心に教えてくれる人が現れるのだ」

これはWalt Disney(ウォルト・ディズニー、1901-1966)の名言です。

自分自身の無知を認めることは、素直な心を持つことです。

世界でも知らない人がいなだろうというほどの成功者であるディズニーの名言は「尾を振る犬は叩かれず」に通ずるものがありますね。

icon まとめ

イソップ物語に『北風と太陽』というお話があります。

太陽と北風は、どちらが旅人のコートを早く脱がせられるかを勝負します。

北風は力まかせに強い風を吹きますが、吹き飛ばされないようにと旅人は逆にコートをしっかり押さえてしまいます。

一方、太陽が暖かい日差しを照らすと旅人は自分からコートを脱ぐのです。

このお話は、頑な態度でいるよりも柔軟な態度で接したほうが周りに受け入れられやすい、という「尾を振る犬は叩かれず」とよく似ている教訓です。

素直でいること、心を開いて教えを請うことは成功への一番の近道なのではないでしょうか。