意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「経過報告」とは!意味や使い方!例文も解説

「経過報告」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方を、例文を使って丁寧に解説しています。

では一緒に「経過報告」という言葉の理解を深めていきましょう。

経過報告

Meaning-Book
「経過報告」とは!意味や使い方!例文も解説>


目次

  • 「経過報告」の意味
  • 「経過報告」の表現の使い方
  • 「経過報告」を使った例文と意味を解釈
  • 「経過報告」の類語


「経過報告」の意味

「経過報告」とは、ある段階、過程がどのようであって、次の段階、過程にどういう風に移るかなど、変化の調査結果について述べることを言います。

  • 「経過報告」の読み方

「経過報告」の読み方

「経過報告」の読み方は、「けいかほうこく」になります。



「経過報告」の表現の使い方

「経過報告」を使った表現を紹介します。

「経過報告」「経過」とは物事の変化のありさまのことで、「報告」とは研究、調査の結果などについて述べるという意味があります。

つまり「経過報告」とは何か物事について、どういう状態にあり、何をしたか、またその後はどうなったなど、変化のありさまを詳しく述べることを言います。

「彼の病状についての経過報告をする」「彼女のその後はどうなのか?私のもとに経過報告がまだ届いてないが」「今週末は家に閉じこもって、研究の経過報告書を作る予定だ」などと使います。

「経過報告」を使った例文と意味を解釈

「経過報告」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「経過報告」を使った例文1
  • 「経過報告」を使った例文2

「経過報告」を使った例文1

「彼女の足の状態は、主治医の経過報告を聞く限り、あまりいい状態とは言えないようだ」

「経過報告」とは病気やケガをして、その後にどうなったかを説明するといった意味があります。

例文は、足の状態が、あまりよくなっていないという報告だったと言っているのです。

「経過報告」を使った例文2

「例の件については、担当者から経過報告のメールが届いたが、期待していたようなことは何も書かれていなかった」

仕事における「経過報告」とは、ある段階、過程がどうであったのか、また今後どういう方向性でいくのかといった説明のことを言います。

例文はその内容がいいものではなく、自分が期待していたことは何もなかったと落胆しているのでしょう。



「経過報告」の類語

「経過報告」の類語や言い換えを紹介します。

  • 「中間報告」【ちゅうかんほうこく】
  • 「過程を説明する」【かていをせつめいする】

「中間報告」【ちゅうかんほうこく】

「中間報告」とは、何か物事が進行中であり、その途中でどんな状態であるかを述べることを言います。

「中間報告ではかなり上手くいっている様子だった」「中間報告は一つの目安にはなるが、最終的な結果ではないので、まだはっきりと決めることはできない」などと使います。

「過程を説明する」【かていをせつめいする】

「経過報告」という言葉を簡単に言い換えるならば「過程を説明する」という言い方になります。

「過程」とは物事が進んでいったり、変わったり、発展する道筋のことで、英語ではプロセスと言います。

その一連の道筋をよくわかるように述べることが「過程を説明する」という言葉の意味です。

「何度も過程を説明するのに、理解してもらえなかった」「皆の前で、過程を説明する」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「経過報告」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。